不良オヤジがなにを言う

昨日のニュースで「人口減少」が取り上げられてましたが・・・。

以下は、1月30日にしたためたものですが・・・。アップしようか迷っていました。



人口拡大、地域活性に必要な、本質的根本的な事は何か?

答えはかんたん、
「魅力的な仕事があるか?または収入はどうか?」
です。

地元に就職、Uターン、Iターン。
いずれにしても、判断する最大の案件はそれになります。

飲食を含め、新たに起業してこの益田に住み着く。
というのは稀な話であって。

人口減少の大きな要因はご存知の通り、
そしてUターンしない最大の要因は、「魅力的な仕事があるか。または収入がどうか?」です。
一度都会で就職してからUターンした理由の多くは、「家業などを継ぐ」なわけで、収入が下がるかもしれない事を
受け入れた上で、のことです(そうじゃない人ももちろん居ますし)。もちろん「地元愛」もあってのことですけどね。

この益田市では、「人口拡大計画」を元に、様々な人材育成のための行動が実施されています。
それは小学生からアプローチが始まっていたりしています。
素晴らしい取り組みだと思います。
人口さへ増えれば自ずと生まれてくる子も増える。
そこは間違いないわけですもの。

しかし最終的に地元に就職しない理由は、Uターンしない理由は「魅力的な仕事があるか?または収入はどうか?」
つまり「(やりたい)仕事がない」や「賃金が低い」から。なわけです。

優秀な人材は、より機会が多い場所、より対象が多い場所に想いが向くのは当然な事。
結局地元から出てしまうことが多い。

地元で育った人が「働ける場所、働きたいと思う場所。そして納得できる賃金」がもっとも必要なことだと
私は思ってます。
家族を持った人たちがUターンを考えるなら尚更です。
家族を持った人のIターンUターンは地元にとって大きいでしょ!?

つまり、私も公も、働く場所、給与を出す場所全てが、今、地元公的機関がやっている人材育成を継承し、
私や公は、自身内部も「同時に」発展向上に努めないと、結局地元に人はさほど増えない。
と思います。

「自分たち内部の人材育成も同時にしないと意味がない。」
と、私は強く思います。
子どもたちを育成啓蒙するだけでなく、
私たちは「あそこで働いてみたい」と思ってもらえるようにしなきゃいけないんです。
「次を担う人の育成」は、その組織内部にも必要です。
『「自分よりも優秀な次を担う人を育てる」と思える人を育てる』ところでなければなりません。
無難に時間を重ねれば出世する。権限は使うが責任からは逃れる。自分の後の事は知らない。などなど、
そんなところのままじゃ、真の人口拡大なんてできません。
そんなところは電話の応対一つで見抜けます。

そして、それに対して政策的支援などで関連付けされていくことがとても重要で、望ましいと考えます。
「官民一体」が、本当に重要なんです。

私だろうが公だろうが、転勤の有無など関係なく、「次を担う人の育成」に対し、3年、5年、10年とビジョンを明確に掲げ、それを繋いでいかなくてはいけないと思うのです。人が替わって継承も無くなる。では実などみのるはずもない。
「やりました」という事実は残っても「活かされた」には繋がりません。育んだことにはならない。
お金が動く「ごっこ」で終わってしまう。

極端に言えば、人材育成に注力せざるを得ない環境や条件や支援を創ってもいいんじゃないかと思うのです。
大勢の子どもたちの前で、持ち時間5分の職場アピール大会!!とかやったら面白そうじゃないですか。
就職懇談会に出たことありますが、企業が発言やアピールする機会はたったの一度もありませんでしたよ。
これは懇談会ではありません。

大事なのは職種じゃない!!
脳力が育てば能力はついてきます。そしてそんな人は、どんな職種に就いても素晴らしい成果を出せます!!
大事なのは「自分が成長できる所かどうか」だと思ってます。

繰り返しになりますが、企業も官や公も、その中に居る人にこそ「次を担う人の育成」が必要です。

だって、私たち大人の方が素直で謙虚じゃないし、挨拶できないし、頑張らないし、積極性ないし、協力しないし、マナー無いし、元気に「はい」って言わないし、保身に走るし、妬むし、恨むし、騙すし・・・。
そんな中に入って来た、「育成を受けた」今の子どもたちはどうなるんでしょう・・・。

人の質が企業の質。人の質が役所の質、人の質が学校の質、人の質が○○の質・・・・・
人の質が結局地域の質になると思うのです。

真の、本質の問題点に取組まないと・・・。
今の益田の取り組みが、すごくもったいないと思うのです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1483-61209143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック