不良オヤジがなにを言う

6/16日曜日、
益田高校吹奏楽部と合唱部の合同定期演奏会だった「Mass Tiva」は、
このたび、益田高校文化部総合公演となって開催されました!!

内容は以下の通りで、
大ホールホワイエでは、10:00~17:00、共同制作展示や各部の公演、作品展示、お茶席まで!!
大ホールは、14:00から
第1部 合唱ステージ 和太鼓に今福優、舞踏に林祐作

第2部 吹奏楽ステージ OB合同参加曲あり

第3部 マスティバシアター
    「STAND UP & FIGHT~冴えない今日も手のひらを鳴らせ~」
    これは、吹奏楽・合唱・美術・書道・写真・文芸・礼法・放送ほか全文化部のコラボ!!

fc2_2013-06-18_14-54-20-334.jpg fc2_2013-06-18_14-53-53-197.jpg
fc2_2013-06-18_14-53-41-461.jpg fc2_2013-06-18_14-53-28-023.jpg
fc2_2013-06-18_14-53-11-673.jpg fc2_2013-06-18_14-54-06-982.jpg

ホール開演前には、ウエルカムコンサートも!!
fc2_2013-06-18_14-54-42-924.jpg fc2_2013-06-18_14-55-06-343.jpg
fc2_2013-06-18_14-55-26-067.jpg fc2_2013-06-18_14-55-49-565.jpg
fc2_2013-06-18_14-56-05-000.jpg fc2_2013-06-18_14-56-24-618.jpg
サックスは良かったよ!!うんっ!!

発案者で、総合プロデューサーの山崎先生の命を受け、マスティバシアターでパーカッションでお手伝いさせて頂きました。昨年同様プログラムにクレジットしてくださって、恐縮でした
fc2_2013-06-18_14-56-38-266.jpg

年々縮小する、益高の部活動イベント。時代の流れとはいえ、私たち親は、直接子どもたち関る大人は、「違和感」を拭いきれないでいます。文武両道って。「創る」事のワクワクって。それでも、
「気持ちを一つにして創ってきたもの」を目の当たりにすると、感動させられます!!

実際、
「合唱や吹奏楽の演奏レベルが相当高いか、というと正直高くはない。
 しかし、鳥肌が立って本当に感動した!!」という声を数多く聴きました!!
fc2_2013-06-18_14-52-07-004.jpg
fc2_2013-06-18_14-52-23-530.jpg fc2_2013-06-18_14-52-35-859.jpg
fc2_2013-06-18_14-52-48-332.jpg

ここのところ何度も言ってますが、
我々「歳を食った幼稚な人」は、今こそ、謙虚に子どもたちから学ぶべきです。

また、部活単独でやるよりも、
ぶっちゃけると、「生徒を増やしたい」学校のメンツにも、継続することで効果がある、とあたしは憶測します。
これはマネージメントの当たり前ですが、今時、進学率(数字)だけ追っても成り立たない。東進ハイスクールがそうであるように「中身に魅力」がなければ。

今回の「感動した」のお客様の声に、大きく影響したのは「出音と照明」
それを担当した「(有)アパス」。
別に持ち上げるつもりはありませんが、この1年以上関ることのなかった(?)ココ。
それまでは、あって当たり前的に陥ってましたが、そうなると改めて事の重要性に気付きますね。
私たちは、演じる時も聴く時も、「耳」だけで楽しんではいない。と。



あたしが、このブログでずっと言っている、もはや信念ですけど、
「いつか、子どもたちが大人になって帰って来てくれるために!!」が、あたしの活動の目的です。

「子どもたちに観てもらいたい、子供たちを巻き込んでの活動がしたい。」は、ずっと言い続けています。

「子どもたちの中に眠っているものを引き出すお手伝い。」ができるなら、精一杯がんばります!!

場面によっては、「やってみせる」事も必要だった年もありました。

「ご活躍で」とイヤミを言う人も居ますが、そんなケツの穴の小さい事はおいといて


「世代を越えた縦のつながり、プライドという名の“見栄”を越えた横のつながり。これが地元発展には必要だ!!」
という価値観を、このMass Tivaに関る大人は共有しています!!

「100人の吹奏楽」は正にその現場。
「Bom?Toro」も「益田市民吹奏楽団」も「Swing Phoenix」も、「100人の吹奏楽」を底辺に、その上に乗っかる現場のうちの、一つでありたいです。
ここで暮らすときの場所のうちの、一つでありたいです。
(山崎先生は、あたしなんかより更に広く、大きなビジョンで視てらっしゃいますが。)

そしていつか、器が気付き「肩が組める」日が来れば、それはそれは素晴らしいモノが生まれることでしょう。

各文化部の部員のみなさん、ホント素敵でしたよ!!
先生方、本当にありがとうございました、お疲れ様でした。

スタッフやグラントワのみなさん、お疲れ様でした!!

最低年に一度、面と向かってお互い「大嫌いなんじゃ!!」と言い合えるこの機会を、無くしたくないでぇ~す。
ね?akiraさん

fc2_2013-06-18_14-56-53-392.jpg
娘1号のときもそうだったけど、毎年最後のこの光景をこうして遠くから見るのが、なんかイイですね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

大変お疲れさまでした。第4部最後までお付き合いせず申し訳ありませんでした。
来年卒業して20年になります。卒業後,ほぼ毎年演奏会には裏方として関わらせていただいてますが,毎年新たな発見のある場です。ありがたいことです。
まあ,今年は思いがけず,シアターにもちょい参加でしたが。
2013/06/18(火) 20:18:05 | URL | 横田@とある吹奏楽人 #-[ 編集]

横田@とある吹奏楽人様>
いつもいつも現役のことを想っての行動、これには敬服します。吹奏楽部OBというより、同じステージに乗る生徒達のOBという行動に、あたしは見習ってるつもりですよ。
これからもがんばりましょ(^o^)/
2013/06/19(水) 11:00:45 | URL | よつこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1162-afd98f27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック