不良オヤジがなにを言う

2016、7.24(日)、天候、晴れ!!

今回、このような形で行うのは初めてとのこと。
地元の若い人たちの背にプリントされた「横田人」が、なんとも頼もしく逞しく見えるのです!!
益田市の郊外、横田町。
20160725104704158.jpg 20160725104624319.jpg
20160725104605046.jpg
こんな、小さいけれど活気溢れるお祭りが、益田では、あちらこちらで行われてます。

そんな素敵なお祭りにお呼ばれした、あたしたちSwing Phoenix。
20160725104645964.jpg 20160725104540926.jpg
そりゃあもう、楽しんで頂かないと、申し訳ない!!

デッカク派手な事はできませんが、「お客様の楽しいが、私たちの楽しい!!」がモットーのメンバーさんたちは、
何かと前向きにアイデアを出します。
演と奏のレベルアップを目指します。
いつでもどこでも、お客様には全力で!!
20160725104522202.jpg 20160725104418020.jpg
20160725104437557.jpg 20160725104337759.jpg
今時、中高生の営業演奏の方が、断然元気で楽しい!!
大人だって、いや、大人なんだからちゃんとやらないと!!
それが、お客様への礼儀かと。

知ったお顔にもたくさん会えて
20160725104358102.jpg

真珠の首飾りとくれば手品。
ほら!右手の4本指が、一瞬で左手に移動!!!  (って、おーーーーい
20160725104319638.jpg 20160725104305924.jpg

7月生まれのみなさん!
20160725104247710.jpg
おめでとーございます!!

やばいよ、やばいよ!あたしら年寄りは、楽譜が見えなくなるぞぉ~
と、老眼鏡を取りに行ってしまう、宮崎バンマス

聖者の行進
20160725104227915.jpg 20160725104207429.jpg

締めはドリフメドレー!!
タブー。「ちょっとだけよぉ~ん
20160725104102945.jpg 20160725104049291.jpg

髭ダンス!!
20160725103947599.jpg 20160725104025703.jpg

ババンバ バンバンバン!「しっかり食えよ!!」
ババンバ バンバンバン!「しっかり飲めよ!!」
ババンバ バンバンバン!「ご苦労様でした!!」
20160725104134053.jpg
ババンバ バンバンバン!「またよんでねーっ!!」

横田中学吹奏楽部のみなさん、応援ありがとーっ!!うれしかったです


口にするのは簡単。
行動する人が一等偉いっ!!
大人なんだから、尚更!!

勉強になりました!実行委員の方々、お疲れさま!!
ありがとうっ!!
スポンサーサイト
7月18日、49回になる益田地区吹奏楽祭が開催され、吹奏楽コンクールに出場する団体にとっては、仕上がり具合をチェックする機会となっています。
20160720112726664.jpg

小学生から吹奏楽部がある地区も最近は少なくなりましたが、さんな中、益田地区は充実していると思われます。

今回の審査には、山崎 勝先生が来られてて、あたしらおじさん世代にとっては、強烈な記憶の中の先生ですので、ご挨拶した時もお元気で感激しました!!
20160720112805089.jpg


感想としては、小中高とも全体のレベルは上がってきています。2年前より確実に!!
サウンドやバランスについては、今回は控えます。
あたしは、客席1回中央で聴きましたが、2階席で聴くのとでは聴こえ方が違うので・・・。

後半は、課題曲マーチ・ブルースカイ・ドリームの団体が続いたので、申し上げると
最初の登りフレーズが、なにやってるかわからない(アインザッツとディナーミク)。タッカのリズムが甘い、タッカのカがきちんと発音されてない、
そんな団体もありましたので・・・。
「意地悪」な課題曲ですし、当然はじめの4小節で「おっ!」ってなるかどうかなので、頑張って頂きたいと思います。
20160720112902082.jpg

20160720112928422.jpg 20160720113502576.jpg


ffがしっかり吹けてないので、pが美しく響かないという問題点は、相変わらずです。
pやppは貧弱という意味ではない、事が多いので、
音は振動、楽器は振動。鳴るとはより振動が大きくなるわけで、楽器がオーバーブロー(音が割れる)になる限界を引き上げる事が必要ですが、最近は、奏者の問題で、楽器のポテンシャルを引き出せない事が多いです。
物理的理論にそった当たり前の説明をすれば、理解できると思います。
比重の重い(金とか)ものは鳴ると凄いが、鳴らすの大変。
つまり、振動が大きくなると凄いけど、振動し始めるのが大変。
息の量と圧力とそれに合った喉や口腔内やアンブシュアやアパチャーの作り具合が、奏者には必要です。
「汚い音だから使わないけど、すごいデッカイ音が出せる」事は必要です。
これは「楽器をすごく振動させる事ができる」という事ですから。
一つの音でmfを吹かせて、f、ff、fff。たいていはffとfffに差が無い事がわかります。
mfからmp、p、pp、ppp。すでにpとppが変わらない。なんて事もよくあります。
日頃は「もっと出せ」指向でやっておいて(だって他が大きいからいくら頑張っても消される。と思わせるくらいがいい)、本番近くで「そこはもっと落として」が良いかと思います。
美しいpppのために。


若いバンドや合同演奏では、スウィングやラテンの曲が、よく使われています。
スウィングをやるときは、是非リズムの吹き方、取り方を伝えてあげてください。
吹奏楽の基本と言われるマーチ演奏にとって、すっごく良い影響を与えますから。
遅いテンポでもいいんです。
スウィングやラテンは、リズムセクションに刺激を与え、レベルアップして、引いてはバンド全体が変わる、絶好の機会です!!

14回を迎える、津和野高校文化部合同公演「JAM」がありました。
20160713145939368.jpg 20160713151739944.jpg
今年は諸事情で体育館!!暑さに負けず、みんな頑張りました!!

たまにしか指導に行けない私を、誘ってくれて、ありがたいです。
第1部は、合唱部と吹奏楽部が、それぞれ発表。
DSC_0802.jpg DSC_0786.jpg

DSC_0791.jpg DSC_0792.jpg
第2部は、合唱部のソロや吹奏楽部の3年生のアンサンブル、
DSC_0793.jpg
津和野中学校合唱部も出演!!(ピアノはSwing Phoenixの沖田先生
DSC_0795.jpg DSC_0794.jpg
OGの歌の先生、熊谷さんの美しい独唱
DSC_0798.jpg DSC_0800.jpg

体育館内には美術部の作品も多く展示されています。
知り合いの○い○ぎちゃんの絵は、あっぱれ!!
すっごく緻密で綺麗でした

第3部は体育館後方からダッシュで登場!!
スタンバイOK!!
DSC_0801.jpg
若いって素晴らしい!!

Sing Sing Singは、昨年の熊谷先生が付けた振りで、ガンガンのイケイケ!!
スーザフォンもブンブンです!!
DSC_0804.jpg DSC_0805.jpg
DSC_0807.jpg
ATTACK企画のPA&照明もバッチグーーッ!!(古い?)

合唱部と外部講師、熊谷先生率いる作陽音大OB、そして津高吹奏楽部OB。
歌あり、コラボありの、賑やかで華やかで、そして感動的なステージでした!!
DSC_0817.jpg _20160711_153255.jpg
先生方、本当にお疲れさまでした。
部員のみなさん、まだまだコンクールがあるぞぉー!!
お客様、今後ともよろしくお願いいたします。
_20160711_153204.jpg 

津和野高校も益田高校も、合唱部や吹奏楽部の単独公演が許されない状況になって、
このような合同公演という形で何とか継続している。
というのが、本当のところです。少子化もあるでしょう。勉学との両立もあるし、学校側も生徒たちも、大変だと思います。
「私たちの頃とは時代が違う」と、言うしかありません。
DSC_0820.jpg
大人は、この子どもたちの笑顔のために、そして、
まだ見ぬこの子たちの子のために、創り上げ、継続するための手助けを、出来る範囲で出来る限り、
やっていけたら。と想います。
いつか、故郷に戻ってきたら、
また一緒にやろうね


素敵なお菓子を、一人一人にくれました。
 
心が苦しいときもあるだろうけど、みぃ~んな悩んで大きくなった(これも古いフレーズ
相談も受けるしアドバイスもする、時には叱ったり。
でも、結局最後は「がんばれ」なんだよ。


がんばれ
そして、「Hey Jude」へ。

待ってくれてたのは、大東文化大学吹奏楽団同期のしのはら!!
何十年ぶり?
お互い歳はとったが、(彼はすっかり薄くなったが)変わってない
そして彼はカミさんの後輩(つまりあたしも
先輩だから当然カミさんには敬語を使うわけで、なんか変な感じ

ヤツはもうここの常連!!

「Hey Jude」
前の店より、やや広い。
そしてメニューがいい!!
基本、地元島根の食材!!
イカのソテーやサバやら赤天も!!
20160706131016265.jpg

Machidaも言ってたけど、小洒落たフードはどこでもある。
自身のルートがあるなら、それを活かさない手はない。

店の入り口やフードを撮らなかったのを、今更後悔しまくりだけど、
認知が広がればイケル!!
ビートルズトリビュートバンドのみLIVEスペースとして提供してもいいかも。

で、なんとサプライズをしてくれた、Machida夫妻!!
20160708105528674.jpg
これには、やられたっ!!
20160706140024916.jpg 20160706140022936.jpg
20160706140020626.jpg

20160706131011969.jpg 20160706131008598.jpg
正直、結婚が決まってから、親としてもっとしてやれる事が、やるべき事が、たくさんあったのではないか。
と、子どもを授かった日まで振り返って、後悔を積もらせる日々だった。仕事に突っ走り、音楽にのぼせ、バイクに現を抜かす
ロクでもない父親だった。
この二人が出会って、結ばれて、お嫁さんの家とも繋がった御縁は、二人それぞれの歩みの賜物で、それに関わった友人、恩師、職場の方々のお陰だ。
祝福してくれる友達や職場の人を見れば、君たち二人が素晴らしく育ったのがすぐわかる。
いい仲間を持ったね、感謝しなきゃね。
20160706131004901.jpg
どうか、子どもに言うがごとく、自分を省みて、ロクでもない大人という幼稚な人間にならないで欲しい。
大人ほど厄介な生き物は無い。

私はロクな人間じゃないけど、仲間にはとても恵まれてる。表面的で、見栄や妬み嫉みの人は去っていったし去っていく。
 20160706131001317.jpg
ありがとう、Machida夫妻!!ありがとう篠原!!

FBなどで祝ってくれたみなさん、ありがとうございます。

娘の時は、あたし、どーなっちゃうんだろ?

7月3日吉日、息子夫婦が人前式及び披露宴をしました。
親として、新郎の父親として、初めての経験です。
益田からはもちろん、遠くは網走から列席くださる方もいらっしゃるので、会場は浜松町近辺がベストだと思います。
私たちもそうでした。
30年前、式を挙げたすぐ近くでした。

あらためまして、ご列席頂きました、両家のご友人、ご来賓、親族のみなさま、本当にありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。

もっと以前から、写真など整理しておけばよかった、何分ズボラなもんで
式場の方々、二次会幹事の方々には、いろいろ無理難題を申しまして、申し訳ございませんでした。
ありがとうございました。

「一言御礼を申し上げます」の謝辞。いろいろ考えて原稿作って、
運転中、入浴中、就寝前など、誰にも知られないように、
前日も当日もトイレなどスキを見つけては暗記を・・・。

前日の宴、
当家の親族20160706131458493.jpgあたしの母方の兄弟が多いので、全員は呼べず、ごめんなさい。

20160706131502588.jpg網走、札幌、東京、岐阜など、いとこ関係は来れなかった子も含めて8人

うちとあたしの妹の子ら20160706131507002.jpg

リハ。
式は人前式。The Place of Tokyoのミュージックプレイスとい部屋。
当初は、音漏れの関係で楽器演奏はNGと言われまして、トロンボーン二重奏がやかましくなく、どんなに優しいかを理解してもらうのに、息子共々苦労しました。
式場ですもの、音楽は流すわけで・・・。元来トロンボーンは優しく美しい音の楽器なのに、やはり一般的イメージは違いますね、ま、当然ですけど
20160706131454348.jpg会場はヴァイオリン、チェロ、オルガンの生演奏で、素敵でした。
私たちは新郎の入場でのアメイジンググレース。大好評でした、やって良かった。
ただ、楽器が冷え切ってて出だしのピッチが
初めてのモーニング。でも頭の中は謝辞の事で・・・。

お父様がエスコートで新婦の入場。  あ゛~、いつかあたしもコレやるのぉ~?
20160706131309948.jpg 20160706131306866.jpg

20160706130958034.jpgド緊張の息子 

指輪の交換
20160706130954973.jpg 20160706130952273.jpg
厳かに式は進んでいきます、そして画像の前後は覚えていませんが、
ド緊張した息子は誓いの言葉を読み上げるとき、
やっちゃったのです!!
「平成28年、3月・・・。」 ・・・3月???

と、次の瞬間・・・会場大爆笑!!

この二人の人柄と、職場の方々や友人の方々の人柄に、あたしゃ感動しました!!
世代というのもあるのでしょうけど、場内が「・・・。」とはならなかったのですもの!!
会場は一転、降り注ぐ陽射しと共に、和やかであたたかな空気に20160706131303181.jpg
涙するお母様や、感極まるおばあさまの一言。
20160706130949013.jpg 20160706131259700.jpg
笑いあり、涙ありの素敵な人前式でした。


息子のお陰で、主賓様のご祝辞も「本日は3月というのに、異常にお暑い中~~」と、いじります
20160706131256114.jpg 20160706131252640.jpg
こうなると、あたしに悪いスイッチが入ってしまいました

20160706131248857.jpg
父親同士20160706131244337.jpg


いよいよ謝辞。

「皆様、本日は3月というのに、大変お暑い中、かずなり・あすみの結婚式並びに~~~。」

ドカーーンッ!!でございます
20160706131240520.jpg
要所要所は覚えた内容をちりばめながら、口調は完全にライブMC
ドカーーンッ! しんみりが幾度かあって・・・。

親子共々、やってしまいました
ラストは新郎挨拶で結んだのですが、
こうして、お見送りをするのですけど、「持っていきましたねぇっ!!」なども・・・。
申し訳ございません

でも、まぁおめでたい席ですし、数々の「こんな楽しい披露宴にはビックリ」など、お喜びの言葉を頂きましたので、良しとしましょうかと

「産んでくれて、ありがとう。」と言うけれど、あたしが常々言っている通り、
20160706131019955.jpg
子どもは生まれてきてくれたことで、すでに親孝行を済ませてるのだから、親孝行なんて考えなくていい。
のです。

反面教師と遺伝子を確認できた、素晴らしい日になりました。
当人二人と、新婦のご両親ご家族と、二人に関わってくださった全ての皆様へ、
素晴らしいご縁に、
乾杯!!

                      つづく・・・