不良オヤジがなにを言う

ミロが来てくれて、1年経ちましたぁ。
1398844173992.jpg

あどけなさはアッという間に消えて、少女というか、中学生というか・・・。
1398844173600.jpg

あたしは食事係りのようで、「お腹すいたぁ~」と、その時だけ甘えてきます
1398844173034.jpg

遊ぶのはもっぱら娘2号。彼女の手は傷だらけです
寝るのも娘と一緒
1398844172367.jpg


スポンサーサイト
夜もなかなかブログがかけません。
忙しいことはありがたいことで、心を亡くさない方法はいくらでもあります。
ま、最近は身体がついて来てないような・・・。


4/17.18
今年度も、2名参加させることができました。
1398657767989.jpg

益田市、鹿足郡でのビジネスマナーを中心とした新人研修です。
もちろん業種業態は無関係。
社会人としての基本を教わるわけです。

益田市長の講話や姿勢やお辞儀、挨拶、名刺交換などのビジネスマナーの講義実践、
グループワークなどが行われています。

もちろん、ウチでもそういった基本は指導します。
が、再度受けさせるのは、当人への勉強はもちろん、
ウチの常識は世の中の非常識、かもしれない。という教える側の勉強のため、になるからです。
研修後、その当人と違いがあったか確認し、問題があればウチが改めるし、そうでなければ
違う理由・意味を説明します。

毎年、2日間のこの研修では、最後に各企業の者が臨席して、
グループワークの発表と個人目標として、この研修内容についての目標と
自分の職場での目標を具体的に発表がおこなわれます。

最初の頃は、臨席する企業も少なく、かわいそうだしもったないと思ってましたが、
最近は増えました。
研修参加の新人さんは、市役所や町役場の人に、製造業、小売やサービス、介護など
多種多様な一般企業、50人くらい。
高卒・大卒など年齢も様々、
ウチは、中途採用のスタッフを参加させる年もあるので18歳からアラフォーまで、
なんて年もあります。
スーツ、制服、作業着、私服と服装も様々、ウチはスーツを着させます。

彼らの顔を見るのは、毎年の楽しみになってます。
1398657767345.jpg

「人として」の成長こそが、人間関係の成長であり、家庭、仕事、人が関るチームや団体の成長になります。
そういうのを避けての向上はありえない。


あたしの意見はここから、
「公」の付く職の人、「先生」と呼ばれる職の人は是非受けていただきたい。と思います。
そういう職場に、このような社会人として大人としての指導教育はある(はず)とは思いますが、
内輪でやるよりはるかに勉強になります。
「公」や「先生」こそ、そう呼ばれるにふさわしくあるべきなのですから。
挨拶で、書面で、電話で、ちょっとした事で、
その人の、その職場のレベルを私たちは判断します。

仕事してても音楽しててもそうです。「子どもたちから尊敬の目で見られてるはずなのに、コレ?」とか、
「そりゃあ、子もこうなるわ」とか。「これが人の生活を守る立場の人の言動?」とか。普通におかしい。
「ガソリンスタンドでゴミを受け取らせるのは当り前」って、子どもになんて説明するんでしょ。とか。

自分達の常識は、世の中の非常識。って解ってるクセになぜ改めない!。
相手や周りやその先を考えない。面倒は嫌。責任負いたくない。失敗したくない。良い人と思われたい。恥かきたくない。などなど、全て保身です。つまり、お子ちゃま。向上成長するはずがないです。

今日の朝礼時の「職場の教養」には「大人が手本を示しましょう」と、ありました。
当ったり前のことですが、いかがでしょう、当り前になってます?

何度もここに書いてますが
「そういう言動を、子どもにどうやって説明するの?そういう風にやれって教えるの?」ってやつです。


んで、
そういう、あたしはどうなのか・・・。

言い訳のしようもありませんm(_ _)m

例えば、自分からやる!って言ったアレンジ。
しんどい、疲れたぁ。と、FBに大変さをアピール。
「ご苦労様、ありがとう」と言われたい。という、卑しい心理です。
突発性難聴。

前回の左耳よりは酷くないけど、昨日出張から帰ってテレビ見てると右耳がハウる。

キンキンというほどカン高い音じゃないけど、聞こえてくるのと同時に残響が高い音で残る。
特に女性の声や歌が

練習に行ったらハッキリするかと行ったけど、何ともない。
大丈夫か。と思って今日仕事行ったけど、ラジオから聞こえる音がやっぱり。

夕方、高等技術校主催の新入社員研修へ臨席したら、もうアカン!
マイクを使った声がめちゃめちゃハウる!特に女性の
つまりスピーカーから出る、主に女性の声がアカン。と判明?

前回はE5の音ががキンキン響いてたけど、今回はF4がホワンホワンと音が聞こえて

「次になったらすぐ来なさいっ!」のご指示に従い、臨席終えて病院へ。
今度は低音が聞こえ辛くなってるそうで、「反対側の耳もなる人って、珍しいですねぇ」
だそうで・・・


酒飲んで、まったりしたぁい今日この頃
3月下旬のこと


いつ以来だろう・・・

息子が3歳の頃以来?



もう、それは最後の手段だった。

何度目?
お客様にお詫びに伺っての帰り道・・・、
悩んだよ・・・、そりゃあもう悩んださ・・・。

考えられる事は、これまで全てやってきた・・・。

「これに賭けるしかない」と。


そして、彼を呼び、

「パシーーンッ!!」

右ほほをぶった。

「この痛みを忘れるな! 二度と起こすな!!」と。



辛い・・・。

これは、私の人材育成能力の無さを証明するわけでもあり・・・。


「俺は、あなたを諦めないからなっ!!」と。




お客様のため
私たちのため
なにより本人のため

あたしが叱る時の口癖の一つに、
「あなたのためだけじゃない! いつかくる、あなたの家族や、あなたの後輩やスタッフのために言うんだよっ!!」



最終的には本人次第

そんな解りきってる言葉を、
何の前進にもならない言葉を出してなんになる。



恨まれる覚悟は、刺される覚悟は、とっくの昔にできている。


5/11(日)の正式名 We suport UNICEF チャリティーコンサート
「第14回 管弦打アンサンブルと100人の吹奏楽」

練習も、残すところあと3回!!
fc2_2014-04-07_12-51-58-838.jpg


今回も3部制、

第1部と第3部は、100人の吹奏楽で、
第2部は、アンサンブルで!!

Wood wind ensemble、Brass wind ensemble、
Percussin ensemble、Torombone ensembleの
4つがお披露目!!

特にWood wind ensemble(木管合奏)、Brass wind ensemble(金管合奏)は、
出演者全員出席で、こういう編成はめったに聴けないので、超おすすめです!!

IMAG1730.jpg
●5/11(日)島根芸術文化センターグラントワ 大ホール
●開場13:30 開演14:00
●入場料 前売り500円、当日700円
毎年、必要経費以外はユネセフへ寄付させていただいてます。
そのため、お金をかけた豪勢な事があまりできませんが、
子どもから大人、学校や団体、親子や夫婦など、縦や横の枠にとらわれず、一緒になって演奏できる、
とっても貴重なコンサートだと、あたしは思っています。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております