不良オヤジがなにを言う

以前は職場体験での教師の常識知らずな話。
最近では鑑賞のマナーに関する指導不足の話。

そして今回、おまつり会場で定期演奏会の宣伝チラシをマキに来た生徒さんのお話です。

まず、一般的な事と違うのは「音楽を演奏する者として、であるならば」が前提です。


私たちが演奏している最中、眼前で自分達の定期演奏会のチラシを配っています。

曲間ではなく、曲中に。

曲が終わって、何人の生徒さんが拍手をしたでしょうか・・・。


あたしは、その演奏を聴くつもりが全くなくても、そこでたまたま演奏や演技やパフォーマンスがあれば、一瞬手を止め、最低でも拍手はします。

わざわざ市外へ来て飛び込みでポスターの依頼、良い事だと思います。
軒並みのポスティング、良い事だと思います。

「下手な演奏はどうでもいい」  それもわかります。

「どうか、わたしたちの演奏を聴きに来てくさい!!」と、頭を下げてお願いする気持ちでやっている事のはずです。

聴きに来て下さる可能性が高く、きっかけを持っている人。を高い順番に書き出したら、どんな人が対象になるでしょう。

その話を聞いて、わたしたちは不快でした。目撃したメンバーは、もっと不快だったでしょう。

そこに芽生える心情は・・・、わかりますよねぇ。


これに限らず、
どこでも同じなのでしょうか・・・。
「音楽を演奏している者同士」という親近感がどこかへ消えてしまった。
としか思えない、変な事がたくさんありませんか?


(話を戻して)
結果、あたしはこうやってブログに書いたり、娘に話したりします。

「残念」と口にし、「えー!あんな凄い演奏するのに?!がっかり。」と口に出し、「聴きに行かなくてもいいかも」と、心の中で思います。

それを聞いた人がまた一人、また一人と・・・。

マネージメントで、古くから言われているのが「口コミは、お金の掛らない最大の広告宣伝!!」
これはつまり、逆もまたしかりで、すぐに来店客は減り、売上は減り、倒産することだってたくさんあります。

レベルが高ければ高いほど、お客様の期待度も高くなります。それを満足させてくれるからリピーターが増え、より高みへ行きます。
商売も音楽もなんら変わりません。

そして今回の場合、それを教育するのは、「先生」と呼ばれる教師です。
誰でも行き届かないことはあります。失敗と反省と改善をくりかえしながらですから、今はそれで仕方ない。
糧にして頂ければと願います。


「クレームは宝物」   言い尽くされてる言葉ですが、
「お客様」に神経を注がず、成功し継続している例は一つもありません。
謙虚さは、いつのまにか消えるものです。

あたしたちも、「お客様アンケート」、「お客様ノート」などなど色々やりましたが、いつのまにか止めてました。
今では、年に2回の覆面調査しかやってません。

いかん。「部長」と呼ばれているクセに・・・。
明日のマネージャー会で提言します。


反省多き、今日この頃になってしまいました・・・。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

そんなことがあったんですね、わかりました。
2013/10/07(月) 17:03:29 | URL | 83 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
83様>
83は、立場的にもチケットを売ってくれ、買ってくれ!と言われてるわけで、去年だって義理を通して、団体に売ったじゃん。
そりゃあ、腹も立つ気持ちが沸くよね。
2013/10/08(火) 08:50:13 | URL | よつこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1204-89fb67de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック