不良オヤジがなにを言う

そして、翌日15日(日)は、益田高校文化部総合公演「MASS TIVA(マスティバ)!!2014」でした!!

文化部が集まってのこの企画は今回で2回目!!
「厳しい時間、厳しい予算。その中で何ができるか!!どうすればできるか!!」

やはり前向きな姿勢には、素敵なアイデアと運(協力やお助け)が付いて来るものです!!

「そうは言っても発想」では、この二つは付いて来ません。まぁまぁのモノしか創れない。

朝9時から、益田市民吹奏楽団の定演チラシとBom?Toro10周年コンサートのチラシを入れさせて頂くためにグラントワへ。
そのまま居座って、吹奏楽部のOBOGも乗っかる曲の合わせに。
吹奏楽部定演のお手伝いは娘1号が3年生の時からで、6年目になります。
今回はお手伝いではなく、OBOG演奏に乗りたかっただけです(^^;)
他には何もしてませんから、ご安心を。

過去のMASS TIVAは、「MASS TIVA」でブログ内検索をして頂ければと・・・。

今回のテーマは「宇宙」
大ホールホワイエでは各文化部の展示やワークショップなど盛りだくさんです!!
1402971578699.jpg 1402971547776.jpg
1402971579516.jpg 1402971580530.jpg
1402971581266.jpg

大ホールであるMASS TIVA2014は、
第一部合唱部、第二部吹奏楽部、1402971582201.jpg
1402971547273.jpg

第3部はMASS TIVAシアターで「GALXY~未来への1歩を踏み出せ!!」でした。
合唱部吹奏楽部に放送部などなども加わってパフォーマンスが繰り広げられまして。
1402971546537.jpg 1402971545760.jpg

準備不足の感は否めませんでしたが、先生や生徒さんは一生懸命、出来る限りのことはやったのではないでしょうか。
来て、観て、聴いて「頂く」という視点がもっとあれば・・・。

「二兎を追わねば一兎も得ず」
と、校長先生の言葉が載ってました。
文武両道、勉強も部活も!やれる事は一生懸命やろう!!でないと、結局何も得られないかもしれない!!
という想いのこもった言葉のようです。

大変共感します。

ただし、先に言ったように、吹奏楽部や合唱部の気持ちで言えば、単独で出来なくなった。という背景があります。

MASS TIVAの度に、娘1号を想います。
単独の定期演奏会開催ができないと知った当時吹奏楽部の部長だった娘1号は、果敢に先生に挑みました!!
悔し涙を流しながら、それでも挑み続け・・・
何とか単独開催できました。
その様子は→http://moritat.blog21.fc2.com/blog-entry-514.html
間に入った山崎先生は大変だったとおもいます。

しかし、翌2010年。ついに合唱部との合同定期演奏会になりました。
これがMASS TIVAの第1回目でした。こちら→http://moritat.blog21.fc2.com/blog-entry-657.html

合同が良くないわけでは、全くないんです。
ただ、きっと、長い歴史の先輩方への想いや、まだ見ぬ後輩達に叶わなかった成果を託す想いもあったと想います。

そして、昨年からMASS TIVAは益田高校文化部総合公演となったのです。

単独で2部や3部構成でやった頃より、教師も生徒も時間もお金も、負担は小さくて済みます。
効率的で合理的です。

この日も会場で「益高の演奏聴きたい、何時ごろからじゃろ」
という、中学生の声を聞きました。

あたしが小学校の頃、ホールなど無く、市民体育館の吹奏楽祭でしか聴けなかった、憧れたあの益田高校吹奏楽部の演奏。
県工(当時の県立益田工業高校)も、農林(当時の県立益田農林高校)も、ライバルでいい演奏してた。

そして、あたしが益高に入って・・・。
その頃の進学率や進学先と現在がどう違うのかは知りませんが・・・。

子どもたちが「自分もやってみたい」と、
「憧れる演奏を目指す」、今のあたしの姿勢は、幼い日に心に刻まれた「それ」があるからかもしれません。

新しい伝統を!成果の上がる工夫を!!
がんばろう!!子どもたち!!


後片付けせずに帰ってごめんなさいでした。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
お疲れさまでした
AKBに負けずとも劣らない多忙なスケジュールの中ご参加いただきありがとうございました。
高校3年生から20年目の演奏会でした。毎年学ぶべきところがあるから,なかなか離れられないのかもしれませんね。
2014/06/17(火) 20:01:57 | URL | 横田@とある吹奏楽人 #-[ 編集]
お疲れ様でした
今の自分が音楽を楽しんでいられるのも、益田でお世話になった恩師や先輩方や楽器店の方々のおかげだと、常々思います。大学でも沢山の方々にお世話になりましたが、マッチの火をつけてくれたのは間違いなく益田でお世話になった方々です。今年もその思いをより強く持ちました。
お世話になった方々へ恩返しをしたい思いもありますが、それをその分後輩の方々に還していけたらな、と思っています。思うだけで、何にも出来てない自分が歯痒くも思うこともありますが、そうなるためにも自分自身がもっともっと上手くならないといけないなあ、と思います。
2014/06/17(火) 23:36:12 | URL | たじま #-[ 編集]
Re: お疲れさまでした
横田@とある吹奏楽人様>
お疲れ様でした。後片付けごめんなさいm(_ _)m

そうかぁ、20年目なのね。
教えることが一番の勉強になるからねぇ。

目指す事が明確で共有し、教える側と教わる側の歯車が前進のためにカミ合って、それを認識した良き燃料と良き潤滑油が加われば、どんな環境でもそれを工夫して高みに行ける。
と、思うなぁ。

息子さんが入るまでは、まだまだあるから頑張って!!(^m^)
2014/06/18(水) 11:57:29 | URL | よつこ #-[ 編集]
Re: お疲れ様でした
たじま様>
つまりは、生まれ育った「故郷」ってことだね。
恩返しだと思って頑張るのは素敵だよ、ホントそうだもん。
プロになった人もそう思ってる。

自分をどこに置くか次第で上手くなれるよ!年齢は関係ない(^o^)/
お互いがんばろ!!
2014/06/18(水) 12:04:39 | URL | よつこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1277-05b4cbb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック