不良オヤジがなにを言う


7/12(日)13:00、津和野町民体育館にて開催された「JAM」です。

なんと13回にもなるなんて凄い!!

話には聞いてましたが、観るのも初めて、関わらせて頂けるのも初めてで!!
体育館は立ち見の人がでるくらい満員!!
 
合唱部、吹奏楽部、美術部の生徒さんと教員の方々が、この日のために限られた時間の中頑張ってこられたものです。


第1部
こちらは、ゲストの津和野中学校合唱部のみなさん!!
 ピアノ伴奏は、我がSwing Phoenixのみっちゃん

そして、津和野高校合唱部のみなさん!!

第1部の吹奏楽部は、コンクールの曲などを披露
 

第2部は、先ず3年生だけで演奏!!熱の高ぁ~い演奏で良かった!!

益田のAPASによる照明や音響は、この公演を更に盛り上げてます!!
お金はかかるけど、これが有りと無しでは全然違うのよね~。
Bom?Toro10周年LIVEでもやりたかったなぁ~羨ましい。

いろいろ楽しい出し物もあって飽きない

続いてのゲストは、OGであり、このJAMの総合演出をしてる、ソプラノ歌手の美智子先生と、そのお仲間!!
 
妹さんのピアノにのせて歌い上げます!!
もちろん生!!マイクなんて必要ありません!!
彼女の歌声とピアノが、体育館の自然なリヴァーブと共に館内に響き渡ります
あたしの偏見かもですが、声量豊かな歌い手さんはそれほど珍しくはありません、しかしコンサートホールならまだしも、こういう場所で日本語の歌詞が一番後ろでも、ちゃんと聴き取れる歌い手さんは、稀な気がします。
発声や発音だけでなく、「その人だけの何か」があるのでしょう。
かなり前、益田高校のMASS TIVA絡みでお会いして、それ以来の再会でして、嬉しくて

アルトサックとバストロンボーンが入っての曲も
 
あたしは女性ヴォーカルコンボ(管はあたしだけ)での活動、フルートトリオ(Fl、Pf、Tb)での活動もやっていたので、
「バストロ大正解!!」と、心の中で叫んでました。
高音にいくほど、管が太い方が、管が長い方が音色が柔らかくなるのは理屈上当たり前のこと。
あたしのアレンジだって、敗北感を味わいつつバストロに高音を書くこともあるし。
このソプラノ、ピアノ、アルトとバストロという編成に限って言えば、優しい曲にはアルトの音がもっとエッジが取れてると、
ハーモニーサウンドがもっと一つに溶け合ったかもしれませんね。

ハッキリ言って、せめてもう1曲聴きたかった!!
うそっ!もう終わり!!マジっ?!って思ったのはあたしだけじゃないはず!!
でも、子どもたちが主役だから仕方ないかと、自分に言い聞かせ・・・

そして第3部は、合唱部、吹奏楽部、卒業生や大人とのコラボステージ!!
 
踊る踊る!!
 
アクション!アクション!!
 
3年生は最後のJAM
 
たまたま、山崎先生つながりでこうなりましたが、母校益田高校も益田東高校(最近行ってない)、もこの津和野高校も、そしてまだご縁の無い他の学校もきっと、良い音色を出せる、良い演奏ができる「素材」はやっぱり個々に持っていますね!!
中学校も含め、いろいろ関わらせて頂いてますが、もっとも重要なのは関わる「大人」だと断言できます。

この津和野高校吹奏楽部に行って、最初に話した事の一つ
「人としての成長」が根幹にある。
そう言いましたが、きっと子どもたちもわかってる。大人を見ればわかるでしょうね。
衣装は上下黒って言ったのに白いスカートをはいてくる幼稚な人もいるわけで

「その先を描いて人を育てる」
に尽きると思います。
家庭では「子育て」、学校では「教育」、企業では「人材育成」
言い方は違っても「人を育てる」は同じ。
子どもたちにとっては「大人」
チームでいえばリーダーやサブリーダー、
中間管理職からトップにそんな意識がなくては。

その先が無く、自己評価にのみとらわれてるようじゃあ、とてもじゃないが・・・。


 
合唱部と吹奏楽部両方の顧問、田村先生、本当にお疲れ様でした!!m(_ _)m

リハ中に、同級生が亡くなるという一報で、少し動揺しましたが、生徒さんの中には、縁のある子も居たり、えーー!今ここなの?っていう教員もいたり、
お陰様でとっても良いご縁を、また頂きました、ありがとうございます。

大雑把で申し訳ありませんが、関わったすべての方々、お疲れ様でした!!
お客様、ありがとうございました!!

あたしは、口で言うほどロクなことはできていませんが、
軸がブレることなく、地道にやっていきます。
幸い仕事も音楽も、一つの軸でいられるので。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1431-8cb8e251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック