不良オヤジがなにを言う

例年お招きいただいてる豊川地区文化祭での演奏でした

なぜか今年も雨 これまでもほぼ雨だったそうです
201311110617590fc.jpg
特に今回は強雨
それでも会場の豊川小学校は、たくさんの人で賑わっていました
っていうか、そういうの撮ってなくてダメじゃん!!
2013111106180724c.jpg 20131111061802c66.jpg
控え室はいつも2階の音楽室を使わせて頂いてます、ありがとうございます、助かります。
20131111061804bf0.jpg 20131111061806fff.jpg
営業はなかなかフルメンバーが揃いません、この日もフルート1人、クラリネット4人、ホルン2人などなど、フルでメンバーが出てるパートはEupの2人とチューバ1人とAs1人の3パートだけ
Bcl欠席、Bsx休団中、Asは1人産休
Tsxは0人つまり団員がいません。obもいません
20131111061944046.jpgメンバー大募集中!!と、団長の背中が申しております

20131111061945f82.jpg 20131111061946ac9.jpg
メンバーその人の優先順位の問題なので、出れない人、出ない人がいて。
立場もあって、残念だけどや申し訳ないけどという思いのメンバーもいますし、「別に出なくても」というメンバーもいるでしょうからね。
一般バンドの面白い事の例として出席率と新入団員がありますよね
本番近くになると練習に出てくる人近々に入団した人は「この人誰?」みないになってたりとか
当団は、出席率を大事にするモラル作りが1年くらい前からなされています。その月の練習日の出欠予定表に○△×、場合によっては欠席理由を書くんです
そりゃそうです、いくらその人に腕前があったとしても、本番直前だけ練習に出られたんじゃあ、バランスやらなんやら指揮者が積み上げてきた曲作りが足踏みしますからね練習の組み立てにも活かす事もできます。
大きいイベントや演奏会なのか、ささやかなお祭りの営業なのかでも出席率って違うし
数少ない「本番に出られる日」をどれに割り当てるか?という問題もあるし、「これくらいなら出なくてもイイか。」ってのもあるでしょうし。どんな心理がそこにあるのか想像すると面白いです。学校部活動ではあまり無い事でしょ?

これは学校の部活や団体も同じですが、新入メンバー。
賞を頂いたり、名声が広がると「入れてください!」が増えるんです
この当たり前に思える中には、それまでは「別にぃ」と思ってた団体なのに、「入れてください!」になる人がいるんですよねぇ、面白いでしょま、だからそういう場に出て、頑張ってより高い賞を獲るため頑張った方がいいわけで

そして学校のそれと一番違う点が、「1年経てば古い人は抜け、新しい人が入る事が決まっていない」って事。
一般の団体には(職場など社会人の居る所は)この決まり事が無いでしょ?年齢も幅が広い。だから本質を見失いやすいんですけど大抵は、永く居ると悪い点の方がたぁくさん見えてくるでしょ?!

20131111061948f80.jpg

と、とりとめもない話をブッこんでおいて市吹の年内営業は終了です。

本年もたくさんの方々に助けていただきまして、ありがとうございました。
来年の定期演奏会の曲も決まりました。(まだ内緒っ?
みんな頑張ってる益田市民吹奏楽団を、来年もどうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1214-8d979c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック