不良オヤジがなにを言う

めでたい結婚式で、美味しいお酒を頂いた翌日は、母校の高津中学校吹奏楽部のコンサート!!
7:30にやや遅れて、娘2号と一緒に体育館へ

会場準備です

リハを終えて、9:30を回ると、お客様がぞくぞくと。
昨日の結婚式でも一緒だった御父兄の方も来られて「2時半までやったぁ~」なんて

10:00開演です。
 
第1部は、コンクールでやった課題曲と自由曲を披露。
数日前に基礎合奏も含め振りましたが、良いバンドサウンドになっててビックリ!!
ダイナミクスを広げる練習とそれに伴い、曲中での強弱、タッカのリズムの甘目、フレーズ終わりの音の処理などを指摘しましたが、渡邊先生のデイリートレーニングが実を結んでいる事を、あたしは確信しました!!
この事については、後でまた触れます。

いわゆる「身内」だけではないお客様の多さにも驚き


セッティングを変えている最中に、卒業生が「情熱大陸」をセッション!!
ホルンに顔を突っ込んでるのではなくカホンでサポートのあたし。

先の記事のスタッフの話じゃないですが、リハを聴いて閃いて、本番直前にこの子たち合わせたらgood!!
先生に聴いて頂いてOKが出たのでやりました!!

「目立ちやがって」や「ちやほやされたい」と、うがった見方をして頂いてもけっこう
「1回の合わせだけなのにすごい」と感じて欲しかったのです。
狙いは、「子どもと呼ばれてるうち」に、どれでけ積み重ねられるか!が、すっごく大事なんだよ!!
技術もセンスもそこで創られる。
その土台がしっかり創られたら、歳をとってもあなたは有利に、割と楽に進化できる!!
を伝えたかった。
厚かましく思われても、先ずはやってみせる。
でした。
特別じゃない、誰でもできるようになる。そしたらもっと楽しいよ!!

で、セッティングをビッグバンド風にして、第2部がスタート!!
 
あたしも乗せて頂きました
 
紹介して頂いて恐縮ですm(_ _)m

 
 

それぞれのソロもお見事

 
部長のトロンボーンちゃんとトロンボーンパート
昨年の部長の言葉は今でも耳に残ってるけど、この子の言葉も、とても胸を打つものでした。
そして先生の締めの言葉も!!
亡き大畑先生からの絆を感じました。

先ほどの、デイリートレーニングの成果の話ですけど、
これは「子どもと呼ばれるうちに」と関わってきます。
もちろん、本質を捉えたものでないと意味がありませんが、
「毎日のようにできる」これが(アマチュアでは)できるのは、そんな年頃ではないと無理。
そしてそれが、土台を柔軟性をセンスを創ることができます。
加えて、「チーム力」(音楽的には合奏力?)を創る、あるいは経験させる絶好の機会なんです。
「一人ひとりやらせると、そうでもない。でもパートや全員でやると、すごい!」
コレです!!
例えば3人、1+(-0.5)+1.5=2ですが、「心と感覚と技術」を育てると、3になります。
これと、個人を磨く事が同時進行して(-0.5)の人がが1に、1の人が1.5になると・・・。
さらに全体では上がる。
なんでも同じ事が言えます。
本質や目的を失わない。ここでは、チームとして、より良い演奏をする。を失わないことです。
久しぶりに振ってみて、そんな成果が先生と子どもたちのチームに思えたのでした。
イマイチな事はまだまだありますが、良くなると確信してます。

一人でも本質を失ってる者がいると、面倒くさいのよねぇ


歳を取ると、心も感覚も技術も、どれも磨くには骨が折れます。
謙虚な気持ちも無くなりますから、本質以外の事が気になる。
結局、軸がぶれる。
「何しに来てるの?」ってことになります。

そういう意味では、大人より子どもの方がやりやすいのは事実。
陥ってはならないのが、指導する側が「自分が全て」になること。
元気の良い「はい!」という返事にあぐらをかかない。
はたまた、「船頭多くして・・・」にならない事。

コンサート終了後は、「お別れ会」という焼きそばパーティー!!

卒業生のみなさん、これからも苦楽はたくさんあるだろうけど頑張って!!
あとを託されたみなさん、もっともっと良くなる!!ワクワクするね、ガンバレ!!

先生方も、娘2号がお世話になりました、
この吹奏楽部、先生方がいなかったら。と思うとゾッとします。
本当にありがとうございました。


そして、夕方までは娘たちを連れて「100人の吹奏楽」練習へ
 
 

「アレルヤ ラウダムステ」は、是非とも経験してもらいたい!!
と思っています
ここは大人にとって、老若男女のチームを、短期間と少ない機会でどのようにチーム力を上げるか。
の場所でもあります。
ま、そんな絶好の機会だ。と捉えている人がどれだけいるか。ですが


んで、夜は益田市民吹奏楽団練習。
今度は大人だけのチーム。
先生が来られないので、あたしが振りましたが。
やはり、ちょっと意識すだけで、グッと良くなるのは年齢関係無し!ですね。
あとは「根気」と、おべんちゃらは言わない。ってとこでしょうか
あたしはぶれないので、なんと言われてもOK


自慢か!と受け取られていいですが、
将来はどうしたいの?の質問に、「大人になったら益田市民吹奏楽団とBom?Toroに入ります!!」
って子が居るそうで。
極少数でしょうけど、市吹やBom?Toro、Swing Phoenixに入りたい、って子が居るよ。なんて聞かされて、
「ヤッター!!」の声とガッツポーズを、何とか我慢するあたしなのです
一人ひとりのメンバーが居たからこそ!!
やっと、やっと、ちょっとだけかもだけど・・・。



益田に帰ってきんちゃい

他にも益田には、子どもたちに見て欲しいバンドがあります、

みなさん、力まず頑張りましょう!!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1399-290c5f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック