不良オヤジがなにを言う

48回になる吹奏楽祭!!
大昔は体育館でやってました。
暑くて熱くて、
小学生の頃は高校生の演奏に憧れ、こんなあたしでも目をキラキラさせてたものです!!
ほんと、お祭りでした
石西県民文化会館ができ、
そして今のグラントワ。
時と共に環境が良くなるのは、本当にありがたいことです。

fc2_2015-07-21_09-56-05-247.jpg fc2_2015-07-21_09-56-16-342.jpg
こわ~い(?)クラリネットのお姉さま方
fc2_2015-07-21_09-56-26-187.jpg

fc2_2015-07-21_09-56-44-419.jpg

fc2_2015-07-21_16-09-14-508.jpg fc2_2015-07-21_16-09-05-597.jpg(画像ありがとね!

あら。ラッパちゃんたちはミュートを置くタイミングだったのね。ごめんなさい
fc2_2015-07-21_09-56-54-341.jpg
と、我が母校についての感想は、
ピッチのズレ、リズムのズレなどあって残念なところもあったけど、
バンドサウンドは素晴らしく良くなってたと思う。
第一印象は「ぅわっ!きれい!」だった。ダントツに良かった!!
やはり部室では認識しづらい。
毎日の基礎合奏が見事に表れてる!!
ただ長いだけの、段階的でない、考えさせない基礎合奏では、こうはいかない。
細かい部分はまだまだあるけど、楽器が鳴ってるし綺麗(合奏ではね)。


同じく「イイ音してるなぁ~」と思った益田高校。
基礎合奏で「コラールを歌う」ことをやってる成果がまる出し!!
その割にはクラのピッチが合わないのは残念。
パートのアンサンブルがしっかりできているサックスセクション。
金管もそれがあるともっと良くなるんだけど、時間が無いのに効率よい「上手くなるための練習」が出来ていないのが原因と思われる。パート練習に入る前の個人では何をするか。パートでは何を目指して、今何をすべきか?が足らない。
やってる人もいるけど、シンプルなウォームアップと個別の課題へのトライ。自分のそれをしっかり考えてやっている様子はなく、無駄に時間が流れてる印象が強いなぁ。でもラッパパートは良い練習してたかも。
案外どの学校もそうなのだろうか。もったいない。
fc2_2015-07-21_10-11-50-278.jpg
しかし、昨年も今年も、急激に良くなっているから凄い!!
せっかくだから、朗々と歌い込む曲が合ってる気がするのよね。

全体として共通に感じたのが2点、

一つは、表現の幅があまり広くない。
簡単に言うと、「強弱の変化、醍醐味が薄い」。
それは、益田東高校を聴くと如実にわかる。(翔陽も同じかも、聴けなかったからわからないけど)
fc2_2015-07-21_10-11-34-879.jpg
どこよりもフォルテシモの音が来てて豊か、どこよりもピアニシモの音が美しい。
指揮者によって、フォルテの基準が違うのか。
と発見。
あたしが、指導に行って初めにやる事の一つに、mfを吹いてもらって、mp、p、pp、pppと。
次にmf、f、ff、fffと。
ppとppp、ffとfffを吹き分けられるバンドは無かった。
別に吹き分けられなくても良いの。曲の流れの中で、ppからppp。ffからfffと聴こえればよいだけの事。
ただ、音楽を創っていく人の「これがff」が違うから、人数多い=ffが豊か、にはならない。ってわけ。
スポーツと同じ。使える範囲を広げたいなら限界を広げないと。
もっとffを要求していいのでは?指揮してる姿にも表れてる。
ppはね、いざとなったら吹く人数減らせばよいのだから。

2つ目は、やはり中低音が良いと全体が良い!!当たり前か(^^;)
これも、東高を聴けばわかる。(多分翔陽も同じだと思う)
キーパートはホルンとテナー&バリトンサックスにバスクラ!!
楽器の構造的に、そして音色的に全体を包むホルンは超重要。
例えば、フロントベルのトロンボーンにはできない事。
だって管が長いために柔らかい音がする、その上にベルが大きく後ろを向いてるんだもの。
美しい高音が出る。タンギングが綺麗、潰れない低音が出る。綺麗なハーモニーが奏でられる。
当たり前のようなこの4つができないとホルンじゃないし、ホルンパートが良ければ、曲が全然良くなる!!
そこにテナーとバリトンサックスとバスクラが安定させてくれる。
ホルンがなぜ木管5重奏にあるのか?・・・ね!
繋ぎ役だし包み役だしスパイスにもなるし、楽譜は美味しいし!!
ユーフォを3管にしてハモらせてもダメなのよ。

今回、あたしは「まったく力んで聴こえない、遠くに届く中高音のフォルテとはこうだよ」って一部分だけそう吹いたのだけど。
(楽団のみなさんごめんなさい。定演では編曲者の意図通り、外からは見えないけど芯になる見事なアンサンブルをやりますから)じゃあ益田市民吹奏楽団はどうなの?って聞かれると・・・。
録音聴いて、ここまで言った事そのまんま。反省しきり。
「週に1回の練習」を言い訳にしてよいのか?
目くじら立ててもしょうがない。
楽しみながら、ほんのちょっとでも良くなればいいの。なってるしね。

「子どもたちが憧れる演奏を」
「そして、いつか益田に帰ってくれた時に」
団長をはじめ、そんな軸をブレずに地道にね。


あ、共通なことがもう一つあった、
「トランペットは悩ましい・・・」
アンサンブルやると良いよ。  時間がないか(^^;)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1435-4957ec88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック