不良オヤジがなにを言う

益田市出身の脚本家、田淵久美子さんの脚本による
ミュージカル「扉の向こうに」の通し稽古でした

今日はセットも見れるとあって少々気持ちが高ぶりました
CA3A0173.jpg  以前の公演を見て頭に入れるのは当然ですが、やっぱり今のモノやキャストさんを見るのが一番重要!!
より演奏に対してイメージを持ち、キャストさんや裏方さんと一体感が持てます私たちオケも演者です ネタばらしになったらごめんなさい、画像と実際に見るのとでは全く感じが違うので、ご勘弁を

これは先週撮ったもの。大道具さんもボランティアでやってくれてますm(_ _)m
         082.jpg  084.jpg

CA3A0177_20120617191459.jpg
                   裏から見るとCA3A0178_20120617191500.jpg

あたし達、「オルケスタ デ トビラ」は、もちろんオーケストラピットで
CA3A0174.jpg


通し稽古はじめ!
CA3A0180_20120617191657.jpg


オケピから見ると・・・CA3A0181_20120617191658.jpgオケピの前の方(客席に近い)だとお客様からは見つかりにくく、ステージの前の方ならちょっと見えます。オケピの後ろの方(ステージに近い)だと、客席から見られるるけど、ステージは見えません。当たり前ですけど

ステージから見ると
CA3A0183_20120617191826.jpg
CA3A0184_20120617191826.jpg  CA3A0185_20120617191827.jpg


関係者の多くは、本業ではなく、時間とお金と身体を投資して頑張ってます。決して表に出ない人たちも含め、目指すものは同じ。
注ぐ気持ちに差は無い。  きっと同じだと思います
世の中のいろんな事は、そうやって成り立っている。   ですよね

CA3A0175_20120617191501.jpg
こういう企画にありがちなのは、「やってあげてる」、「やらせてあげてる」そんな心模様が覗くこと。
あたしもそんな気持ちが覗くことがありますが・・・
そうなると、そこにあるのは、本質をそっちのけにした、プロ意識もプライドもチームワークも何も無いタダの見栄イベント。
そういうのを重ねながら、より良くなっていきますよね
お客様は神様ですから。


まだまだ稽古は続きます・・・。
CA3A0186_20120617191828.jpg  CA3A0187_20120617191829.jpg

皆様、お疲れ様でした。いよいよ土・日が本番です。
もしかして誰も気付かないくらいの事であっても、その人とその気持ちがあったからこそ出来上がる。
「一人ひとりに、生きている意味と役割がある」   ですよね。
顔_1_~1

関連記事
スポンサーサイト
コメント

生きている意味探しにいきます。
2012/06/19(火) 20:55:10 | URL | f #emXmKJzE[ 編集]
Re: タイトルなし
f様>
え?今持っている意味、それ以外の意味も探しに行くんですか?かなりポジティブですね!さすがにあたしはそこまで積極的にはまだまだなれません(汗)
2012/06/19(火) 22:59:14 | URL | よつこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://moritat.blog21.fc2.com/tb.php/1011-12ebe535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック