不良オヤジがなにを言う

1/30午前、31午後は岡崎耕二氏指導のキッズブラスでした。
CA3A0483.jpg  CA3A0487.jpg
あたしは休めなかったので、30日は昼から仕事。The All Your Love Blues Bandの広島jijiライブは残念ながら欠席。
閉店後、お酒に合流。

31日は、朝6時には出勤して、早退してキッズブラスへ。年寄りにはキツいぃ~(^^;)

「天井に榊原郁恵ちゃんのポスターを貼ってたのは俺じゃっ!!」と岡崎は言ったけど、記憶に無い。
じゃあ山本は壁に貼ってたのかなぁ。どうでもイイけど(^^;)

ああ、ニセ!シロウが「30年ぶりくらいに会うなぁ」と楽しみにしとるよ。でもあーたのブログの写真見て
「誰これっ!」だとさ(^o^)/

キッズブラスの練習もあと僅か、指導にも一層熱の入る岡崎氏!!
              CA3A0492.jpg


「おたまじゃくしの難しさ、というか奥深さというか、大切さというか、空の高さというか(マルフクマスターのパクリです)。
アッカコンパーニョでそれを痛感し、seminoでその高みに挑戦し、キッズブラスでそれを忘れぬよう初心に帰る。地元指導者などと言われてますが、あたしの場合は指導しながら教えられてるわけで。

おたまじゃくしのないものも、当然空は遥か高くて広いワケですが。

どちらにも共通すると思われる事が、「音を大切に演奏あるいは歌う」という事のような気がします。もちろん短長の休符も含めて。(ちなみに休みを大切にする何気ない例が、マーチの後打ちや、ジャズなどのシンコペーションの16分、8分、付点8分休符などかなぁと思いますが)

リンクにあるラメールジャズオーケストラの管理者ブログで「プロとアマチュアのちがい」について、
「個性と絶対的安定感」とありました。正にそうだと思います。
そしてついでに付け加えるなら。「白球の演奏の仕方」じゃないかと思います。

楽譜があろうが無かろうが、旋律であろうがバックであろうが、単音だろうが複音だろうが、そんなの関係なく、
楽譜で見たとしたら、とても簡単な楽譜の部分。4分音符や2分音符や休符、それ以上の長い音符や休符。音の高低もさほどなく。

ココに違いがあるように思います。

あたしはトロンボーンなので、その役割上の事もあって、白球が大好きです。特にバックでパートでハモッての白球は燃えます。pppなんて記号が付いてたら更にウキウキします。
どうやったら主役が引き立つか!!に全神経を集中させます。
より主役が引き立ちつつも、全体としては自分達もそこに存在する。これが感じれたり感じて頂いた時は、至福になります。

ただし、あたしが上手に白球を演奏できてるワケではありませんが(^^;)

「簡単な音(楽譜)」のキッズブラスの曲は、そういう意味でカナリ勉強になります。

毎回、安定した土台でないと主役は困ります。
主役が自由に、あるいは気持ちよくできるためには、安定と即応できる土台が必要かと。

CA3A0488.jpg CA3A0490.jpg


子供たちもだいぶ硬さが取れて、曲もイイ感じになってきました。何かしら感じて、熱が上がってる子もけっこういるみたいで(^^)
トロンボーンの子たちですCA3A0485.jpg   100131_1436~01



しばらく間があくのが不安ではありますが、みなさん!一生懸命演奏しましょっ!!(^o^)

みなさま、ありがとうございます! 頑張りましょっ!!
スポンサーサイト
オーボエ奏者「山本直人」
高校時代の通称「ニセ」または「なおっち」
本人のブログはココ  「巨人・オーボエ・卵焼き」ってタイトル。「巨人・大鵬・卵焼き」をもじったもの。
でもね、ここだけの話、彼は榊原郁恵ちゃんの超ファンだったの!高校時代、部屋の天井に、巨大水着ポスターが貼ってあったの!はち切れんばかりの○ッパイが大好きだったみたい!
ちなみに岡崎耕二の部屋はねぇ・・・。覚えてない。白いイメージとアップライトピアノとベッドとぉ・・・。エロ本が死ぬほどあった!(なんちゃってぇ

ニセは針金のような髪がたっくさんあったのよ!
益田中学校で初めはコントラバスだったの。
彼のブログのプロフィールで「興味のある事」に○っぱいがないのは許せん!

高校時代は山本直人、岡崎耕二、当時ホルンで、現大物議員秘書の○本浩二の四人は、よ~くつるんでた!

あたしんちで、えっち(岡崎のあだな)とニセとあたしと、それぞれの彼女がきて、トリプルデートしたんだよ!
自宅だよ、あたしの! ありえない!! でも1979年、1980年はそんな感じだったのさ!

暴露話は山ほどあるけど、まぁこの辺で(^^;)



アレンジしなきゃなので、ブログ更新が鈍くなるかもです(^^;)
ニセのブログへ行って、荒らしてやってください!!





名古屋フィルのHPはコチラ

彼が主宰する名古屋ダブルリードアンサンブル(NDRE)はコチラ
今日、「第10回記念100人の吹奏楽」の初めての練習でした!

小学校低学年の子から、活き活き中高生、イケイケの若人から(数年前の)お姉さん方からオッサンまで、老?若男女の音楽好きが、たくさん集まりました!! 

今回は娘1号が受験で参加しませんが、娘2号が同じトロンボーンで参加です(^^;)

初参加の人、ずっと参加している人。
これも何かのご縁です。
一参加者として、みなさんに感謝します!ありがとうございます!!

「木星」は、この初回練習で、最後1回通しでやることができました!(ブラボーッ!ってクラリネットさんの心痛をほっといてゴメンなさい

楽器を始めてからホンノ数か月の人から、プロまで。
そして、年齢を大きく越えて集まって。
こんな人達が集まって演奏できる機会は、そんなに無いと思います。

そりゃあ、どうしてもできないところもあるでしょう。
求められるように、上手に演奏できないこともたくさんあるかもしれません。
演奏レベルに物足りなさを感じて吹いてる人もいるかもしれません。
聴いてくださる人の中には、「ヘタクソな演奏」と思う方が居ても当然です。

んが、「上手に演奏したい」と思わない人はゼロだと思います。

何よりそれが、一番大切な気持ちだと思います。

ヘタクソでもイイんです。その気持ちを持って、一生懸命練習し、演奏しましょう!

ナンバー1を目指し続けたり、「さすが」と思われる演奏をするところは、他にあります。

個人的にはナンバーワンを目指すのも好きですが(ホントはナンバーワンとオンリーワンの両方がイイですけど)、ここ「100人の吹奏楽」では、オンリーワンの演奏ができたらイイなぁ。と思います。

せっかくですから、上手な人の演奏を同じ奏者という立場で感じてみましょう。
会話をして、どんな人なのかを感じてみましょう。イジってみて、化けの皮をはがしてみましょう(^o^)/
きっと面白いですよ(^o^)

「つながり」、「時間~時代の流れ」、「世界~地球」。そして今回は「宇宙」。
テーマを掲げての演奏会も、テーマ自体にもつながりができて、悪くないと思います。



まだまだ、参加申込みできますよ!!練習日に来てください!!

吹く楽器を持って無くても、叩くという手もあります。打楽器で、鈴でもマラカスでもなんでも、やってみませんか?


さぁ、みなさんっ!ハリキッてまいりましょう!!





「100人の吹奏楽」は今年で10年、第10回を迎えます!!

本番は5月9日(日)グラントワ大ホールです。

記念すべきコンサートに、特別ゲストとして

ピアノの白石光隆さん

益田出身の名古屋フィルハーモニー交響楽団首席オーボエの山本直人さん

をお招きする予定です!!(彼のオーボエは是非聴いて頂きたい)


1回目の練習は今月1/24(日)12:00から益田市社会福祉協議会(通称:福祉会館)(益田市須子3-1)
2回目は2/7(日)12:00から益田市社会福祉協議会
以降
2月26日(金)18:00~21:00 高津中学校
3月7日(日)12:00~16:45 通称:福祉会館
3月22日(月)祝日 12:00~16:45 通称:福祉会館
3月27日(土) 18:00~21:00 高津中学校
4月11日(日) 12:00~16:45 通称:福祉会館
4月18日(日) 18:00~21:00 グラントワ スタジオ1
4月25日(日) 12:00~16:45 通称:福祉会館
5月5日(水)祝日 12:00~16:45 通称:福祉会館
5月8日(土) 18:00~21:00 グラントワ スタジオ1 ゲストと合わせ

今回のコンサートのテーマは「宇宙」

「木星」
演ります!!

懐かしの課題曲だった「オーバー ザ ギャラクシー」とか!

大変な難しい曲はありまあせん、気軽に参加してくださいな!!
練習日に来て頂いて参加の申し込みができますから、是非来てください!!

あなたも出ましょう! 演奏しましょっ!!
に出ますぅ~。

詳しくはリンクのBom?Toroかコチラで(^^;)
昨夜は皆様、2010年1発目。
マルフク「スイングナイト」にお越しいただいて、ホントに、本当に、ありがとうございました!!

「鍵盤ハーモニカ藤井」のどソロからセッションへと、

藤井さんの鍵盤ハーモニカ&あたし。そのあとドラム公男ちゃんが入る。
そしてシルバーソニックを巻き込んで。

もちろん、なんの打ち合わせもナシですが、さすがに藤井さんと公男ちゃんです、良かったと思います。

そして、スイングフェニックス

「マシュケナダ」
「ラストコール」
「ファットキャット」
「ナイトインチュニジア」
「ムーンライトセレナーデ」
「セントルイスブルースマーチ」
「ユービーソーナイト トゥ カムホーム」
「インザムード」
無理やりアンコール「Rock it and Lock it」

アンコールには竜ちゃんも参加してくれました!!狩野さんもブッ飛んでくれました!!

これからも頑張りますので、よろしくお願いしまぁ~す(^^;)

マスター、ありがとうございました!!(是非、コチラをご覧ください)

その後は、藤井さんと初参戦のギタリスト伊藤君(だったっけ?)のアコースティックセッション!
初の、しかもメタラーのギタリストとは思えないくらい、イイ感じでした。
2010年1発目のスイングナイトは
「マルフク」今度の日曜1/17です!!

19:30くらい(くらいって)から、スイングフェニックスのメンバーがミニセッション!お時間ある方は楽器持って、どうか混ざってください!!m(_ _)m

んで、休憩を挟んで21:00「スイングフェニックス」でビッグバンドジャズをお届けします!!


40周年記念コンサートは12/5(日)グラントワ小ホールに決定!!
そのための新曲を1つだけ初お披露目しますっ!!

皆様のお越しを心から、心からお待ちしています。


益田には私達「スイングフェニックス」以外にも、「スイングパラダイス」や「熱狂楽団TAPASCON」、「パッショナート」などのフルバンドがあります。
当然「益田市民吹奏楽団」も!
是非、子供達に観て聴いて欲しいと思っています。
これだけじゃないんだけど、たくさんたっくさんあるんですけど!

吹奏楽部のみなさんには絶対参考になるし、視野も感性も広がります。
管楽器の人はもちろんのこと、
ドラムやパーカッションの子達には絶対絶対、絶対絶対勉強になりますっ!!

ジャンルに関係なく、ロックやポップスなどなど音楽が好きで、演奏してみたいと思ってる子供達にも
是非、聴いて観てもらいたいと思います!

このブログを見てる高校生!!
そして中学生、小学生のみなさん!(って見てないか)
観に来てください! 友達や兄弟や、誰かを誘って来てください。
みなさんの父ちゃん母ちゃん。いや、おじいちゃんおばあちゃんくらいの人だってやってるんですよ!!
昔はみんなと同じ「子供」だった人達です!!

マルフクなら、入場料なんて払わなくても観れる音楽がたっくさんあります。

お父ちゃんお母ちゃんに言って、連れてってもらってください!
ケーキもジュースもありますよ!(タダじゃないけど)

いろんなバンドのみんなみんなが一生懸命演奏してますから!!


CA3A0481.jpg
またしても頂いちゃいましたぁ!

お酒にウンチクはありませんし、肥えた舌も持ってません。基本はアルコールなら何でも派(派?)ですし、高い安いは解りませんし。

あたしが泡盛が好きな理由は、
あたしだけカモですが、アルコールっぽい匂いというか、味というか。そういうのが無いと感じるからです。

中学のときレッドやホワイトをコーラで割って&チーズビットつまみに呑んで、ゲロまくった日々がトラウマになってるようで(^^;)

無礼かもしれませんが、あたしには最高の睡眠導入剤のひとつです(^^;)

兄さんすんません、ありがとうございます!!
「誰かが、何かが悪い」「誰かの、何かのせい」
って言うのは簡単。

当事者意識や責任を自覚している人ほど、そういう事を言わない。

愚痴は精神衛生上必要だと思うからそれは別として。

不平不満を「改善案」としてぶつけることができるのが「大人」であり、「本気」な証拠。

だから、そういう人は「誰かが、何かが悪い」「誰かの、何かのせい」のそのあとに、

「こうしたらもっと良くなるんじゃないか」と改善案言う。

これすなわち、逆の立場の人の事も察してる。ってこと。

だからそういう人は、矛先を外さない。

責任感に裏打ちされた勇気を持って、しかるべき相手にモノ申す。

そこで初めて「なるほど一理ある」とお互いが理解できる。

そうすると、さらに良い知恵が出る。

遠回りかもしれないが、きっと素晴らしい結果が付いてくる。



きっとそうだと、あたしは信じてる。

改善案ではなく、不平不満非難批判を言えるって事は、自分はまだ、自分のケツを拭いてくれる誰かが居るポジションである。ってことの証拠。

例えば、自分の子供の事を誰かのせいにする親って「生き物として」あり得ないでしょ!(って現実にはあるんだけど)



本質を見失わない子供の純粋さと、責任を自覚する大人の強さを身につけたい。


いつか  いつか  こんなダメ人間なあたしでも・・・。そうなりたい。

「100人の吹奏楽」は今年で10年、第10回を迎えます!!

本番は5月9日(日)グラントワ大ホールです。

記念すべきコンサートに、特別ゲストとして

ピアノの白石光隆さん

益田出身の名古屋フィルハーモニー交響楽団首席オーボエの山本直人さん(あたしと同級生で益田高校吹奏楽部OB)

をお招きする予定です!!(彼のオーボエは是非聴いて頂きたい)


1回目の練習は今月1/24(日)12:00から益田市社会福祉協議会(通称:福祉会館)
2回目は2/7(日)12:00から益田市社会福祉協議会


今回のコンサートのテーマは「宇宙」

「木星」
演ります!!

練習日に来て頂いて参加の申し込みができますから、是非来てください!!

メチャメチャ待ってまぁーすっ!!

あなたも出ましょう! 演奏しましょっ!!
今日は1日中、そして明日も半日。
CA3A0476.jpg
角田健一さんが「浜辺のうた ジャズヴァージョン」をひっさげて来てくださっての練習です。

先月は岡崎耕二さんだったし。

角健さん流の、身体を使ってジャズの楽しさを教えてくれてます。
CA3A0477.jpg   CA3A0479.jpg

超一流の顔や声や指導や、そして角健さんのように自分も演奏しながらなんて機会に巡り合えるのが、このキッズブラスです。
市内の小学校中学校には、たくさんの吹奏楽部があります。
一年365日のうち、10日あるかないかの、この素敵な機会を、体験できない子供達はけっこう多いです。

人の一生のうち、身も心も無垢な「子供」でいられる時間は15年~18年。
自覚の育っていない0歳から5歳くらいを除くとせいぜい10年から13年。

小学校の吹奏楽部は長くて3年。小中高と吹奏楽部を続けたとしても、実質8年間あるかないか。


そんなわずかな期間に、超一流の演奏家と一緒になれる機会があるわけです。

そんな機会を、子供達に与えてあげられない理由とは、「行っておいでよ」と指導できない理由とは
どんな理由なんでしょうか?
子供が凄まじい代償やリスクを負わないと参加できないくらいのモノなのでしょうか?
それともキッズブラスは子供のためにならないのでしょうか?

「音楽を教える」という事はどういうことなのでしょうか?
キッズブラスの練習日に、部活やってたとしたら。もったいな~~い!!
部活は平日にもやってないんですか?
1か月のうちの2、3日は部活にとってそれほど痛手なのでしょうか?

まぁ、あたしは現実を知らないので好き勝手に言ってますから「バカかお前!好きに言ってろ!!」なんでしょうねぇ(^^;)

枝葉のことは置いといて、
「こういう機会がある」これ自体は子供達にとって、そんな良くない事ではないと思うのですがぁ。
純粋に、単純にその事に対して、「行っておいで」と言ってあげられたらイイんでしょうけどぉ。

CA3A0480.jpg
と、偉そうに語ってしまったアタシですが、
娘2号(4年生)は「今回は出たくない」って言いました。意外とそんなもんなんでしょうね。
(しかし、中学生が少ない。もったいなぁのぅ~。新年会行ってきまぁ~す)


1/6(水)は
ジャズピアニストの工藤 隆さんが来られるということで、前回行けなかったのでセッションに行ってきました!

CA3A0471.jpgこれは工藤さん+yumedono band

あたしは10時頃退散するつもりでしたが、結局0時前だったような(^^;)

工藤さんは、こうやってその場所に居るみなさんをいるでもどこでも撮影してます。CA3A0473.jpg


あたし的には、この瞬間を楽しもう!とアンテナを張りまくってやりました。硬さが抜けなかったあたしですけど、スリリングでセッションの醍醐味はスッゴク味わえました!感じ合えたし!!

CA3A0474.jpg成長してなくてごめんなさい。ありがとうございました。すんませんでした(^^;)

工藤さんのブログはコチラです。
マルフクのブログはコチラで。
そしていつものようにf-nieさんのコチラで(^^;)。
続きまして、お正月3日は
The All Your Love Blues Band のCrazy Blue Hornsで演奏しました。

小田桐さんのアドバイスのお陰で、数年前から、唇が疲れることはほとんどなくなりました。
んが、
体力は消耗します。
このバンド「も」低音から超高音まで使います。ですが、演奏中腹筋が痛くなるのはこのバンドだけです。(正確にいうとHOLD ON I'M COMIN'という曲です)
楽器を鳴らすためにも、とっても有効な演奏ができるバンドです。ソロとハーモニーを使い分けるのにも意識しやすいバンドです。(ハーモニーはまだまだですが)

pppからさらにディミ二エンドして消えそうで消えない音。
それでも響きがあって、かすれない音。
そのためにはfffがたっぷりと鳴って、楽器が響いてくれないとそのような音は出ません。(もちろん音が割れてはだめですが)
言い方を変えると、唇の(リードの)わずかな振動も楽器が拾って響いてくれる(管楽器は全てそうです)そんな楽器にしたいのです。前の楽器のように。

柔らかく、でもこもっているのではなく、艶のある音。

これがあたしの理想とする音です。

ユーホニューム、フリューゲルホルン、アルトホルン、コルネットなどのサクソルン属の楽器の本当の(本来の?)音色をご存じですか?イギリスの金管バンド等を聴くとわかりますが、決してこもった柔らかさではなく、とても艶やかで柔らかい音色がします。管の曲がったところが多い楽器は柔らかい音を出すためのものですが、その分抵抗が増えるのでこもった音を柔らかい音と勘違いしてしまいがちです。それらの楽器が鳴ってくると、この上なく甘くやわらかく豊かで艶やかな音がします。

話がそれました(汗)

声は身体が楽器です。

管楽器も同じです。声でいう声帯が唇だったり(リップリード)、息だったり(エアーリード)、リードだったりする。それだけです。

非合理的で、非効率的なのですが、あたしは

一つのマウスピースと一つの楽器で、存在感のある音から、溶け合ってしまう音まで表現したいと精進しています。

耳をつんざく音から、豊かで柔らかい音まで。

轟音から、蝶の羽音まで。

ま、そう思ってる。   ってことで、できるかどうかは、また別のお話(汗)

トロンボーンという楽器は、その構造からしても、とても幅広い表現ができる楽器なんです。


んで、マルフクの模様はというと、今年もコチラをご覧ください(^^;)なんちゃって。
本日、お正月2日

益田市の成人式で演奏させていただきました。
DSCF0161.jpg

        新成人のみなさん、おめでとうございます!DSCF0182.jpg

DSCF0174.jpg 「お酒のんでますかーーーっ!!」なんてMCをしてしまいました(^^;)「おバカな大人になりましょう!」なんて!!あぁ~~ヤバいヤバい(ToT)


セットリストは
マシュケナダ
ラストコール
ルパン三世
インザムード
DSCF0177.jpg  DSCF0176.jpg  DSCF0173.jpg

スイングフェニックスは40周年になります。
今年12/5はグラントワ小ホールにて、40周年記念コンサートをいたします!
2010年も「スイングフェニックス」をよろしくお願いします!!


岡崎耕二から「早く一人前になるように」と年賀状が来た。
てやんでぃ! 今に見てろっつーの!!      あは、あはは(^^;)
あけましておめでとうございます。

今年も、1日24時間もある!
という気持ちで参ります

みなさんは、とにかく健康でいてください。



本年も、よろしくお願いいたします。