不良オヤジがなにを言う

日曜は、昼は娘2号とU-zo君を連れて「いつでもどこでもコンサート」(オルガン&歌&オカリナ)と「益田市民吹奏楽団 第25回定期演奏会」を聴きにグラントワへ、
夜は1人で、肋骨4本折りたてホヤホヤの松兄さん率いる「yumedono band」他を聴きににちにち食堂へ、そのあとマルフクで、セッションを聴きながら1杯と、聴き三昧してきました。
こんな田舎でも、日によってはこんな形でお腹一杯になれるんです。


「オルガンの調べ」と題された、グラントワ美術館前のロビーでおこなわれる「いつでもどこでもコンサート」です。
天井が高く、リバーブが深く長い場所なので、生楽器にはうってつけの場所、あたしも何度か演奏してますが、自分の力量を勘違いするくらい心地良い場所で、多くの一流音楽家、アマチュアが演奏する場所です。そして無料だし

オルガン:プラバホール専属のオルガニスト米山麻美さん
ソプラノ:プラバホールで活動を同じくするソプラノ歌手山内ゆかりさん
リコーダー、オカリナ:地元の音楽教師、広兼伸俊先生

この場所は、やや遠めで聴くのが絶対おすすめなんです。心地良いアンサンブルができてれば、うっとりと聴くことができます。
キツ目だった先生のオカリナのヴィブラートが優しくなっていて、たっぷり吹くとピッチコントロールが大変そうで、ちょっと気になったものの、とても良かったです
アメイジンググレースを聴いてると、心地良さと同時に、やりたくなりますね
心洗われる演奏、ありがとうございました。

約30分のミニコンサートを堪能して、すぐに小ホールへ


「益田市民吹奏楽団 第25回定期演奏会」です。
「いろいろあるのは承知の上、とにかく、先ずは演奏会をやるんだ!そこからスタートだ!!」
という気持ちがあったかどうかは解りませんが、
あたしには、そんな前向きで強い気持ちを感じ取れました

あたしは1曲目から最後まで、何度大爆笑したことか!!
ロック野郎のパーカッション、ヒ○坊のせいです!!
激しい打撃音しか聞こえない音程の無いティンパニーは最高です!!
彼が大好きなせいかもしれませんが、決して不快にはならないんです!
やらかしてくれた事がこっちまで嬉しくなっちゃう!!
それがぶち壊しになったとしても面白い!!そういう人って居ません?
パーカッションというパートと彼の人柄でしょう

第1部では、4曲中に、ダッタン人の踊り、展覧会の絵、アルメニアンダンスパート1と大曲がギッシリ!!
第2部は、衣装も軽くして、あのディスコキッドからスタートして、ポップな曲やアニメなど。

一言で言うと、合わせ不足  
どのバンドにも、人知れず練習を積み重ねてる人もいるんですが、切羽詰らないとなかなか集まらないのが、継続している社会人バンドの悩ましい事の1つ。どこも同じかと
そこまで手が回らないという印象でした。(練習不足を昨年のスイングフェニックスのコンサートで言われまして、やっぱり伝わるんだと反省した記憶が

                           
どんな演奏であっても、聴く側は「期待」を持って会場に出掛けます。
小学校の演奏と大人の演奏とでは、当然その期待に違いが有ります。
みなさんもそうでしょ?

益田の名を冠した「益田市民吹奏楽団」
CA3A1628.jpg  CA3A1629.jpg
やはり、特別な存在なんです。
益田を代表するバンドなんです。
だから、その演奏も演奏会も、益田を代表するにふさわしいものを目指して頑張って欲しいと思います。(せめて「ドラえもん」や「ワンピースメドレー」だけでも楽しそうに演奏して欲しかったです(パーカッション以外は)。でないと子供が・・・。
人数の関係でクラリネットやサックスはほんと大変だったでしょうけど、やっぱり大人のサウンドがして「吹奏楽!!」って感じで、良かったですよ!!うらやましかったし!!

あたしの所属するスイングフェニックスも同じようなものです。
まぁ、100人の吹奏楽のような年1回のバンドより、いろんな事がありますからねぇ

人の事をどうこう言うのは簡単です。
あらためて、自分に事に照らし合わせて省みると・・・。

最近謙虚じゃないなぁ・・・。

あたしが益田市民吹奏楽団に対して抱くビジョンは、
「大人になったら入りたいなぁ。だから部活もがんばろっ。」
っていうイメージなんです。娘2人が吹奏楽部だから、尚更そう思うのかも・・・。

Bom?Toroやスイングフェニックスも、そうでありたいです。そして本番の度に、ちょっとずつでも成長するバンドでありたいです。


さて。
あらためまして、
定期演奏会の盛会、おめでとうございます。
お疲れ様でした
久々に休みにして、聴きに行って良かったです。ありがとうございました。
死ぬほど飲んでください!!



と、ここまでは、すでに書いていた事。

そして、今日月曜日。
練習で楽団メンバーと一緒になるんですけど、「昨日はお疲れ様」のあとは、ダメ出しする私。
話を聞いて「そうだったのか」と解った事は良かったけど、「あれはアカン。これはアカン。」という私。
「俺って嫌なヤツだなぁ」と今思ってます。これじゃあ素直に聞きたい話も聞きたくなくなるでしょ。
でも他人事ではないので、つい言ってしまって。   ごめん。




続きまして、pm7:30からは、「にちにち食堂 夜ライブ」へ!!

周南からお越しの「WILD FLOWER」
CA3A1631.jpg 実力アリアリのバンド! レスポールには聞き惚れました! ヴォーカルがんばれぇ

同じく周南の「松本 ナリアツ」くん 
CA3A1632.jpg オリジナルがメインの弾き語り。B’Zっぽい歌いっぷりがイイ感じ!

ご存知!地元の実力者揃いの「YUMEDONO BAND」
CA3A1633.jpg やっぱり、安心して楽しめます! 聴かせる部分は、優しくしてぇ~。音デカっ

アンコールであきらさん登場CA3A1635.jpg

どーもあきらさんとはツボが同じで、好きなこと言い放題のアカン客になってしまいました。エヘ


さて、ここで帰ろうかと思ったのですが、少しクールダウンしてから。と思い、マルフクへ。
セッションを聴きながら一杯やって帰ろうと。
CA3A1636.jpg
聴く側の一日にしたかったので、セッションのお誘いは嬉しかったのですが、勘弁して頂いて。
断ってごめんなさい、本当に聴きたかったのです。

やはり、場数は成長させてくれるようです。
以前と比べたら、みなさん数段良くなってまして、なかなか心地良かったです。


ど田舎での、聴き三昧な一日。

行くと決めた時からコンサートは始まってる。
思い返している間は、コンサートは終ってない。
                      と思うのです。
そんなお客様に楽しんで頂けるように、そして自分が楽しむために、
「おっさんが楽しそうに、なんかやってる」そう思われたいので、
イイ気になってないで、頑張ります。



小さい町に、たくさんの愛好家。

せっかくだから、もっともっとお客様に喜んでもらえるように努めて、

子供たちが「僕も!あたしも!」って、夢を持ってくれて、

例えば今は、諸事情でガマンの時の人もいらっしゃるでしょうけど、

例えば、お互いが、お互いのバンドを高め合って、

例えば、3世代同居バンドなんてめずらしくもない、

例えば、市内の楽団、バンド、ユニットなどなど、その全てが終結して、数日間夜通し演奏が続くような、

そんな益田市になるはずです



関連記事
スポンサーサイト
コメント

市の吹奏楽団って学生の憧れですよね♪
私も高校生の頃、憧れていました。
地元高槻よりも、高校があった茨木市の吹奏楽団は結構上手かったので、入りたいななんて思っていた時期も…。
大人が音楽をする時には、
是非とも楽しく演奏してもらいたいものです。
『大人が楽しそうに音楽している』ことは、
子供たちにとってある種、希望になると思うんです。
私の世代でも、年配の方が音楽を楽しんでいらっしゃるのを見ると、とても救われた気持ちになるんです。
市の吹奏楽団さんには、そういうところ理解してもらいたいですね。
『素晴らしい音楽』よりも、まずは『楽しい音楽の時間』をお客様に過ごしていただく…
そんな気持ちで音楽すること…ステキだなぁって思います。
2011/06/21(火) 18:54:29 | URL | ムコちゃん #3GUhKZ6A[ 編集]

ムコちゃん様>
高槻はなんと言ってもJAZZの町!!
益田で2回ほどやって消えた「ど田舎JAZZフェスタ」も、目指せ高槻!で始まったんです。
高槻の方も出演されてます!!
それはさておき、益田市民吹奏楽団への応援、ありがとう!
きっとバンドのメンバーも、「解っちゃいるけど」という人が実は多く、なかなか言い出せない人も多いんだと思う。
記事には書かなかったけど、「でも、このバンド大丈夫だ。いけるいける。」
っていうのが、最後に湧いてきた感情なんだよね。根拠もあるんだi-179
楽しい音楽の時間は、きっと素晴らしい音楽の時間にもなれるような気がするi-179
あたしも頑張んなきゃi-229ムコちゃんやこにたんや中路さんに、ちょっとくらい胸張れるようにi-229
2011/06/21(火) 23:07:52 | URL | よつこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/835-bfd4c527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック