不良オヤジがなにを言う

A20Song20For20Japan20logo_20120530233550.jpg

2012年5月6日、島根県益田市でユニセフチャリティーコンサート「第12回100人の吹奏楽」を開催しました。今回のテーマは震災復興元年ということもあり、希望や夢や、前に進む勇気や、それら全てが明るい未来に向かっている。そんな想いを込めての「未来」でした。
ASFJほか「マーチ 夢と勇気・憧れ・希望」や交響曲第9番「新世界」より第4楽章なども演奏しました。約120人のA Song For Japanです。

こちらをクリック⇒http://www.youtube.com/watch?v=7EGf9No76cU
スポンサーサイト
(またまたウンザリする内容をば

先週日曜に(ミーティングを)「今やらなきゃ」とアドバイスをしてから気になってたんだけど、今日レッスンに高校へ行ってきた。

おとといの日曜に顧問の先生から、そういうのがあったという事を聞いてはいたけど、果たしてどうだったのかが気になって。

トロンボーンの指導をしつつ、あそこでパート練習しているトランペットの音が聴こえる。

「イイ響きしてる。大丈夫かもな。」


そして合奏を聴く。

「うん、良くなってる。」


部活終わって聞いてみた、

「3年生でやりましたよ。気持ちが晴れ晴れしています。よかったぁ」と。

すべてを背負い込んで悩んで耐えて、涙と鼻水を流しまくってた子の、その笑顔に
あたしがグッときた。

その子の隣で泣いてた子も、そして涙をためてたあの子も、この子も、イイ顔してた。

お互いに腹の中を出し合った顔たちを見れば、「自分たちは目標を共有し、それに向かって努力し合う仲間だ」という想いを、その顔たちは持てたことが容易に解かる。

批判や非難、中傷や陰口ではなく、目標に向かっているからゆえの「切磋琢磨」のスタートに立ってる。


「やっぱり音楽って気持ちなんですねぇ」
その子の言葉が、あたしに深く染み入ってきた。

当たり前だけど、意思統一できなければ努力しようとも思わない。できないものはできないままのほったらかし。
そして、
当たり前だけど、気持ちや想いを表現する事が芸術。
一人ではなく複数で表現しようとするならば、そこに関わる人たちの気持ちや想いがバラバラなら、相手(聴き手、観手)には快く伝わるわけがない。


人数ありきじゃないんだよね。(仕事もおんなじ)



子どもから学ぶ事は多い。

さて、
「子を育てる」「子を導く」責務のある、あたしたち歳を取った人は、実際どうなんだろ?

子になんて言う?
「気に入らないヤツには挨拶しなくていいよ」「自分のゴミはよそで捨てろ」「そうは言ってもなかなかねぇ。って言い訳しなさい」「当たり障りのないようにやれ」「文句は言っても、実行しなくていいよ、口だけでいい」「表と裏を使って自分の気に入った人だけと付き合え。腹ん中でベーッてしてろ」「ひたすら耐えなさい」「適当にチョロっとやって本番はフリしてりゃいいから」「痛いとこ突かれたらカチンと来て怒りなさい!」「責任を負うよな事や面倒なことは上手く言って避けなさい」とか、とか、とか・・・。
あたしたちは子に、そういうふうに言うんだろうか。

って、特に無いですが
自分用のパソコンで今、書いてます。office入ってなくて、RAMを4GBにして。とにかくネットとfinareさへできればイイから

今日は昼前に高校に呼び出されたので、パーカッションアレンジした曲を合わせて、ちょいと打ち合わせしてグラントワへ直行。
ミュージカル「とびらのむこうに」の、キャストとオケの通し稽古。
最低2時間ブッ通しで吹かないと物足りない身体になってしまったのか、なんか足らない感じ

こうして休日が終わるぅああ、眠たい。
夜はバレーボールで熱くなろ



このブログは、なんか暗い。
偉そうだし、重い、楽しくない。なんか一言チクッってやってるしなぁ。
わかってるんだけど、実は根暗だから

なんともくだらない1,001件目の記事なってしまったぁ

来月で1年の半分が過ぎまっせ。ボチボチと言いながら時の流れの速さを感じますなぁ。
朝7時前まで呑んでるベーシストの友達も居れば、おっさんなのに学校へ通いだした友達もいる。

みんながんばろ!!


あたしゃ着眼大局、着手小局でガンバロ!

お粗末さまでした
今日は早番。6時には店に居て、一通り準備をしたら6:45までコーヒー飲みながら新聞みたりネットをするのが常。
8:30まで接客しながら店内に掃除機掛けてモップ掛け、一人で切り盛りする。

そのうち次のスタッフが出勤してくる。

「おはようございます」

とっても気持ちのイイ笑顔で挨拶をしてくれたのは、入社3ヶ月の中途採用の子、一児の母でもある。



きっとあたしの事良く思ってないな、とか、イマイチな人でも自分から挨拶する。(限界を超えた人にはしない?)をポリシーにしているあたしだが、とっても恥ずかしい思いをした。

その、とってもとっても気持ちのイイ「おはようございます」に、撃ち抜かれたあたしは普通に「おはよう」
としか返せなかった。
最高のパスをもらっておいて枠にさえ入っていないチョロなシュートをした自分。
見事なフリをしてくれたのに、何の印象にも残らないアドリブsoloをした自分。
そんな感じだった。

返せなかった自分。自分はあんな気持ちのイイ挨拶をしたことがない。と、凹んだ。

なので、スターティングチェック(朝礼のようなもの)で彼女に
「先程は素敵なおはようをありがとう、とても気持ちが良かった。そして、ちゃんと返せない自分が恥ずかしかったゴメンなさい。あなたを見習います。」と伝えた。


あたしの新人研修の中に、最低でも1ヶ月間は日報を書かせるのがある。
感想を書く所は、決められた行数の以下でも以上でもダメ。その中にキッチリ収めないと。

その日報や個人月報にも、
「仕事が楽しくて仕方ない」と何度も出てくる彼女。
何度も叱ったりしたこともあったにもかかわらず・・・。

きっとこの人は、どんなことでも楽しく受け入れる脳力を元々持っていたに違いない。すごい人だ。

絶対に「楽しくない」と言わせてはならない。  と、強く、強く思った。それがあたしの仕事だ。と。



ホント、大人は、
いや、歳をとった人は、やっかいだ。

先日のtomoさんやakiraさんなど、ああいう先輩方を大人と言うのだろう。
あたしらは、歳をとった人、だ。

正面から受け止めない、正面から向かわない。
素直に受け入れない、素直に入らない。
大きな表と裏。極端な本音と建前。
それとも、そういうのを大人と言うんだろうか。

子どもたちの事といい、今日の事といい。勉強させられる。

あたしは、その勉強の成果を出すことができるんだろうか



っと。記事が丁度1,000件目だ
そんなわけで、3日ぶりのネット

くだびれ状態だけど、午前中は高校へ行ってきました。
パーカッションアレンジの楽譜を渡して、管楽器のアレンジをしてる副顧問先生と顧問の先生とパーカスの子たちとの擦り合わせと打ち合わせのために

トロンボーンパートの指導をしながらウロウロして、他の楽器の子たちの様子もそしらぬ顔でチェック
上達してる子もけっこういたから、「上手くなったね」とか「音が前よりイイじゃん」と。

たまにしか行かない。
けど、たまにしか行かないから「変わった事」がよ~くわかる。

OB会長の横田君が課題曲指導で振りに来てたから、それをチョロっと聴いて、そろ~と帰ろ。
と思ってたのに、はじめの4小節を聴いて愕然としました。
ので最後までいました。


音楽に精気が無いんです。
個人レベルを平均すると、確かに普通ぐらいですごく上手とは言い難い。にしても。
この狭い場所ではあるけど、以前聴いた時は活き活きしていた。
コンクールはずっと銅だったけど、この「活き活き」があったから期待が持てたし、それがカラーでもあった。
おととしまでの銅とは明らかに違っていた去年の銅。今年は期待していました。なのに・・・。
技術的な事など、突っ込みどころはたっくさんあるけど、これはそれ以前の問題だ。と思ったのです。
意思統一ができていない。目標感が無い。怠けてはいないんだけど、気持ちがバラバラ?楽しそうでない。
なんか変!!こんなんじゃなかったのに・・・。


「厳しい事言うようだけど、こんなんじゃ私が審査員なら間違いなく最初の2小節で銅をつけるよ!!」
と合奏が終わってから切り出し。
「楽譜を読みとって楽器を使ってその音を出す機械みたい。しかも正確じゃないし、みんなバラバラで」
「音楽を表現しようとか伝えたいとかいう気持ちが無いみたい。なんでそんなに暗いの?」と。
そんな事をつらつら言った。


そしたらそのあと、何人かの子たちが泣いていた。

やっぱりこれは何かある。と思った。
っていうか、そう感じない方が不自然なくらい。
「クソったれが!OBだと思って偉そうに!!」の涙ならイイのだけど、それとはまったく違う。

話を聴いてみると、案の定「心にわだかまり」があった。
つまり「人」の問題。

何かにつけ不満や文句を言い反発する幼稚な人。
責任感や向上心が無く、何を言っても「はぁ」って感じの人。
そんなこんなを背負って、ガマンして。言いたいけど言えない人。
このままじゃいけない。それは解ってるんだけど・・・。

幼稚かもしれないけど、その不満や文句も全部が間違っているわけじゃないんだから、ちゃんと正しい事だって言ってる時もあるわけだし。


大人でも子どもでも、会社でも学校でも起こってる事は同じだ。

自分を観る客観視と謙虚さが欠ける。
陰で話す事が増える。
敵か味方かみたいな幼稚なレベルに陥る。
そしてガマンする。
結果、何も解決せず改善されず、ドンドン悪くなる。
学校の場合は、1年我慢すれば人が代わるから更に悪循環。

ぶちまけるなら愛と責任を持って、堂々とぶちまけなければ。
それで感情的になって激昂されてもイイじゃん。

優しさと甘やかしは違うから、優先すべきは「言いにくい人」「困ったちゃん」ではないはず。

でもね、「よぉ~しガツンと言ってやる」って言うものの、いざそうなるとやんわりと遠回しになっちゃうしね。




そういうのを踏み越えて来て、「あの頃はなぁ~」って人も多いはず。

それを青春というなら、今も同じでしょ

昔も今も、悩ましいねぇ。   みんな頑張ってる。




「今やらなきゃ。今がチャンス。」
「大丈夫。絶対良くなるよ。直後はもっと悪くなるけど、そのあと絶対すごーく良くなる!!それも縁だよ。」

と、話して帰った。
益田高校合唱吹奏楽部の合同定演の曲でのパーカッションアレンジを気合いで書き終えて、出張行って、19:30からの「100人の吹奏楽」実行委員と事務局で会計報告兼反省会。それを終えて21:30くらいにようやく行けた、5/19にちにち食堂で行われた「Tomo’s Birthday Live」でした

肝心のZZ.Ridersは聴けず
その他3バンド聴けず

まつふくたわらTRIO
CA3A0155_20120520210435.jpgThe All Your Love Blues Bandの中の3人様です

Layla & Fuku
CA3A0156_20120520210436.jpg
tomoさんの愛しいお二人が入ってのLove Song攻撃CA3A0157_20120520210437.jpgそしてプレゼント攻撃の雨アラレ!!  そしてバースデーケーキ&キャンドル消しぃ~ので大盛り上がりでした

優歌党
CA3A0158.jpg
もう、おっかしぃおっかしぃ!!必見です!!


CA3A0159_20120520210439.jpg  CA3A0160_20120520210440.jpg CA3A0161_20120520210505.jpg
○十年前の原点となった御三方!中央がtomoさん、ギターがakiraさん、ベースが須藤さんでの演奏です


還暦を過ぎてますが、「すごい!!」の一言に尽きます!!
あたしがtomoさんと音楽仲間として付き合ってくださったのが12・3年前。まったく歳を取らない妖怪か?!(失礼しました)っていうくらい、ポジティブでアクティブな方です!!
まぁ、この御三方は、ホントに妖怪「歳取らずトリオ」!!(度々失礼でごめんなさい)今も尚、前進し続けてらしゃるのがすごいです。普通なら、頑固で動かず偉そうにしてるであろう年齢やポジションなのに、この方達は全くそれがありません。完全に名物オヤジ状態!!です!!(重ね重ねごめんなさい

益田は、tomoさんをはじめ、あたしよりおじさんな方々が、とにかく先頭に立ってます。
たまにakiraさんやf-nieさん、matu兄さんに、昔の益田の事を聴きますが、「先輩ありき」ですね。
そのご縁の中に、少しでも関わっていられる事を、とても幸せに思います。ありがとうございます。

tomoさん!おめでとーございます!! そしてこれからももっと!!
6/10(日)グラントワ大ホール 15:00開演
益田高校合唱部・吹奏楽部合同公演"Mass-Tiva"2012
があります!!
内容は、
 第1部 合唱-stage of chrus-
 第2部 吹奏楽-stage of wind orchestra- 
    2012年度全日本吹奏楽コンクール課題曲・自由曲
    J-BEST ~日本を勇気づける名曲たち~…OB・OG合同演奏 他
 第3部 マスティバ・シアター-Theatre of Mass-tiva- アマテラス~夜明けの神話~(創作ステージです!!)

んで、
「J-BEST ~日本を勇気づける名曲たち~」に参加して下さるOB・OGの方々を多数求めています!!
どうか、よろしくお願いしますm(_ _)m

詳しくはOB会長横田さんの管理するブログまで!!
http://music.ap.teacup.com/masukou100/

または、リンクのOB会HPへどうぞ!!

予算減少他、諸々の事情で単独公演も厳しい状況が、ここ数年続いています。
新たな歴史を創る第一歩として、あのMass-Tivaを進化させ、第3部の創作ステージがスタートします!!
OB・OGの皆様には、ゆくゆくはそちらの方へも参加して頂いて、より独創性と芸術性の高いものが構築できればとの想いで、先生方が頑張ってくださってます。
どうかひとつ、よろしくお願いします!!


てなわけで、第3部のパーカッションパートのアレンジを依頼されたので、ガムばります!!
今回の「100吹」でも、「またお前か」と思った人も多いはず・・・。
いや、何かあって凹んでるわけではないので。
「100吹」に限らず、ずっと思ってたこと・・・。


例えば企画運営に関して・・・、
気付いてしまう。気になってしまう。
黙ってればイイのだけど、お客様の事を考えると「まあいいか」では済ませられなくて。
このままでは次が育たない・・・。半分は間違いなく私のせい。
身を引くのは簡単で、スっとおとなしくすればイイのだけど・・・、何の構築もできてないまま身を引くのはあまりに・・・。


例えば演奏に関して・・・、
片手に「上達して欲しいから、機会を作らなければ。」
反対の片手に「良い演奏を聴いて頂くのがこちらの責任。」
この両方の手に悩まされる。
どちらも大事。
目立ちたいとか、そうじゃないとか。そんな幼い理由ならどれほど楽なことか。
「適材適所」も「立場が成長させるも」両方大事なのよ。


物事はバランス、良いと言う人もいれば、悪いと言う人もいる。どちらも正解。
私が正しいわけではない。自分の思い通りにしようと思うほど幼くもない。
大事なのは、ミクロに配慮しつつミクロに偏らないこと。マクロの視野を持って、ミクロに気づくアンテナを持つこと。そして、偏らないけど「これはマズい」というミクロに気付いて手を打つこと。

仕事だろうがアンサンブルや合奏やセッションだって、みんなおんなじ。

彼はちゃんとお勤めしていることを、皆さまにご報告いたします
ちなみに、左側の彼です。そうトランペットの
その時、息子でいとこの彼が、用意していたパソコンから流れてた音楽

おそらく意識が無くなってから、ずっと流していたんだろう。日本の童謡。


あたしも今のうちにリクエストしておこうかな。

KISS・・・アカン、起き上がりそう
威風堂堂とか・・・大仰だな
自分の演奏・・・やめて、死人にムチ打ち



ひよこがね

お庭でぴょこぴょこかくれんぼ

どんなに上手にかくれても

黄色いあんよが見えてるよ

だんだんだぁ~れに めっかったぁ~
応援してくれてる後輩がいるから。
という事もあるのかもしれないけど、東北地方の応援で、去年の9月から、できそうなことが出来て良かった。
お陰様で、トロンボーンキャンプやBom?Toro 高トロ、そして「100人の吹奏楽」でもASFJも演奏できた。
これからも出来そうな事はやろう。と言ってもホント微々たる事だけど。

さて、
その「100吹」も終わって、次の予定に向かってまた頑張らねば。

そして、横のつながり創りに動きます。
無事終了しました!!
ご来場くださったお客様、ありがとうございましたm(_ _)m
手前で言うのもなんですが、12回のコンサートの中でも、とても質の高い演奏の中の一つとなったと思ってます CA3A0126_20120507202746.jpg CA3A0127_20120507202746.jpg CA3A0128_20120507202747.jpg CA3A0129_20120507202748.jpg
個人的には、リハでA Song For Japanのsolo、大コケしてしまって、もう可笑しくて可笑しくて。緊張感をほぐしたと言えば聞こえはイイですが、集中力を途切れさせたみたいでごめんなさい
もちろん本番は決めましたよ!


CA3A0132_20120507202748.jpg CA3A0133_20120507202749.jpg CA3A0134_20120507202954.jpg
CA3A0135_20120507202954.jpg
CA3A0136_20120507202955.jpg CA3A0137_20120507202956.jpg CA3A0138_20120507202957.jpg 
CA3A0141_20120507203123.jpg
CA3A0142_20120507203124.jpg
いつも静かに熱いサックスのお姉さまCA3A0143_20120507203125.jpg

CA3A0140_20120507202958.jpg
本番の写真、娘2号がデジカメ撮ってくれてたのですが、先程あたしが誤って全部消してしまいましたもーイヤ
最後の「アフリカンシンフォニー」は娘2号も乗っかってくれました


本番終わっての解団式。

「失敗して指揮者に叱られて、土下座の図」
では、ありません見えるようにわざわざ座ってるだけです
でもこの彼、前日、頭を4針縫ってますその名も4針オジサン
CA3A0144_20120507203126.jpg
CA3A0145_20120507203127.jpg CA3A0146_20120507203128.jpg


本番1発目のマーチのド頭で感じたのですが
「おっ!なんかスゲーっ!!」と。
本番が格段に良くて、本番に強いというか、ホント驚きました!!今まででは感じなかった事でした。

老若男女、プロも居れば初心者もいる期間限定バンド。しかも大人数。
あまりハードルを高くすることもできませんが、それでもどこまで音楽的に高められるか。で、指揮者の方は大変ですし、奏者も頑張りました!!


ぶっちゃけると、毎年の悩みの種が当日のみ参加される方。
ありがたい気持ちと、当日に、その方達のためだけに手間がかかる。ということ。

お客様に聴いていただく。という責任感があるから、なんとか仕事をやりくって、ほんの数回でも練習に出る。
そうやってくれてる人もたくさんいるのに、どうなんでしょ?
難しくてできないよ!って人でも、頑張って練習に参加してくれてます。


そしてやっぱり、学校の協力無しには成立しない!という事です。


とにかく、無事に終えることができて、ホっとしています。

副実行委員長として、実務的に委員長を助ける事ができなかった事が申し訳ないです。
実務を担うのが、副委員長以下委員のやるべき事なのに「私がやります」「手伝います」が言えなかった・・・。
企業の組織なら「コレやって」ってトップダウンできるんでしょうけど、PTAや自治会などと同様で、この手の組織のトップは中々それが言えないのが常。すみませんでした。


それから、ゲストのサト兄さん!!
本当にありがとうございました!!多くの人に、サト兄さんのサックスを聴いてもらえて嬉しかったです。美幸先輩のお陰でもありますね


ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。
広兼先生、大曲先生、ご協力くださってありがとうございました。
参加した子どもたちの保護者、先生方、ありがとうございました。
参加者のみなさん、遠路数回にわたり練習にも出てくれた方々、お疲れ様でした。ありがとうございました。
グラントワのみなさま、ありがとうございました。
そして、サウンドパレットと事務局のみなさん、実行委員のみなさん、お疲れ様でした。ありがとう!!


出雲から練習皆勤賞のマコト君。あんたは偉い!!
CA3A0130002.jpg  CA3A0131002.jpg
100人の吹奏楽へ社会人として戻ってきた穂乃美ちゃん!おっさんはうれしっ!!
CA3A0125.jpg
スペシャルゲストサト兄さんと同級生の先輩とまがりん先生!!

呑んだ!!

明日も呑む!!   あさって出張だけど・・・。

もー寝させてぇ~、あした早起きして風呂入って準備もするから!!

みなさま、明日はがんばろ!!イイ演奏会にしよ!!

おやすみなサイゼリア。
いよいよ今度の日曜日
ユニセフチャリティーコンサート「第12回 100人の吹奏楽」です!!無題

震災復興元年ということもあり、希望や夢や、前に進む勇気や、それら全てが明るい未来に向かっている。そんな想いを込めての「未来」です。
今回は三部形式。第二部はゲストステージで、益田出身のサキソフォン奏者、サト兄こと斎藤 了先輩をお迎えします。

第一部
・マーチ「夢と勇気・憧れ・希望」吹奏楽コンクールの課題曲だったものです。
・「明日に架ける橋」ご存知サイモン&ガーファンクルの名曲です。
・楽器紹介  各パートが独自で考え、ご披露します!! 手前ミソですが、トロンボーンはやらかしまっせ!!
・「A Song For Japan-日本に捧げる歌」世界中のトロンボーン奏者の繋がりで復興支援しようというプロジェクトがあって創られた曲です。トロンボーンアンサンブルで演奏しましたが→http://www.youtube.com/watch?v=ziX89w9Dt80&feature=player_embedded
その曲を吹奏楽大編成ようにアレンジされたものです。

第2部
益田出身、サト兄さんことサキソフォン奏者 齋藤 了さんのオンステージです!!
・「アヴェマリア」
・「チャルダッシュ」
・「煙がめにしみる」

第3部
・「バック トゥ ザ フューチャー」
・「ご長寿番組大メドレー」
・「名探偵コナン」メインテーマ  サト兄さんとあたしがバトル?
・交響曲第9番「新世界」より最終楽章(カットなし)

恒例になりました、ユニセフに協賛し、世界上の子どもたちを応援する意味でも
「アフリカンシンフォニー」
この曲は参加自由です!!どうぞ楽器を持参していただいて、ステージに上がって来てください!!
ラストは一緒に演奏しましょう!!

皆様のお越しを、心よりお待ちしております!!実行委員一同

ユニセフチャリティーコンサート「第12回100人の吹奏楽」
5/6(日)島根芸術センター「グラントワ」大ホール
開演pm2:00
入場料 前売券 500円 (当日700円)
さて、4/30。
準備1時間、吹くの5時間とミッチリ(でも足らないくらいですが)100人の吹奏楽の練習!!
この日はNHKやひとまろビジョンの取材がありまして
NHKの方、カメラワークがかなりアクティブで、あたしの目の前に来たときはカチンコチンになっちゃって指揮者から目線外せなくなって、間違えたらカッコ悪いから譜面見たいけど目線外せないしみたいな。実は小心者のあたしです。
どうせカットだと思ってたら映ってたそうですね

んで、Swing Phoenix in MARUFUKUです!!
前日にスタートが30分繰り上がったにもかかわらず、かなりのお客様!!ありがたいです!ヤバいっす!!
その後も、お客様が増えて満席状態!お客様がメンバーの数以上になると俄に緊張が走る当バンド、六日市からのアノお客様や死神屋さんなど良く知っている方もいらっしゃってたので、これまた緊張が・・・。
NEC_0096.jpg
動員もがんばりましたもんね!!

今回はリードトロンボーン新井さんの快気祝いliveでもありますCA3K0005.jpg3/11は出れませんでしたから


・(openning)「Georgia on my mind」
  Swing Phoenixのオープニング定番にするかもしれないと思ってアレンジした曲です。実はBLUE DEVILSのパクり的な還暦のコソさんのラッパをどーしてもお届けしたくて

・「A TASTE OF HONEY」
・「Recade Bossa Nova」
・「You and the Night and the Music」
・「It's Oh So Nice!」これまた還暦過ぎの新井さんの甘いトロンボーンがイイんです
・「The Tennessee Waltz」
  ここまでは曲順にテンポが遅くなるようにセット、ここんと随分と早目、賑やか目な曲が多かったので、ゆっくりまったりを多くしてみました。GWだしお客様にまったりして頂きたかったから
個人的にはバラードなどゆっくりな曲が大好きなんです、歌い込めるから。練習でもついついそっちの方に時間掛けてしまいます。 
ただ、テンポ遅いといろんな事がバレます
きっとお客様、まったりどころかハラハラだったのではテネシーワルツは泣けるどころか苦笑だったのかも
CA3K0001.jpg
ここで、「ハッピーバースデイたぁ~いむ!!」
この日4/30が、たまたまやっさんの奥様と娘2号の誕生日だったので、バンド用に曲を書いたんですけど、その初仕掛けになりました  会場全体でお祝いさせて頂きました
チョコレートパフェでおめでとーCA3A0119001.jpg

さ!ココからはイケイケです!!
・「BIRD LAND」
この曲には、ギターの速弾きsoloがあったのですが、急遽あたしが代行
というのも、この日やって来たギター君、アゴの大きなガーゼが貼り付け、指は腫れ上がってキズだらけ、「ゲッ!さては奥様にKOされたか!?」と思ったのですが、朝まで呑んでてブチこけたらしいのです。だから弾けないって ったくもーーーっ

・「YOU TOO」 メンバー全員がsolo取る、ミディアムブルースな曲
ところがそのギター君、soloの順番が来ら、まー弾くわ弾くわ!!
そしてライトハンド、そしてライトハンド!!みたいな。そりゃーもう大盛り上がりで
そもそもヘビメタギター君、カッティングやジャズっぽさはマダマダですけど、ロックやブルースには彼のsoloが面白くて
向上心と責任感がとても強い彼、マルフクセッションにもスゲー参加して腕を磨いています!!

・「OVER THE RAINBOW」
頭のsoloはクリア、途中アドリブでhighB♭16小節ロングトーンもまぁまぁで(まぁまぁ?)で終了、あとは強制アンコールで4月はエイプリル イン パリ

・強制アンコール 「April in Paris」
これもsoloを頂いたのですが、ところがどっこいリップグリッサンドで音数を増やすのにロータリ動かしたら途中で引っ掛て動かない・・・ボロボロになったのは言うまでもなく

こんな事言うと、お客様には不愉快な思いをさせるかもしれませんが、サックスのピッチが合わなかったり、アンサンブルが良くなかったり・・・入る所違ったり。もっともっと練習しないとお客様に失礼・・・。
お客様のあたたかい拍手が、本当にありがたかったです!!m(_ _)m
もっともっと良い演奏をお届けしますから、どうぞよろしくお願いします

あたしの長い・サブい・早口・パクリの4拍子揃ったMCにも耐えてくださってありがとうございました。
今回はお客様の「巻き」サインが全く目に入りませんで、存分にやってしまいました

早めのスタートとなったのは、新井さんの快気祝いをするためでして

今回はセッションメンバーも聴きに来てくれたのです、ありがとう!!
NEC_0098.jpg
そして、セッションへと夜が更けていったのであります。

マスター&ヨーコちゃん、ありがとうございました!!
そしてお客様!!本当にありがとうございました!!がんばりますのでよろしくお願いします!!

サックス、やってみませんか?
4/29、ミュージカルの合わせを終えて、The All Your Love Blues Band12周年記念ライブが18:00、
いつもの「にちにち食堂」でありました!!
CA3A0101_20120502000324.jpg背景の絵は「Food Rocker ふ~ちゃん」(以前一緒にやってたバンド「THE KEY」のヴォーカル)です

あたしってホント写真撮るのヘタクソ!!
CA3A0108_20120502000323.jpg  20120430222313221.jpgf-nieさんとこからパクってきました

ちゃんとしたレポートは毎度f-nieさんのブログへhttp://fender1961.blog97.fc2.com/blog-entry-756.html
バンドリーダーf-nieさんが、県外ライブでいつもお世話になっているバンドの方々を益田へお迎えして!ということでプロデュースしたLIVEです


松本ナリアツバンド(山口)
CA3A0102_20120502000325.jpg もう益田人と言っていい、いつもは弾き語りのナリアツ君が今回はバンドで!!周南Boogie Houseでのいつもの仲間です
この赤パンツ、素敵でしょ?!CA3A0103_20120502000326.jpg

よっしー with くり(山口)
CA3A0104_20120502000327.jpgブルース!!酔いどれブルース!!
岩国でいつもお世話になってる方々です。このデュオはかなり贅沢かも!!CA3A0105_20120502000328.jpg

                竹田農園(広島)
あたし的にはお久しぶりでしたCA3A0106_20120502000520.jpg
CA3A0107_20120502000521.jpgもうLIVE慣れと言いましょうか堂々たるもので、カヴァーだたら楽しいし!!
山本リンダメドレー!!CA3A0109_20120502000522.jpg

E-ZONE SHOW(山口)
CA3A0111001.jpgセクシーなおべべにやられちゃいそう、声量もグンバツ!CA3A0110_20120502000523.jpgカッコイイし!!

矢田草吉(久留米)
出ました、そーきっつぁん!!CA3A0112001.jpgどプルース!!しかもせつなく暗い
いや、本当にいっつも引き込まれます!!CA3A0113001.jpg 大好き!!

ザリガニ天国(広島)
CA3A0115_20120502000524.jpg聴くのは初めてです!!余裕の演奏で降参!!
CA3A0116_20120502000525.jpgハゲしいドラムのウツミさんはお久しぶりです


そしてラストは、あたしたちThe All Your Love Blues Band!!→http://fender1961.blog97.fc2.com/blog-entry-756.html

そしてセッション!!http://fender1961.blog97.fc2.com/blog-entry-756.html
午前中はミュージカルで中低音を、夜はココでR&Bを試すことになったのです。そ、買ったばかりのマウスピースをちょっと低音が。スロートが小さめだから当然ですが、慣れるでしょう!!


終了後、にちにち食堂で打ち上げ一次会!!
CA3A0117001.jpg  CA3A0118001.jpg

しっかし、ホント写真がヘタクソでごめんなさい
どうか、f-nieさんのブログや草吉さんのブログ(リンクにあります)へ行って、ちゃんとしたのを見てくださいm(_ _)m

遠路来られたバンドの皆様、にちにち食堂の皆様、そしてお客様(我が社のスタッフ含む)ありがとうございました!!
f-nieさんお疲れ様でした。


んで、翌日は100人の吹奏楽の練習、夜はSwing Phoenix LIVEとなるのです。
2時半まで呑んでて、am9:00にグラントワに集合、この日が初めてのキャストとの合せでした。
キャストの皆さん元気です!!
CA3A0098_20120501182638.jpg CA3A0099_20120501182638.jpg

さて、益田のミュージカルといえば、演奏者側的には余りイイ印象がないのですが・・・。
今回もバンドの初練習の時に、???なことがありましたが・・・。
ま、バンドへの対応が良くない事がこれまで多々あったらしいのですが、今回はバンド名があったり、チラシに奏者全員の名前が載ったりと(今までもそうだったのかもしれませんが)、より良いものを目指す者同士、一つのチームとしての意識付けがあるように思います。バンドが過度に持ち上げられてないのもイイです。
当然やる気も上がってる事だと思います。
きっとキャストの方たちに対しても良い仕事をされてると思います

そして船頭が多くないのがイイです


CA3A0100_20120501182639.jpg
あたしはたった一つのパートを演奏することしかできませんが、キャストの皆さんのために、そしてこのミュージカルのために、お客様のために頑張って練習に出て、良い演奏をします。
相手がプロでもアマでも、引き受けた以上は意見を交えながらどんな要求にも応えたいです。

そして夕方はにちにち食堂へライブの準備に

こんなミュージカルです→http://www.grandtoit.jp/theater/event/2012/06/post-24.html#000678