不良オヤジがなにを言う

グラントワの館長さん、担当者さん、そして地元講師で行われました。
担当イベントがあったのでしょうか、課長さんが居なかったのが、常識的には?だったのですが・・・。

ブレーンストーミングにするには、テーマがなかったのですが、やはり「年間を通してやった方がいい」、「例えば3年間とかで、長期ヴィジョンをたててやった方がいい」、というような方向で、話が進みました。
その中で、準備などの問題指摘もしながら進みました。

「市という行政など横のつながりを確立できるように」、「子どもたちが、いつか大人になったら入りたい。と思うような」という、地域全体の未来の管楽器音楽シーンも語られたり。

楽器や生徒など、学校との連携の問題

「やりたいという子どもたちを増やしたい」

「楽器までこちらが用意できたらいいかも」、「いや、やりたいのなら楽器くらいは自分で借りるなどの手配をすべきでは」とか。

市外からの講師や参加者の話も聴けたし、部活として協力したいのだが、学校行事以外は生徒に楽器を貸せない事情がある先生の悩みなど、傍から見たら「協力的じゃない」と見られても、そこには事情があったり。
そんな話も聴けました。

私も、例えば「3年間でこうする」とかのビジョンを建てればいくらでもやりようがあるし、保護者の方や学校の先生から今まで頂いたご意見も話しました。

私たちはグラントワの言う「地域とともに新しい芸術文化を育むとともに、その創造を目指します」に協力するし、時間と身体とお金を使う(投資)。グラントワの方は、それを目指すことで生活の糧を稼いでいることを忘れないで欲しい。というような話もしました。

とりとめのない話で、今年度は開催されるかどうかはまだ決定してません。

こういうミーティングを今後も続けて欲しいとお願いをしておきました。

予算が厳しければ、なにも派手である必要はないと思います。地道に育む時間もあっていいと思います。


今回が、地域の子どもたちのための第一歩になり、横の繋がり創りの種まき前の段階になり、
あたしがずっと言っている「子どもたちが大人になったとき」の音楽シーンの実現の土おこしになればと思います。

また、近いうちに「ミーティングをやるから集まれ」と、なることを願って。  

グラントワの皆様、ありがとうございました。講師の方々、お疲れ様でした。
同じモノを目指す者同士、お互いの声を聴き合い、頑張りましょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

音楽寄付金箱は設置出来ますですか?それか寄付寄口座に振込出来ますですか?


毎月3円でもちっちゃい音楽家の為に積立たいものです。
2012/04/23(月) 19:33:18 | URL | f #-[ 編集]

f様>
なるほど!そういう手もありますね!そんな発想まったくありませんでした。
これからをキッチリと決められたら、そのアイデアいただきます!!
助かりました、ありがとうございます。
2012/04/24(火) 00:08:51 | URL | よつこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/982-6ad988e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック