不良オヤジがなにを言う

6/23、24と益田出身の脚本家、田淵久美子さん脚本による、ミュージカル「とびらのむこうに」の公演がありました
総合プロデューサーで作詞は田淵高志さん、作曲編曲は故はじ ひろしさん、奥様が来られてました。
音楽監督広兼先生、衣裳たかひら みくさん、舞台美術は原 有人さん、そして演出振付がごんどう けんさん。

あたしはこのミュージカルのために結成された吹奏楽団「オルケスタ de とびら」の一員として参加させてもらうことができましたm(_ _)m

昨年12月から練習が始まり、そのうち(当初から決まってたの?)2日間の公演と聞いて、「ま。」と思ったりもしましたが、終わってみるとホッとしたような、寂しいような…


(連日、早くから並んで開場を待つ、多くのお客様が)CA3A0192_20120625235609.jpg
(二日目(千秋楽)は学校行事として来場してくださった二つの中学校も)CA3A0191_20120625235608.jpg

あたし、益田でのミュージカルのオケ参加は一昨年の愛と地球と競売人と今回ので2回目。あたしがUターンして間もない頃から、この2つのミュージカルの他にも、いくつかのミュージカルがいずれも複数回ありました。
ぶっちゃけると、益田のミュージカルのオケ=ぞんざいな扱い。という印象が見聞や体験からあたしの中であったので、今回はいかに?という気持ちがありました(^_^;)
当初から気付いてしまう点はいくつかありましたが、これまでの事が糧になって、或いは今回の運営の中心になったグラントワの方々の想いがあって、総合的には、より一体感のある感動できたミュージカルであったと思います。
雨降って地固まる、みたいな


CA3A0193_20120625235610.jpg CA3A0194_20120625235611.jpg待機中のオケメンバー


二日間とも行われた「送り出し」。醍醐味でもありますCA3A0195_20120625235612.jpg
もちろん、本番の写真はありません、頼むのも忘れてまして


やっぱり演劇のバラシは大変です!!
CA3A0196_20120625235715.jpg「セット」がありますから
でも、結局最後まで、遅くまで片付けてるのはホールの方たち

さて、大ホールホワイエで「打ち上げ」です!!
CA3A0197_20120625235716.jpg CA3A0198_20120625235717.jpg CA3A0199_20120625235718.jpg CA3A0200_20120625235719.jpg CA3A0201_20120625235720.jpg CA3A0202_20120625235823.jpg CA3A0203_20120625235824.jpg
面白かったのは表彰コーナー、田淵さんやごんどうさんがプレゼンターで
CA3A0211.jpg CA3A0212_20120625235940.jpg 

田淵久美子賞を受賞したララ役のお二人
CA3A0213.jpg CA3A0214.jpgおめでとーっ!!


CA3A0208_20120626000104.jpg
CA3A0204_20120625235825.jpgオルケスタ de とびらCA3A0205_20120625235826.jpg

総合演出のごんどうさん。この方、私たちオケに対して"も"毎回名乗るんです。「ごんどうです、よろしくお願いします。」と。
もちろん、覚えてもらうという意図はあるでしょうけど、その謙虚さで私達は「ガンバロー!!」と思ってしまいます。
CA3A0206_20120625235827.jpg挨拶しかしない人が多いので、オケのメンバーの名を覚えてもらう事は、当たり前ですけど無いです。そしてオケのあたしも上の方々と会話はほとんど無いから、バカなあたしは名前を覚えられません
が、この方はすぐに覚えました。オケ初顔合せの時でさへ、名乗らなかった人がいるというのに。 CA3A0207_20120625235828.jpg



あたし、千秋楽で、ラストの曲「明日の空へ」で、演奏しながらボロ泣きしてしまいました
確かにそそる場面ではありますが、
「達成感」  それが一番の理由です。自分が、ではなく、「子どもたち他キャストの皆さん、裏方さん、そして担当の方など運営された方々は、きっと達成感で感動してるだろうな。」と思えたからです。

「達成感」の証明は、客席にありました。
千秋楽(二日目)も満席!!、但し、初日(一日目)と違うのは約600人の中学生。

オケは開演5分前にオーケストラピットに入りチューニング。普通ならここで会場に緊張感と静粛が漂うのですが、案の定かなりのザワザワ。これは仕方がありません教師の「シーーっ!」っていうのも聞こえましたが、
指揮者が登壇して拍手を頂き、オープニング曲がはじまる。スタートしても、まだまだなんだかザワザワ。

この600人が口を閉ざすことができたらこっちの勝ち!(勝ちって
そう思いましたよ。
だからあたしも一員として、気持ちが入りました!善し悪しは別にして、より美しく、より強く、より小さく、より激しくなってしまいました
客席が静粛と拍手と手拍子の三つだけになるのに、そう時間はかかりませんでした
これがその証明です。
あたし、緞帳おろしの伸ばしの音なんか、勝ち誇った雄叫びのごとく、すっげークレッシェンドしたりして
二日間とも、そういうふうに、お客様を釘付けにして感動させた「どびらのむこうに」のみなさん!!だから、その曲でチラっと右上の視界に入る子どもやおとなたちの顔が、それはもうイイ顔してて、
「きっとみんな達成感をいっぱい持ってんだろうな、感動で泣くんだろうな、みんなホントにスッッゲーぞっ!!」と。
そう思うと、もーあたしゃ涙ボロボロで
そうです、演奏中にほんの数秒だけど、そんな事考えるんです、ごめんなさい

このように「このザワザワが無くなれば本物」あるいは「無くなったからすごいね」と思った人は、お客様も含めて、かなり居たはずです
そして、ごんどうさんもやっぱりそう思ってて、このことを打ち上げ壇上で、話されてました
ごんどうさんのこの話は、きっと子どもたちにグッっと伝わってます。


ミカ役のよしのちゃんはトロンボーンでもあるのだCA3A0209_20120625235938.jpg

オケが田淵さんを囲んでCA3A0210_20120625235938.jpg

   
       まぁ、いろいろ事件はありましたが、それも勉強


関わった全ての人の名前をパンフレットの載せたかったことでしょう・・・。
CA3A0190_20120625235607.jpg 皆様、お疲れ様でした。お客様、皆様、ありがとうございました。顔_1_~1






CA3A0216.jpg CA3A0217.jpg CA3A0218.jpg CA3A0219.jpg
とびらをあけると、午前2時半だったとさ

関連記事
スポンサーサイト
コメント

私も扉開けたいです。いまだ闇の中くすぶっている。
2012/06/27(水) 13:42:25 | URL | f #afXvPe0k[ 編集]

とびらのむこうに、お疲れ様でした!
土曜日のステージを観に行かせてもらいました!
やっぱり生演奏はいいですね( *`ω´)
久々に生の楽器の音を聞けて、高まりました(笑)

子供たちの迫力にも感動しました。
やっぱり一生懸命頑張る姿は美しいですね\(^o^)/
2012/06/27(水) 22:31:37 | URL | 平山綾花 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
f様>
開けましょう。いや、もう開けてるかも。
開けるか開けないかを決めるのは、他の誰でもないんです。
2012/06/28(木) 06:21:45 | URL | よつこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
綾花様>
来てくれたんだ、ありがとー!!i-237
元気に頑張ってる?
一生懸命は、あなたも得意じゃん!!i-179
2012/06/28(木) 06:25:32 | URL | よつこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1013-e271ca99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック