不良オヤジがなにを言う

It's All Right with Me (角田健一ビッグバンド)


現在、人様の前で演奏できるようになるために、Swing Phoenixで、鋭意合わせ中
Cole Porter (コールポーター)作詞作曲のジャズスタンダードソングだけど、
経験も浅くウンチクもないあたしには、角田健一ビッグバンドのIt's All Right with Me って思ってしまう

トロンボーンセクションがフィーチャーされた、アグレッシブでハードっぽいアレンジになってて、アドリブsoloをどうするかが楽しいし、
そのあとの、アクロバティックなsoliに惹きつけられる
他のセクションも大変

現在トロンボーンセクションは3人で、一人足りない状態での練習は残念だけど、やっとこの曲にトライできるのが楽しくて
いつもは3rd担当のあたしだけど、この曲はleadをとる。
ある意味iead(1st)はラクなの。
特に速いsoliのところなんか、leadは個人でさらってても解りやすい。
この曲に限らず、ジャンルやセクションに限らずだけど、2ndや4管編成の3rdは、一人でさらってても「なんかよくわかんない」事が多々あるわけで
ま、アマチュアなわけだし

ってなわけで、こんな時だけleadとってごめんね

6/13にお披露目できるかなぁ

高砂高校のジャズバンドの女の子たちがやるくらいだから、オッサンたちもがんばらねば
ラッパセクションもよろしくぅ



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1509-227906e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック