不良オヤジがなにを言う

ソロ活動は初めてでした(^^;)

こんな曲をやりました。
solo
   日本の四季(4曲)+ふるさと
   楽器紹介(新幹線、牛、にわとりetc)
   エーデルワイス
   オーバー ザ レインボー
   ロンドンデリー エアー
   星に願いを

duo
   見上げてごらん夜の星を
   幸せなら手をたたこう
   アメイジング グレイス

MC入れて35分くらいでした。
スポンサーサイト
コメントの有無にかかわらず、気にしてくださったみなさんのお陰で、無事に、そして楽しく訪問演奏
することができました。本当にありがとうございました。

畳の上での演奏はBom?Toro以来2回目。CA3A0204.jpg


お世話してくださったお母さんやおばあちゃんがご近所やお友達を呼んでいただいて、
ゆう君の担任の先生も来てくださって、手拍子やら歌ってくれたりと、楽しく演奏させていただきました。
皆様、本当にありがとうございました。貴重な体験ができました。

よく知られてる曲を短めにやったので、飽きもこなかったのではと(^^;)
ちょっとクセになりそうです(^^;)

演奏者からパチリ!こんなことめったにできないし(^^)CA3A0205.jpg


ゆう君は、はじめは寝てたんですけど、新幹線や牛をやった頃お目覚めだったらしいです。
楽しんでもらえたようで、本当に良かったです。
どうやらゆう君は低い音がお好みとのこで。

自分で言うのはいかがなものか。と思いますが、とても良い演奏ができたと思います。

やさしく、やわらかく、そして1音1音丁寧に演奏しました(でも、もっと丁寧にやらなきゃダメだ)

何か感じてもらえただろうか、伝わったかなぁ・・・。きっと伝わりましたよね。

このことをバネにして、いろんな方々と、そしていつも聴いてくださる方々に、もっと心地良い演奏ができるように頑張っていきます。


「この歳になって、目の前で演奏を聴けるなんて」という声も聞こえたりして。嬉しかったなぁ。



おんぷちゃんには、伴奏に演奏にと、お手伝いいただいて、すみませんでした、ありがとうございました。CA3A0206.jpg CA3A0207.jpg

仕事があったので、僅かな時間しかおしゃべりできませんでした、もっとお話ししたかったぁ。

ありがとう、ゆうくん! お母さん、おばあちゃんありがとうございました。みなさんもありがとうござました。また聴いてくださいね。


CA3A0208.jpg
帰り際にいただいちゃいました。チョコレートムースのケーキ?ウッシッシ!


今までとは違う緊張感が、とてもちっちゃいけど確かに今ここ(気持ちん中)にある。
あるがままに、思いを込めて、一音一音。

「演奏」しよう。



演奏は午前中。終わったら仕事!

寝よ
ピアノの先生

広島に居た頃の4歳のとき、1年間だけ習ってました。

顔はおぼろげながら覚えています。名前は忘れてしまいました。ご尊命なら齢80前後かと。

自宅レッスンの女性の先生です。

家にピアノなんてないから練習はできません。


授業で使う黒板を指すような棒で、毎回指を叩かれ、その度に泣いて。


みんな泣きながらレッスンしてました。

みんな自分の番までシーンと、おとなしく待ってるわけではなく、他の子とドタバタ遊びながら自分の番を待つ。って感じでした。

苦痛に思ってレッスンに行きたくない。と思った記憶はまったくありません。



不思議です。



たったこれだけなんですが、やはり恩師と思えるので(^^;)

もちろん、自分から習いたいと言ったわけではないので、両親に感謝なんですけど。
障害で寝たきりのお子さんは、確か高校1年生。

グラントワの「いつどこ」でSemino(フルート、トロンボーン、ピアノのトリオ)で演奏したときに、たぶん養護学校の生徒さんの中に居たんだと思います。その時は気付きませんでした。

その子のご両親は、うちのお客様でもありまして、更にお父さんは同級生。


その子がトロンボーンの音色に、とても良い反応をしたんだそうです。

それがあたしだったので、「自宅に来て聴かせてやってくれないか」、という話になりました。

勘違いなのは解ってますが、トロンボーンの音色ではなく、「私のトロンボーンの音色に」と思ってます。

「役に立ったんだ」と思えて、すごく嬉しいです。光栄です。


訪問し演奏するのに、心配と不安もあります。

とても良い響きがするグラントワの美術館エントランス。そこでは心地よく聴こえたとしても、
自宅のお部屋で、そして目の前で音を聴くとなると、聞こえ方は全く違うはずなんです。
だから、あの時は良くても、今回はまったく不快に感じるんじゃないかと。

なので、ちょっとずつ様子を観察しながら演奏しようと思ってます。

ご両親やご本人、ご家族の、これまでの苦労や努力を軽々しく口にはできないと思うので
とにかく、

その子とご家族のみなさんのために、心やさしく一生懸命演奏しようと思います。
が、あやしかったらスグやめます。
把握しきれなくなったスケジュールを並べましょ。

5/22(金)ミーティング(グラントワ)

5/26(火)ご自宅訪問演奏

6/5(金)美都町「ほたるミニコンサート」詳しくはコチラで。 (フルートデュオ「ミルメリー」に拾って     頂いて、カホン&トロンボーン演奏をちょろっと)

6/6(土)定演前日練習

6/7(日)益田高校吹奏楽部定期演奏会 グラントワ大ホール pm2:00 無料
       保護者としてお手伝い&ちょっと演る
 〃    マルフク「ブルースセッション」(The All Your Love Blues Band with       CBH+M'gs) 
6/14(日)翔陽高校同窓会 (スイングフェニックス)

7/4(土)広島「JIJI」ライブ (The All Your Love Blues Band with CBH+M'gs)
       行けないかもぉ~(ToT)

7/5(日)グラントワ「いつでもどこでも音楽祭」東京都交響楽団のメンバーによる金管五重奏
 〃    マルフク「ブルースセッション」? (The All Your Love Blues Band)

7/13(月)島根銀行益田支店 「移転オープン記念コンサート」っていうタイトルじゃないと思う       (Semino)無料

7/18(土)石正美術館コンサート「石見ふるさとコンサート」pm2:00(Bom?Toro、Semino)無料


7/31(金)岡本先生からいただいたミニコンサート(Semino)

9/5(土)東京都交響楽団コンサート

9/13(日)(アッカコンパーニョ)詳しくはわからんけど本番

ってとこかぁ。

よかったら是非、聴きにお越しください。子供達に聴いてほしいなぁ~~~っ。
明日、5/17日曜。
マルフク
PM8:15(汗)
スイングフェニックスのスイングナイト!!
2部構成でスイング、ジャズをお楽しみください。
小学校の時の音楽の先生 吹奏楽部の先生  岡本先生。

今度、この先生のはからいで、近隣の方を招いたミニコンサートをさせて頂くことになりました。

当時、吹奏楽部は高津小と鎌手小くらいで、吉田小はトランペット鼓隊でした、すぐに吹奏楽になりましたけど。(吉田小では、あき○さんも赤いベレー帽かぶってやってたんだそうで。同級生では岡崎耕二がいて、お互いの親の仕事が同じだった関係で何気に彼を知ってたけど、なんかイイとこの子的オーラーがあってヤな感じだった

そういえば鎌手小は、指定校になってて、色付きの楽器がたくさんあって「スゲーっ!インベリアルモデルじゃぁ~」って言ってました。インペリアルモデルはベルの部分がレッドブラスでピンクっぽい色なんです。あたしらはカレッジモデル。

話がそれましたが、
その岡本先生が、トランペット希望のあたしをトロンボーンにしたんです。
「なんで、トロンボーンなんですか?」と聞きに行ったものでした。

スッゲー厳しい先生でした。叱ることは度々、でも怒ったことは一度もないと思います。ちなみに、鎌手小や吉田小の先生やきっと他の学校もでしょうけど、この頃の音楽の先生は鬼のようにおっかない先生ばかりでした(汗)
いえ、それはそれは熱い先生ばかりでした。
おっかないけど、萎縮もせず、みんな楽しく熱く練習していたと思います。

高津小学校吹奏楽部
岡本先生のこの部は、今思えば、音楽を演奏することの楽しさと敬意を最初に体験し、教えてくれました。
当時のメインイベントは、吹奏楽祭と運動会。
例えば吹奏楽祭、
「シ・トレカデロ」というマンボでは立つ立つ。ゆれたり、右左向いたり。そして歌うし。
「リートニア序曲」ではテンポも拍子も変わる中、ためるためる。

例えば運動会
今でも恒例の、昼休みもそこそこにやる午後の部一番目の出し物。鼓笛パレードのフィールドドリル!
今では曲もフォーメーション毎年同じで代わり映えしないのがなんともですが。当時は毎年変わってました。もちろん先生が考えるんです。
今だからこそスゲーって思うのは、新益田音頭!まず踊りの振り付けをマスターさせられ、次にその踊りのように楽器を動かし踊りながらのフォーメーション!益田祭りのパレードでもやりました。
どうですこれって!すごくないですか?!

「聴く人を楽しませる」という心意気は、ここで植えつけられたのかもしれません。演ってるこっちも楽しかったし。
キットこのお陰で、大学でマーチングに出会った時、のめり込めたんだと思います。

毎日毎日、日が暮れても練習。でもそれが特別な気がして楽しかったです。

先日おんぷちゃんと「100人」のお誘いを兼ねて、ご挨拶に行きました。
おんぷちゃんも同じ高津小で、トランペットをやってたんですよ、シシシ
大変喜んでおられました。「こんな小っちゃくて痩せててぇ」、「遠くの子が、家に帰ったという電話があるまで晩御飯は絶対食べなかった」、「年に2回は広島と安来にマーチングの勉強にも行ってた」、「全身全霊すべてを尽くしてやってた」、「教師冥利につきる」などなど、もう立派なおばあちゃん(失礼)ですけど、丁寧な言葉使いでお話を頂戴しました。
教え子が地元でやっていることが、とても嬉しそうで幸せそうでした。プロでもなければ上手でもないこんなあたしなんかに。ねぇ。
きっと教師の方は、みなさんそうなんですよね。そして音楽に限らずね。

何十年かの時を越えて、あたしが演奏してるのを見ていただいて。そこには介在する感謝すべき存在があって。
「ご縁」
ありがたいです。

特別な話ではないのですが、書いてみました。
だって総理大臣さんや大統領さんの担任だった先生とか、それはそれは、幸せでしょうから。

先生、いつまでもお元気で。そしてまた誉めたりダメ出ししたり(主に誉めたり)してくださいね。


首が痛いぃ~~。
何年かブリのカラオケで、ヘッドバンキングやったからだぁ。
Clazy blue horns + Moria-girls
の打ち上げでした(^o^)
おやすみなさい
相変わらずヘタくそで、ヒマもなくてイイ写真はありませんが、ノッケテしまえッ!って感じで(^^;)

本番前
CA3A0185.jpg CA3A0187.jpg CA3A0186.jpg CA3A0189.jpg

地図のタイトルを書く先生。誰も気付かなかった事に唯一気付いて頂いて助かりましたCA3A0188.jpg

CA3A0190.jpg CA3A0192.jpg CA3A0191.jpg
CA3A0193.jpg

受付としても助けてくれる方々。お客様は並んで頂いてて、本当にありがたいと思います。
CA3A0196.jpg CA3A0195.jpg CA3A0194.jpg CA3A0198.jpg


おっさんとおばさん。こんな大人になってはいけませぬ(ケッケッケ)
CA3A0199.jpg

隙間を惜しんで練習する人だっています。CA3A0197.jpg


にじかぁ~い
CA3A0202.jpg  CA3A0201.jpg  CA3A0200.jpg
一次会→練習へ行って来て→二次会へ。そんな団長さんもいます。こういう大人になってください。(シッシッシ)



CA3A0203.jpg二次会でおやすみぃ~。お疲れ様でしたぁ。   


誰のお陰とか、誰のせいとかじゃなく、一人一人の前向きさが集まってこそ。
そしてお互いに感謝しあえたら、それが何よりかと。

出演者、スタッフや裏方のみなさん、お疲れ様でした!!そして、ありがとう!!

お客様、保護者の方々、ありがとうございました!!

例年より1曲多かったのですが、なんともアッという間に終わった感じでした。

今年も美味しい乾杯ができました。みなさんに感謝です!! 自分にもちょっとだけ感謝。

毎年松江から聴きに来てくださる方々もいらっしゃるなど、市外からもたくさんのお客様が来て頂いてます。

音楽は有史以前から、「表現」(伝達や告知)の手段の一つ。芸術の中の一つになってからも、その本質である「表現すること」は変わる事はありません。
ということは、その表現を「受け取る側(聴く側)」が常にありき。だと思います。(もちろん人前で演奏することが全てではないので、無理矢理聴く側を考える必要もないことだってあるし)

私達はどういう訳か、プロアマに関係なく「楽しそうだね」「上手だね」と思っても、また聴きたいとは思わなかったり、また聴きたいと思ったりします。イイ曲だねと思ったり思わなかったり。

以前の話ではありませんが、音楽を作ったり演奏したりして表現するとき、それを演奏したり聴いたりする受け取る側への想いや誠意やなんやらかんやらで、違ってくるんでしょうね。

もちろん、所詮好みの問題ですから.。   そんなことより

このコンサート、親子の出演も増えましたねぇ。 うちは娘が高3で出ませんでしたが、すばらしいです。高校卒業しても出てくれたり、社会人になったら必ずまた出ますと言ってくれたり。
老若男女が本番に向かっての、こんなコンサートはざらにあるものではありません。
特別だと思います。格別だと思います。

いつか、この子供達が、実行委員としてより素敵なコンサートにしてくれることが楽しみです。

お疲れ様。  ありがとう!  またね!
って、今日か。
みなさん、
やりましょうね。
昨日の19時前ごろ。

沈もうとする でっかいオレンジ太陽

反対側に

昇ろうとする でっかいホワイト月

仲をとりもつデッカイ風車



さて。やるか。
「管弦楽アンサンブルと100人の吹奏楽」5/10 開演14:00 前売り500円
100人ぽすた

一昨年は「つながり」をテーマに、昨年は「時間・時代の流れ」をテーマに。そして今回は
「地球・世界音楽めぐり」がテーマです。
バランスよくキッチリ巡っれなかったので、そこはご勘弁を(^^;)

でも、今回も、いいコンサートになると思ってます。

ご来場、お待ちしております。
ポスターやプログラム、司会の原稿から校正、本番のためのアレやコレやの準備。打ち合わせに会議になどなどなど・・・。たっくさんの事を見えないところで見えない方々が、時間を割いてやってくれてます。
参加されるみなさん、そしてお客様すべての方々が満足できることを目指しています。が、なかなか簡単にはいきません。「申し訳ない」と、思いつつ「本番」に向けて子供も大人も誰もが、自分の出来る事を、できる範囲で、できる限り一生懸命やってます。どこかで決断決定しないと進まないのも事実。
とか言っても、みんな「好きだから」やってまぁ~す。(って、そうじゃないかなぁ。とあたしは思ってます)
毎年毎年、不平不満もでます。
が、
これは、みなさんが参加しているみなさんの、私達のコンサートです。
一人一人が当事者意識を持っていただいてることに感謝します。

わたし個人的には、誰もが評論家であってほしくない。 不平不満を建設的意見として提案し、一緒に悩んで行動してくれる実務家であってほしい。と願います。


今日は10時から合奏スタートです。8時半過ぎ、パーカッションを練習会場まで運ぶのですが、すでにサウンドパレット号は到着してます。CA3A0141.jpg 
この階段を何度か往復。練習の度にやってます。CA3A0145.jpg CA3A0146.jpg

CA3A0143.jpgなんだこの世界地図は?・・・ウシシ。


ソレ積め、ヤレ積め!CA3A0147.jpg

練習場準備CA3A0148.jpg 

ソレ降ろせ、ソレ降ろせ!CA3A0149.jpg

集まってきましたCA3A0150.jpg CA3A0151.jpg

10:00練習開始
広兼先生CA3A0152.jpg CA3A0155.jpg

CA3A0159.jpg本日はVIP待遇で(ってか?)、一段高い所でのコンバス軍団!


今日は1日練習なので昼飯タ~イム。
CA3A0160.jpg CA3A0161.jpg CA3A0162.jpg CA3A0163.jpg CA3A0166.jpg CA3A0165.jpg CA3A0164.jpg CA3A0167.jpg CA3A0168.jpg 
CA3A0169.jpg両手に食い物、動物園ではありません!(爆)

CA3A0171.jpg激写!車中で密会ランチか?!  って夫婦じゃし。

大曲先生CA3A0175.jpg CA3A0156.jpg

NHKから取材のカメラマンさん。テレビ見た人いますぅ?あたしゃ見れてない。
CA3A0172.jpg

ファンファーレの練習をサクっとやって(画像ございやせん^^;)
17:00には絶対出なければなりません。再びパーカッションを積んで
写真撮ってねーでおろしんさい!
CA3A0176.jpg ソレ運べ、ヤレ運べ!CA3A0178.jpg


大曲先生のお陰で、第1部の練習は、ここでやらさせて頂いてます。
チーム「コパ」。  コパカバーナを演奏します。ハジケてノリノリ!
CA3A0179.jpg

チーム「ホワイトラヴァース」。  白い恋人たちを演奏します。紳士淑女で!
CA3A0183.jpg

練習場所を移して、チーム「コンドル」。  コンドルは飛んでいくをやっちゃいます!
CA3A0184.jpg

この日の終了は20:00
みなさん、本当にお疲れ様でした。練習に来れなかった方、写真に写らなかった方、ごめんなさい。


まぁ要は、どうこう言うより、美味しい乾杯ができれば何より!! かと(^^)

今回で9回目。来年は10年10回目を迎えます。

「私達の楽しい」が「お客様の楽しい」につながるように、みなさん一緒に頑張ってまいりましょう
今日はみなさんお疲れ様でした。

5月10日はよろしくお願いします!


もう寝る。寝たい。休みたいぃ~~~。
お陰さまで、GW中は忙しく。ありがとうございました。

3日はマルフク「ブルースセッションナイト」に参加させて頂きました。
バラード好きのあたとしましては、貴重な場です。
MCにも重みを置くあたしにとっては、勉強にもなりました。しっかりと築き上げたものがあり、反省し学ぶ事ができました。
自分の最近のMCは、中身が無い、考えてもダメ、ぶっつけでもダメの進歩が無いのが現状。
パクッて、真似して、調べて学習もしていかねばと・・・。
「楽しそうだね、でもまた聴きたいとは思わない演奏」と言われてるかもです。

「吟じますっ!」  いや、またスベるからやめよ。


明日は「100人の吹奏楽」の最後の練習です。
みなさん、大変ですけど頑張りましょう!



あたしのおNEWなTbケースですぅ。「似合わん」の声多数!
DSCF0072.jpg


元々のオリジナルケースが渋くてカッコイイし、本当は好きなんですけど、とにかく重いので(汗)
DSCF0074.jpg DSCF0077.jpgこのプレートがまたイイのよ!

ピカピカのケースから、輝かないTbが出現します(爆)
新しい楽器が欲しいです! でも、この音は、この楽器でしか出ないんです。30年経つ金属疲労バリバリで傷だらけのコイツしか。だから、二本目買っても(いや、コルトワキャノン氏に買ってもらっても!キシシ^^)コイツは使い続けるでしょう。

ついでに、myジェンベとmyカホンをば。
DSCF0001.jpg

仕事くたびれ。

Bassの楽譜かいたけど、編曲はやっぱりイイソフトがあると天地の差だ。 サンプルソフトだから、印刷できないことに気付いて、うおぉーさおぉーして結局手書き。

もうヤダ。

学生時代からだと25曲くらいやってるか?初めては高校ん時にパーカッションアンサンブルのために書いたんだった。

大学でローマの松書いた時は死んだ。学生だから時間があった。

それでも、今思うと手書きなんてよくやってた。

Bom?Toro用をアレンジしはじめた時は、チンケなソフトで書くよりはマシだけど・・・。

あぁ疲れた。いたしい。

ある音楽仲間の方とのメールで、心に残った言葉がありました。

「お客様に対する敬意がゼロ」で不愉快極まった。 と。

全く同感でした。

あたしは仕事でお客様のことを「お客さん」と呼ぶことを禁止しています、徹底度合いは疑問ですが(^^;)。敬意と感謝を意識してもらいたいからです。あたしは仕事に限らず自分に関わるお客様には「お客さん」と呼ぶ事は絶対にありません。話がそれました。

あたしがUターンして7年経って、3人の子供がそれぞれ13歳、10歳、3歳の頃あたしは音楽の演奏活動を再開しました。今はそれぞれ20歳、17歳、10歳になって。

「口だけ男」にならないように、あたしもがんばります。全身全霊を込めて。

「お客様に対する敬意がゼロで不愉快極まった」と、あたし達はできるだけ思われたくないので、考え、練習や工夫をしたいと思います。