不良オヤジがなにを言う

社長とすり合わせしてやっと終わったぁ。

1年で一番大きな仕事。
やらなくて済むならやらなくていい仕事
次にこれを任される人を育てなければならない仕事

みじろぎしない高い判断基準と考え方、ミクロとマクロのバランスが絶対に崩れてはならない観察力と洞察力。
そして愛。


先ず、店ごとの評価、つまりはマネージャーの評価。
これは、評価の90%が実績によって決まる。
未熟なところはまだまだあるけど、常に頑張ってくれているマネージャー。彼等とは信頼関係ができているので、ほぼ実績評価で話すことができる。
信頼関係が無いと実績だけの評価では、不平不満も出る。

そして、スタッフの評価。
実績評価が半分、その他勤怠状況や数字には表れないところの評価が半分。

1次評価は、マネージャーが評価。

他店のスタッフは日常一緒には居ないので、マネージャーの話と毎月の個人月報、あたしが行った時の会話や雰囲気、電話に出たときの感じやオーダーした事への対応や取り組みなど、あらゆることを材料にする。
自店のスタッフも含め、ありとあらゆる事を材料にする。
人間は、最近の記憶の方に左右されやすいので、なるべく偏らないように材料を見直す。

全員の評価の過程と結果と、スタッフ一人ひとりの評価を短い言葉にして書面にする。

各マネージャーとすり合わせと評価の再考をする。(2次評価)

社長に提出し、社長とすり合わせと評価の再考をして最終決定。(3次評価)


そして、それを見せながらスタッフ一人ひとりと個別ミーティングをする。

自分以外の全員の評価も見れるし、その人だけでなく他のスタッフの事も話す。
隠したりはしない。自分と自分以外の人はどこにいて、何を期待されているかがわかる。


実績評価だけならラクかも知れない。
良い評価だけやってればいいのなら、幸せなのかも知れない。
(好かれようと)上っ面で褒めることは、絶対やってはならない。
(感情で)ダメ出しすることは、絶対やってはならない。
(どんなに困った人でも)あなたのため、ひいてはお客様のため、めぐり巡って結局あなたのため。という想いを持ち続けないといけない。


そのスタッフの生活を、あるいはそのスタッフの家族の生活を決定しているのだから
中途半端な話はできない。
「だいたいこんな感じ」なんて言うヤツの評価なんか信じられる訳が無い。
「~と、○○さんが言ってたから」なんて責任を薄めるような事を言うヤツの話なんか聞ける訳が無い。
だからあたしは、みじろぎもしない信念と高い判断基準、些細な事も見逃さない、でも些細な事に偏らない。ミクロとマクロの両方を捕らえる5感を持って、愛を込めて評価し、なぜそう評価したかを話さなければならない。
「君はここじゃない方が良いのではないか」つまり辞めた方がよい。をも、愛を持って言わねばならない時もある。
(「みんな仲良く和気あいあい」とは、そういう事を通ってきた「後」に使うのが本当だと思っている。)


そこにあるスタッフたちの評価の結果は、あたし自身の評価結果だから。

結局は、あたしがもっとちゃんとしてれば、もっと努力してれば、もっともっと良い評価ができたはず・・・。と「申し訳なさ」で、いっぱいになる。
なので、ぶっちゃけると。その人の家族の顔を見るのが苦手・・・。あたし自身、あたしがもっとデキル人だったら、もっともっとあたしの息子や娘たちにいろいろやってあげれたのに・・・と思うから。
あたしのような「いかがなものか?!」という人間がやっていいことなのか・・・。思ったりするし・・・。

しかし、そこでもう一度自分を鼓舞する。
「そう思うことは、一見謙虚というか偉そうじゃないみたいだけど、実はそれって、評価したスタッフに対してすごく失礼じゃないかっ?!」と・・・。


がんばる。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

全力評価ありがとうございます(泣)
2012/09/20(木) 06:45:42 | URL | f #OQv/I9to[ 編集]

飲んでる時のよつこさんからは想像できない考察。
すごい人だ~!
2012/09/20(木) 09:14:12 | URL | Paul Machida #-[ 編集]
Re: タイトルなし
f様>
いえいえ(汗)
2012/09/20(木) 17:09:28 | URL | よつこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
Paul Machida様>
ま(^^;)
すごくないし、気のせいだし(^^;)
2012/09/20(木) 17:11:24 | URL | よつこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1058-cca6a4b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック