不良オヤジがなにを言う

夜もなかなかブログがかけません。
忙しいことはありがたいことで、心を亡くさない方法はいくらでもあります。
ま、最近は身体がついて来てないような・・・。


4/17.18
今年度も、2名参加させることができました。
1398657767989.jpg

益田市、鹿足郡でのビジネスマナーを中心とした新人研修です。
もちろん業種業態は無関係。
社会人としての基本を教わるわけです。

益田市長の講話や姿勢やお辞儀、挨拶、名刺交換などのビジネスマナーの講義実践、
グループワークなどが行われています。

もちろん、ウチでもそういった基本は指導します。
が、再度受けさせるのは、当人への勉強はもちろん、
ウチの常識は世の中の非常識、かもしれない。という教える側の勉強のため、になるからです。
研修後、その当人と違いがあったか確認し、問題があればウチが改めるし、そうでなければ
違う理由・意味を説明します。

毎年、2日間のこの研修では、最後に各企業の者が臨席して、
グループワークの発表と個人目標として、この研修内容についての目標と
自分の職場での目標を具体的に発表がおこなわれます。

最初の頃は、臨席する企業も少なく、かわいそうだしもったないと思ってましたが、
最近は増えました。
研修参加の新人さんは、市役所や町役場の人に、製造業、小売やサービス、介護など
多種多様な一般企業、50人くらい。
高卒・大卒など年齢も様々、
ウチは、中途採用のスタッフを参加させる年もあるので18歳からアラフォーまで、
なんて年もあります。
スーツ、制服、作業着、私服と服装も様々、ウチはスーツを着させます。

彼らの顔を見るのは、毎年の楽しみになってます。
1398657767345.jpg

「人として」の成長こそが、人間関係の成長であり、家庭、仕事、人が関るチームや団体の成長になります。
そういうのを避けての向上はありえない。


あたしの意見はここから、
「公」の付く職の人、「先生」と呼ばれる職の人は是非受けていただきたい。と思います。
そういう職場に、このような社会人として大人としての指導教育はある(はず)とは思いますが、
内輪でやるよりはるかに勉強になります。
「公」や「先生」こそ、そう呼ばれるにふさわしくあるべきなのですから。
挨拶で、書面で、電話で、ちょっとした事で、
その人の、その職場のレベルを私たちは判断します。

仕事してても音楽しててもそうです。「子どもたちから尊敬の目で見られてるはずなのに、コレ?」とか、
「そりゃあ、子もこうなるわ」とか。「これが人の生活を守る立場の人の言動?」とか。普通におかしい。
「ガソリンスタンドでゴミを受け取らせるのは当り前」って、子どもになんて説明するんでしょ。とか。

自分達の常識は、世の中の非常識。って解ってるクセになぜ改めない!。
相手や周りやその先を考えない。面倒は嫌。責任負いたくない。失敗したくない。良い人と思われたい。恥かきたくない。などなど、全て保身です。つまり、お子ちゃま。向上成長するはずがないです。

今日の朝礼時の「職場の教養」には「大人が手本を示しましょう」と、ありました。
当ったり前のことですが、いかがでしょう、当り前になってます?

何度もここに書いてますが
「そういう言動を、子どもにどうやって説明するの?そういう風にやれって教えるの?」ってやつです。


んで、
そういう、あたしはどうなのか・・・。

言い訳のしようもありませんm(_ _)m

例えば、自分からやる!って言ったアレンジ。
しんどい、疲れたぁ。と、FBに大変さをアピール。
「ご苦労様、ありがとう」と言われたい。という、卑しい心理です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1261-2b3f024e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック