不良オヤジがなにを言う

2/9(土)12:45から、グラントワ大ホールで、開催されました。
市内の小学校3校、中学校6校、高校は市外の津和野高校を入れて4校、一般1団体が出演しました。

中学や高校は、最上級生が抜けた状態で、4月からの新入生が入る前の、生徒たちには腕試し的な、指導者には土台作り的な意味もあるんじゃないかと推察します。

聴く側も、「さて、3年生が抜けてどうなってるだろう」なんて気持ちもあります。

ま、一般の団体は、学校のような人の出入りはありませんから、そこは大人の演奏を聴かせるチャンスでもあります。

そうです、あたしはその一般団体、益田市民吹奏楽団の正団員としてグラントワ大ホールに乗るのは初めてです

集合&楽器置き場は、大ホールホワイエのトイレ前、謙虚でしょ
CA3A0154_20130209211446.jpg

楽屋でのショットです
CA3A0156_20130209211448.jpg     フルートのお嬢様方
                                CA3A0157_20130209211449.jpg  

クラリネットのお嬢様方のCA3A0158_20130209211451.jpg
入念なお化粧風景・・・ではありません

CA3A0159_20130209211452.jpg CA3A0160_20130209211527.jpg 
                              ステージ脇(写り悪ぅ)

「Dolphin in the sky」、「J-pop stage vol.6」を演奏しました。
指揮の陶山先生の
「それほど上手ではありませんが・・・」というMC。それはメンバー凹むしお客様にも失礼なので、やめて下さい確かにそうかもしれませんが


娘2号の高津中学校吹奏楽部も熱演!!
スナップショット 3 (2013-02-09 20-29)  スナップショット 2 (2013-02-09 20-29)

小学校と高校は、合同演奏もありました
せっかく横のつながりが芽生える場なのに、こういう音楽祭に一切参加しない小学校吹奏楽部の子どもさんは可哀相な気もしますが、大人の事情なのでしょうか


さて、辛口批評を一つ
小学生から高校生まで、共通していえる事は(いや、大人も)
「ダイナミックレンジが非常に狭い」
という事です。
フォルテが弱いし、ピアノが音量が大きくて貧弱、もっと小さくして響かせないと

「大きい音と汚い音は違う」、「もっと響かせて」などなど色々言われてるようですが・・・

「息が入っていないから」、「もっと鳴らして」とか色々あるでしょうけど、


あたしの考えは、
「練習の時に、やかましいっ!!と思うくらいの大音量を出す事をやっていないから、そうなる」です。

「がむしゃらに大きい音で吹く」事で、音が汚くなる事はありません。
「がむしゃらに大きい音で吹く」事をやってないから、身体やブレスコントロールが身に付かず、身に付く前に「汚いからやめろ」となっているのです。

「がむしゃらに大きい音で吹く」事をやると、息をたくさん吸って、強く速く長く息を出さなきゃならない。それと同時に口(アンブシュア)や喉も調節しないと音程が取れないし音色も汚く聴こえる、舌(タンギング)も気にしないと上手く音が立ち上がらない、そして身体に余計に力を入れても上手く音が出ない。
そんな、音を出すためには、あるいは音っていうのは、はたまた楽器っていうのは、身体も含めて楽器なんだ。という事の勉強になるのです。音の出始めカラ終わりまで、呼吸法も含め息のコントロール、喉、アンブシュア、楽器の持ち方・構え方、全てがその出したい音に焦点が合ってないと出ないんだ。という勉強になるんです。

そういう練習をしていないのに、楽器が鳴っていない、息をもっと入れて。と言われても、それは酷です。できないでしょう。

そして、「がむしゃらに大きい音で吹く」練習をやって、そういった事を身に付ければ、もう「がむしゃらに大きい音で吹く」練習は一生やらなくてもいいと思います。コツを知ったのだから。

身に付くまでの我慢が必要です。

そしてそれは、p(弱い)の音でも、響かす事ができることにも通じる事がわかるはずです。

簡単な理屈です。
車が時速120kmで走り続けるためには150km以上が限界じゃないと走れないですよね。120kmが限界じゃあ壊れちゃう。
コンスタントに100mを10.0秒で走るためには、限界が10.0秒じゃあ1回しか走れないかも。
限界を広げる(高くする)事をやらないと、使える範囲も広くならない。ってことです。
高音も低音もそうでしょ?。強弱も同じです。
(だから実は、がむしゃらじゃなくてもイイのですが、その方が早いんですよね)

「デカイ音をただ出せばいいってもんじゃない」
確かにそうなんですけど、そのためにも「デカイ音をただ出す」練習は必要なんです
慣れて身に付いてしまえば汚い音は、そうは出ませんよ。


さて、われら益田市民吹奏楽団、子どもたちが憧れる演奏ができるようになるために、少しずつですが確実に動いているようですって、他人事じゃないんですけど
軌道に乗るまでは、投げ出さず、諦めず、根気良く。子どもでも大人でも同じです


明日は、アンサンブルコンサート。
グラントワ小ホール、14:00からで入場料500円です。
「Bom?toro」は14:15頃、「中トロ・高トロ・Bom?toro」は14:20頃です

おやすみなさい


関連記事
スポンサーサイト
コメント

すみません
2013/02/10(日) 08:29:01 | URL | f #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1123-bb551759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック