不良オヤジがなにを言う

満席のお客様にhighになってしまった?

来てくださったお客様には、本当に感謝しております、ありがとうございました!!m(_ _)m

4ヶ月ぶりのLIVEでしたので、オープニングは小柳ルミ子の「お久しぶりね」からスタート
マルフクマスターも「げっ!」って思われたかもです
それもまた、ビッグバンドの旨みですから勘弁勘弁
1405992394061.jpg

今回の無料ライブも大盛況で、お客様のお陰で楽しんでしまいました
ありがとうございました!!
1部はスタンダードを多めにし、「オレンジシャーベット」、「タキシードジャンクション」、「真珠の首飾り」、
そして、トランペットsoloの「サテングラス」を、
昭和28年生まれのトランペッターコソさん!
この人の円熟した演奏があたしは大好きで、力まず、心地よく楽な感じのビブラートの効いた音の納めなど、
こういうラッパ吹きが、身近に居るのはホントありがたい事で、この人の息のコントロールを、ラッパやクラリネットのみなさんは是非取り入れて欲しいと、常々思っております!!
「んーーっ。」って感じで息を入れるのではなく、やさしく「ふぅーー」って入れる感じ。だからpが美しいんです。
だから高音もfも「イラッ」っとこない。
あ~~、動画撮っておけばよかった
あたしも、常にそれを心がけていますが、fがぜんぜん上手くできなくて

1部ラストは、久々にあたしが書いた「オーヴァー ザ レインボー」を
オクターブ上のB♭の超ロングノートが今回もできて良かったです。これは今の自分の状態を知る手段にもしてます。
息が続くかはもちろん、音程は安定してるか、音色はどうか、音の納め方はキレイか、などなど。
やはり、長い音符を、ゆっくりなフレーズを、いかに美しく奏でるか。でしょもちろん速いのも出来なきゃアカンですが。

youtubeで検索したらありました、ラッパsoloは・・・ナント!!

格が違いますわ


少々休憩を頂いて、2部はソウルナンバーからスタート!!
スティービー ワンダーの「スーパーシティション」!!初お披露目。
団長さん、何を思ってこの楽譜を買ったのやら益田でこの曲やるならTAPASCONでしょっ!!
自らハードルを上げる団長さん?

「ルパン三世」は、古いM8の楽譜ですが、ボサノバ調でアダルトなアレンジ。
結構よかったのでバストロをアドリブに
11-E490A16F-686500-1280-100.jpg

面白いのはこのやっさん!!
これ、解り辛い画像ですがバソコンです
1405992392557.jpg
目指せITバンド?にチャレンジするやっさん。
楽譜を写して取り込んで、指でサッとカッコよく画面に触れて次の曲に!!みたいな。

もう爆笑です!!まぁ詳しい方なら何でもない事なのでしょうけど、画面を右からサッと触れると、
取り込んだ楽譜が全部小さいアイコン状態で出たり、時間が経つとダウンしたり。
その度に、マウスを取り出して焦るやっさん
「ヤバい、ヤバい!ヤバい!!」みたいなのが本番中何度も
隣にいるあたしも気になって「あっ」って思ったりして
周りの空気的には「やめてしまえ」「やっぱりアナログよ」なんて視線が・・・
いやぁ、お客様も私たちも大爆笑です
まぁ、慣れていけば大丈夫なのかな?今後を大いに期待しましょう

「ファン タイム」、そしてビブラフォンsoloでおなじみの「マック ザ ナイフ」を。
こちらも初お披露目で、もちろんキーボードでみっちゃんが聴かせてくれます・・・
んが、サスティーンペダルのモードに異常が・・・サスティーンがかかりっぱなしになってしまって、
音が・・・、音がぁ~せっかくのギターとの掛け合いも・・・

ハッピーバースデータイムに今回は4人のお客様。
お誕生日おめでとうございます!来てくださってありがとうございますm(_ _)m

そしてこちらも、久々な「オンリー フォー ユー」

う~~ん、「自分の音嫌い病」から脱するための数週間が無駄になりそうで・・・
携帯とはいえ、う~~~ん
live後も友達にどうだったか尋ねる勇気もなく・・・。
美しかったか?

バックも残念。でもピアノはさすが

ラストも初お披露目の「ブラック オルフェウス」
クソ速いラテンアレンジ
もう、これは・・・ 申し訳ございません
これもハードルの高い曲でして、「こんなの絶対無理ぃ~」って言ってたのが、ここまでこれたんですm(_ _)m

本年はこれらの曲をベースに演奏していきますので、上達具合をお楽しみに、
次回も来て頂けないでしょうか、と。m(_ _)m

強制アンコールは「シング×3」
次回はオープンソロでお送りしますからm(_ _)m
IMG_18405686571222.jpeg
お客様には、大変盛り上げていただいて、本当に感謝しております、ありがとうございます。

全体的には、途中「落として」と、やったものの、ベースとギターが大きくて、特にアンプ前方のお客様には、ご迷惑をおかけしたかと・・・。
店の奥での録音機も、再生すると、それはもう・・・。
市吹の定演でもそうでしたが、「箱の状況」を考慮するのも演奏の中の要素だと反省しております。
美しい演奏をめざして、9月にも予定を入れたいと思います。

重ね重ね、お客様には、御礼申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、マルフクマスター。ありがとうございました。
よろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1286-36d4c526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック