不良オヤジがなにを言う

「グラントワ キッズブラス成果発表会」でした。


「インペラトリクス」岡崎耕二指揮
「テキーラ」角田健一指揮
「旧友」岡崎耕二指揮
「ふるさと~ジャズヴァージョン」角田健一指揮

今回は、結構できる子が多くてsoloもガンガンやる感じでした。
今回で4回目や3回目と大御所になりつつある中学生も居たのは、継続してきたお陰だと思います。
昨年はありませんでしたが、グラントワのお陰です。

tbは過去最高の9人!!
CA3A0044_20120313164648.jpg CA3A0046_20120313164654.jpg CA3A0047_20120313164700.jpg
小学5年生から中学3年生までとあたし

子どもたちの演奏の前に、岡崎さん角田さんと地元講師で2曲ほど
各パート紹介も兼ねて、「見上げてごらん夜の星を」
NEC_0090.jpg NEC_0091.jpg
リハまでは、先ず、フルートsolo、そしてクラリネットからサックスへとsoloだったののですが、本番は3人のユニゾン!!
あたしたちは唖然呆然笑うしかない!!
その表情で、何かあったな。と察した方も多いはず
あたしはとたんに尺が不安になって
ま、そこがLIVEの醍醐味なんですけど
そして次は「ビートルズメドレー」あたし的には益田の例の「NOW HERE」のこともあって、ありがたい選曲でした
「見上げて・・・」の角田さんとあたしは楽譜に無いことをたくさんしてます。角田さんのアイデアで「感」で吹いてます

そのあとは、もちろん岡崎さんのsoloステージ!!
こんな贅沢は他にありません!!
「客席の一番奥に向かって演奏しよう」とよく彼は言っていますが、皆さんご存知の通り、本当にそういう音を彼は出してます、しかも最高な音色で!!
事前練習でも本番前リハでも「今日は自分の一番良い音を出すようにしましょう」と言っていました。
NEC_0092.jpg
岡崎さんについては、「帰りすぎ」「安売りするな」などの声もありますが、彼は、ただ単に自分の故郷に恩返ししたい。ただそれだけなんだと思います。
問題はそれを活かしきれてない私たちの方にあると思います。
「彼の演奏を聴ける機会」をもっと多くの吹奏楽部の顧問の先生が「活用」してくれる事を切に願います。
「聴くこと」も非常に大切な練習であることはもうご存知のはず。残念です。

吹奏楽部の現状の問題点は、簡単に言うと、●パーカッションも含め、楽器や音色や音の出し方のことを知らない ●的ハズレな練習方法。この2点です。間違った知識や練習方法が先輩から受け継がれていたりします。

そして、良い点は●合奏力がけっこう高い。これは指導する顧問の先生のお力です。

上の2点の問題は、顧問の先生だけではなかなか難しいと思います。

あたしは「素晴らしい音色や演奏を結構なお金を出さなくても聴ける機会」があるなら、是非活用して頂きたいし、「あたしの楽器も頑張ればあんな音が出るだぁ」と興味を持たせる方法で活用してもらえたらと考えます。
興味が出れば知りたくなりますから。

また今回は、あたしが下手くそな演奏をやってしまったという経緯と、一部幼稚な保護者の発言でやりませんでしたが地元にも優秀なプロがいます。
この方たちの演奏も聴かせてあげるべきですし、演奏の機会にするべきです。子どもが中心だからこそ、子どもの向上を願えばこそ、地元プロ(あたしはやりません!)を活用すべきです。これは角田さんも大変残念がられていました。

グラントワには合唱団、邦楽、弦楽というフランチャイズ楽団があり、年間を通して活動があり、1年1年を積み上げていってます。
でも、吹奏楽はコレだけです。
対象人数はたいへん多い。しかし部活動との絡み、つまり学校との絡みが上手くいかないからできない。という現状もあると推察されます。双方が「活用する」という観点から歩み寄る方法はきっとあると思っています。
NEC_0093.jpg

あたしの個人的な一番の反省点は、最終練習から当日までの1ヶ月以上の間に、1回でも練習を入れようという提案をしなかった事です。自分でも情けないです。

あと、マーチ「旧友」
悪友だぁ何だとこの曲名に引っ掛けて、いびられてばっかり
こんな展開になろーとは・・・。この曲、反対すればよかったぁ
NEC_0094.jpg

あ・・・。もっと、反省せねばならない事がありましたっ!

「ふるさと」です。

曲決めの時は、原点に返って第1回目の曲をやろうというFLの先生の提案でバッチリ決定したのですが、それが大震災の事と一致して、角田さんもそのつもりだったとかで大正解!!

一般的な3拍子を演奏し、会場と一体となって歌い。(感動しましたよ、泣きそうでした)
カウントでドラムフィルが4拍あってジャズバージョンに入る。

それが、練習の時。何度も何度も。そして何度も何度も、ドラムと同時に吹きはじめてしまう あ・た・し。
周りの子どもたちに「吉山さん出ないでくださいよ!」と事前に注意される始末。
もちろん、隣の娘2号にも「父さん出ちゃダメよ!」と。
他の誰かが飛び出しても、振り向く視線は全てあたしに!!「あたしじゃなぁ~い
当然岡崎は、その度に立ち上がっての猛攻撃をあたしに浴びせます
もう自分がイヤ            もちろん本番はバッチリでしたけど。

でもね、反撃ができたんですよ!!
ちょっと聞いてくれますぅ?!

翌日のスプリングジャズフェスタの「テキーラ」の演奏、トロンボーンもトランペットもけっこうイイパフォーマンスしてたでしょ!!
あれ、前日の発表会ではトロンボーンしかやってなかったんですよ。
そりゃあもうTシャツも被災地を応援する「A Song For Japan」で揃えたトロンボーンパート。
チームワークは他のパートを寄せ付けません。アクションもノリノリでバッチリです!

で、スプリングジャズフェスタ当日のリハで、遂に角田さんが
「トランペットも何かやらないと不格好だから、トロンボーンに合わせて動いてください」と!

間髪入れずに立ち上がり、手を腰に当て、岡崎の方を向いて「どや顔&ポーズ!!」のあたし!!
ケッケッケッケ、正義は最後には勝つのだ

そしたらなんとトランペットったら、違うところでもアクションやりだした
もちろん即対応するトロンボーン!!負けませんでしたわよ!!

NEC_0099.jpg NEC_0104.jpg NEC_0106.jpg

この子とはsolo終りでハイタッチ!!NEC_0112.jpg

NEC_0118.jpg
みんな良く頑張りました!!
子どもたちのみなさん、ありがとう!!オッサンは嬉しいよ


CA3A0043_20120313114836.jpg来年もありますように・・・。






関連記事
スポンサーサイト
コメント

楽しそう
2012/03/14(水) 13:20:16 | URL | f #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/960-4049f9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック