不良オヤジがなにを言う

15101601.jpg
業界新聞ではあるが、とうとう記事になってしまった。

先日、山陰ENEOS会で米子に行った時も話題で・・・。
島根県は従来、県東部は安く、中部は高く(本当は高いのではなく適正)、益田がポツンと安い。という状況だったのに・・・。
一時は県内でもっとも低い価格地域になった。

記事を要約すると、
新設セルフのガソリンスタンド(以下GS)のオープンにより、価格が下がり利益激減。
同じく市街東部のフルGSが9月後半にセルフ化。
利益激減の状況が続く。
この間県内最低値だった益田地域は
適正利益を確保したいのに、ここへきて県東部がまた低くなった。
(輸送コストの差)などで県の東西の差があって、なんとか踏ん張っていたのに、このままではもう無理!!
って話。

恐ろしいのは仕入れが上がっているのに!!
今週からは更に3円前後値上がっているのに、どういう事??

って話。

お客様にとっては価格が低い方がいいに決まってる。

今時、単純セルフ、つまり「原則、店の人は何もしない」っていうのは流行りじゃない。

そしてこれは、地元に何も産まない。
フルサービスGSをセルフにしたのだから尚更なんだけど。
雇用は減る。人材育成も必要ない。地場業者は疲弊し消える。
そして、利益は地元の外へ流れていく。

都会ならまだしも、こんな地域で。

地元のために頑張っている地元企業は、大手広域に喰い尽される。
ファーストフードを先に、コンビニもスーパーやドラッグストアも、今や「田舎」に出すしか手がない。

ぶっちゃけ、ガソリンの利益は1ℓ当り10円は無いと続けていけない。
うちの仕入れが水曜から3円上がって、今の利益は3円/ℓある?

「どんなに安くしても独り勝ちなんて有り得ませんよ」と言ったけど、セルフなんだからフルより安くなくちゃ。ってのもごもっともな話。

何も産まない不毛な価格競争が起こっています。

消防法の改正によって、地下タンクを改修させられ、閉鎖廃業していったGSは数知れず。
更に価格競争となると・・・。


この時のために、Uターンして20年ずっと積み重ねてきた。
目指してるところはもっと上のところだから、「十分に成果が出てる」とは言わないけど、
うちの3つのGSに行けばわかる。
決してラクではないのに「楽しい!」っていうスタッフがいる。


賛否両論おおいに有り!がいい。その方が健全。

しかし、
微力中の微力ではあるけど、
あたしが死ぬであろうこの土地で、
この土地の者として
この土地のために。

地元民はみんなそう思って頑張ってるのだから、
あたしも頑張る。

価値観や考え方は変わってきたけど
その軸を外すことなくこれからも、
仕事も
音楽も。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1455-02780f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック