不良オヤジがなにを言う

この年末年始は、どういう訳か訃報が多かった。

20180113060936302.jpg
益田高校吹奏楽部の恩師の一人、高橋先生が逝かれた。  (やーびーのお葬式を思い出す)


高校の音楽教師で、合唱部や吹奏楽部の指導をされ、定年後は、ここ、地元益田市の合唱団の指揮指導やコンサート、企画などに関わり、地元の音楽発展に尽力された。

現在は建物も残っていない県立工業高校の音楽教師で、吹奏楽部の指導に入り込んでいらっしゃった。
ので、益田高校のあたしたちも、お名前もお顔も知ってた先生だった。
そして、高3の時、益田高校へ来られた。

あたしら3年生にとっては、興味津々だったかも。
優しい先生だった。

わずか1年間の生徒だったけど、そこに起こる出来事が、印象やご縁を強くすることもあるようで。
のちに先生と音楽で関わる度に、その頃の話をしてくださる事が嬉しかった。

転任してこられた年、あたしらは3年生になって、納得いかなかった前年の県大会銀賞を胸に含んで、
6月の定期演奏会、8月のコンクールへと向かっていた。(ちなみに1年生の時は金賞なれど中国大会へは行けず)

今は解体する事もできないまま再利用されている、地元益田市で島根県立石西県民文化会館がオープンしたばかりで、
定演も、吹奏楽コンクールの県大会もそこで行われた。
そして中国大会は出雲で行われることになっていた。
開催県枠で、中国大会へ4校?(忘れてしまった)出れる県大会となったわけ。

課題曲 序曲「南の島から」  自由曲「アルメニアンダンスパート2より ロりからの歌」

その頃の益田高校吹奏楽部はA.リードと相性が良かったと思う。
よく指導に来られてた秋山紀夫先生もリード好き!!


諸先輩方や先生方のこれまでの積み重ねを、高橋先生やほかの先生方の力とわたしたち部員とで、中国大会初出場という花を開花させることができた年となった!!
そしてその初めての中国大会は、リードミスなど全く関係なく、堂々の金賞を獲得した。

想いで深い昭和55年度となった。

このころは益田市の吹奏楽もすっごく盛んで、先生方も半端じゃなかった!!
全国常連の川本高校や出雲高校、その次に入るために、島根県中が熱かった。

前任の山崎先生も高橋先生も、合唱部との掛け持ちで大変だったはず。
しかも合唱部は全国大会常連!!

音楽室ではなく、校庭の端にある、当時冷房も暖房もない、オンボロな小屋みたいな練習場所「同窓会館」でも、
あたしたち部員は腐る事も無く、先生も熱くなってくださった。


高校を卒業して15年目にUターン、その後しばらくして音楽活動を再開し広がって行くなかで、高校OBとして、100人の吹奏楽や益田市民吹奏楽団など、高橋先生と関わる事も増えていった。

20180113061221817.jpg
お通夜も葬儀も、たくさんの方が参列された。

20180113061048057.jpg
昭和58年の大水害で被災。楽譜やいろんなものが流れて消えた。
現存する一番古い写真パネルになってしまった・・・。
何度も自慢するけど、ここには東京都交響楽団首席、The Trunpet Concertの岡崎耕二や
名古屋フィルハーモニー首席オーボエ、名古屋ダブルリードアンサンブルやトリオデブランチの山本直人もいる。
高橋先生は「この二人は絶対大物になると思ってた」そうである。
高校に借りに行って良かった。奥様やご家族も喜んでくださったし。

これも
20180113061249430.jpg

これも20180113060936302.jpg
地元にいる者の務め。友の想いを届けるため。

地元に居て、歳を取るごとにこの務めが増えるんだなぁ・・・。
切ないけど・・・。


20180113125623204.jpg
「大地讃頌」の大合唱でお見送り。
とっても素敵で、そして悲しかった。

                  憶えてた、歌えたわ。


自分のときはどうなるのだろう・・・。
と、考えるようになったなぁ。

ま、ロクでもないあたしは、それなりに。

心より、ご冥福をお祈りいたします。



あしたから東京出張にはじまり、ゲロ忙しい1週間がやってくる・・・。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
ありがとうございました
よつこ
記事にしてくれてありがとう。
俺たちがいまだに音楽を続けているのも、全て子供だった生徒たちを導いて下さった先生方あってのことだもんね。
次の世代に伝えて行くというのが我々がしなくてはならない事なんだろうね。
お互いに一所懸命にやろうね!
2018/01/13(土) 18:46:59 | URL | はましゅう #-[ 編集]

私は直接の教え子ではありませんでしたが,母が先生の同級生ということもあり,お会いするといつも優しく言葉をかけていただきました。
高橋先生や山崎先生,その他たくさんの先生方,諸先輩方,後輩たちがつないできた益田高校吹奏楽部のバトンを受け継ぐことになるとは思いませんでしたが,次の世代へきちんとつないでいけるよう精進することを先生の前で誓いました。
2018/01/14(日) 20:20:25 | URL | 横田@吹奏楽人 #yl2HcnkM[ 編集]

六年くらい前に益田高校同窓会でお会いしてお話したのが最後になりました。
私もいつか益田に帰ったら音返しがしたいです。
合掌…。
2018/01/15(月) 08:25:30 | URL | 稲田弘幸 #-[ 編集]
Re: ありがとうございました
いやいやとんでもない。
あたしも先生にわずかでも近づけるよう、この益田で頑張るよ❗
お互い頑張ろう😆👍
2018/01/15(月) 14:30:57 | URL | よつこ #lbPHp7Bk[ 編集]
Re:
そうでしたかぁ。どこかにご縁があるのも地元の良いところかもしれないねぇ。
山崎先生ほか、こんな時じゃないと会わないのもちょっと悲しいけど、歳を重ねるということはそういうことだし、だからこそ受け継ぎ、より良くしたいよね。
OBとしては何もできてないけど、何かあったら遠慮なく言ってm(__)m
2018/01/15(月) 14:40:52 | URL | よつこ #lbPHp7Bk[ 編集]
Re:
そうですかぁ。年末はとても痩せてる姿に、先生には失礼だけと、神様に祈る想いでした。
益田に帰ったら一緒にやりましょうd(^-^)
2018/01/15(月) 14:57:30 | URL | よつこ #lbPHp7Bk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1640-93b379b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック