不良オヤジがなにを言う

昨日は、朝早くからお疲れ様でした。
さっぶ~い中の野球大会での演奏。そのあとの練習と、せっかくの休みを朝から晩までフルに使った方も多かったかと。
いろいろ問題点はありますが、他人事ではありませぬので、みなさんのお力を。
どうかその時は助けてください(^^;)

朝の野球場のスタンド席は・・・(^o^)
PA0_0019.jpg  PA0_0018.jpg  PA0_0017.jpg  PA0_0016.jpg



スポンサーサイト
朝早く野球場に集合して「100人の吹奏楽」で入場行進やらなんやら演奏して

「100人の吹奏楽」のミーティングやってパート練習やって

昼飯食って

「100人の吹奏楽」の練習やって

それが終わって「100人の吹奏楽」の第一部の練習を1チームほどやって

帰って、風呂入って、飯食って

布団に倒れる(^^)

今日は子育て支援センターでお誕生会のミニコンサートを演奏してきました。
フルート、ピアノのトリオで。
先輩が、たくさんの可愛く幼い子供達とお母さん達を呼んでくれました。

ミッキーマウスマーチ、ホールニューワールド、美女と野獣、オカリナソロでジブリメドレー、アンダーザシー、幸せなら手をたたこう、アメイジンググレース、ハナミズキ、エンターティナー

アンコールまで頂いて。

喜んでいただけたかなぁ。   まだまだあたしが足を引っ張ってる状態だから精進せねば。
綾姉さんが聴きに来てくれたのが嬉しかった。

昨夜は店閉めて帰るとき、いきなり呑みの誘い。一旦断ったけど、更に電話が来て「失礼は承知の上、1時間でイイから来てくれないか」ってことで行ってきた。
昔、一緒に働いていた年下の先輩Hさんと元部下のW君。
18歳で入社したWクンも、もう30歳を過ぎ、Hさんもそれなりのポジションで、あたしと三人、業種はちがってもそれぞれ頑張ってる。

Wクンが言う「ぼくはねぇ、吉山さんが大っきらいじゃったっ。でもねぇ今はよ~わかる」
とっくに出来上がってる二人は同じことを何回も言ってた。
「あの頃がなかったら」って。

これがあたしの仕事。

美点凝視しながら良し悪しは明確に


なんか鼻に付く自慢話に聞こえる人もいるだろうけど、ご勘弁を。

昨夜から、なんともうれしい事続きで。
大盛況で終了したスプリングジャズフェスタでした。
今年で2回目。角田謙一ビッグバンドと同じステージに立てたのはこれで3回目。
グラントワの皆さんの努力があってのことで、本当に私達は恵まれてるし感謝の気持ちでいっぱいです。
更に、角田さんや岡崎さんの、こんな田舎に仕事とはいえ献身的な愛情にもありがとうございますしか言えないのが何とも申し訳なくて。

島根スイングキッズにスイングフェニックスにとどたばたで、日ごろの疲れもたまってたから、帰って即寝でした、タハハ。

他の出演者とあまりお話ができなかったのが残念。
ただ、サウンドキャプティブの皆さんには後片付けまでお願いしてしまって本当に申し訳なかったのです。
でもアタシの本音は、「せめて皆さんが帰るのをお見送りついでに何か話でも」がしたかったのですが、片づけがあればそれもままならず。何もなく皆さんが帰っていくのが口惜しくて、浜田なら近いから許してくれるかと思い、「手伝ってぇ~」ってお願いしてしまいました。ごめんなさい(^^;)

島根スイングキッズ
初めて楽器を持った子もいたわけで、講師の方々はなかなか大変でした。パートとして演奏はそこそこできるようにしないといけないので、初体験の子と他の子のバランスをとるのにもけっこう大変でした。ま、あたしら低音はまだよかったけど。
みんな楽しんでくれたかなぁ。初体験でもノリノリで前向きだった打楽器やペットの坊ややお譲ちゃん達、江津から通ってくれた子達、絶対怪しい雰囲気なのにガッツンとソロをかましたTbの少年。
みんな素晴らしかったよ!

ラ・メールジャズオーケストラ
昨年同様に堂に入った演奏は素晴らしく、私達の方が恥ずかしいやら情けないやら。腕も表現力も「参りました」の演奏でした。指導者と子供達が一体となって楽しんでるバンドだろうと思ってます。

スイングフェニックス
バンドのサウンドは良くなったと思うんですよ。ただ、大きな課題があるので悩みどころです。今はイケイケだけじゃなく、slowな曲は丁寧に美しく表現できるようになる事も同時にめざしてる最中です。
今回はハッキリ言ってあたしのMCが邪魔だった。準備してたのにそのほとんどが飛んでっちゃって、焦れば焦るほどまとめられず長くなって・・・。不愉快な思いをされた方が多かったはず。アンケートが怖いです。

サウンドキャプティブ
浜田の結成19年のバンド。昨年の同じステージで初めて聴いた時のまんま、大人らしい、そしてまとまっているサウンドが印象的でした。イエローのジャケットがバンドサウンドとほんとマッチしてて、より大人に、より賢く見えます。
それに比べてあたし達の赤ジャケは・・・。(まぁ不死鳥だからイイか。個人的には気に入ってるし)

柳井高校吹奏楽部Jokai's Spirits Jazz Ensemble
今回初参加。白血病で他界した先輩の精神を冠したバンドです。
格別に上手というわけではないのに引き込まれるのはなぜ?
「好き!」っていうのが伝わってきてとても心地イイです。やはり目指すものが明確なバンドはイイです。指導者さんと生徒さんのSpiritsがしっかりしてるはずです。


角田健一ビッグバンド
言うまでもありません。
ホント贅沢させていただきました。「小さな空」や「死んだ男の残した物は」も素晴らしかった。感動しました。特に後者の方は。
MCも大変勉強になったし。


なかなか写真撮れなかったけど、ちょっとだけ。PA0_0013.jpg PA0_0015.jpg PA0_0014.jpg




んだけど、それでも不良オヤジはやめられなくて(汗)

それ!明日は「スプリングジャズフェスタ」!

15日の練習で子供達もまあまあテンション上がってきたし、スイングフェニックスもなんとか形になった。
手前味噌だけど、けっこうまとまりのあるイイ感じのサウンドになってきた。

バンド全体のサウンドを作ろうとしてるかどうかは、聴けばイッパツでわかる。
パートごとのアンサンブルができてるかどうかが先ずありき。サウンドがしっかりしてるバンドはパートのアンサンブルがキレイで混ざり合ってる。音色とハーモニーが心地イイ。
そんなに上手じゃなくても聴き心地がイイ。
逆にどんなに上手でもアンサンブルする意識がないと、パート内の個人のサウンドがバッラバラに聞こえる。オケでも吹奏楽でもフルバンドでもおんなじ事。

やはりホットーウエイブやスプリングジャズフェスタなど、生の演奏を聴くと凹みつつも勉強になる。


明日は楽しもう。
なんてったって角田健一ビッグバンドが聴けるんだから!!

MCは、いつものようにMune-Gさんのまんまパクリでいきます!!

「愛と誠意と感謝をこめて、一生懸命演奏します!」
親は子を躾ける。というが。

「挨拶をしなさい」、「歯をみがきなさい」、「仲良くしなさい」、「ごはんを残しちゃだめ」、「感謝しなさい」、「勉強しなさい」、「謝りなさい」、「やさしくしなさい」etc・・・。

万国共通で、果たして当の親自身はどうかというと・・・。

それでも、自分の事を棚に上げてることさへ気付かず、そんな事を言う親の子はまだ救われる。
可哀想なのは、それさへ親から言ってもらえない子。

本当の意味で、大人が減ったようである。

「お父さんが、おばあちゃんが、お兄ちゃんが、先生だった」というCMがあるが、
今必要なのは、親にとっての先生ではなかろうか。まぁ当の親自身が素直に受け入れるかは甚だ疑問ではあるが。

成長した我が子を、あなたはどうおもわれますか?



というもの。

痛いっ・・・・・・・。うちはもう手遅れ・・・。
でもないか・・・。イカンなぁ、こんな親じゃぁ・・・。


昨夜、Bom?Toroのみんなで同じトロンボーン吹きのアヤちゃんの送別会やった。
ちっちゃくて、和歌山弁のかわいい子。

久々に若い子の、キラキラしつつもしっかりとした瞳を見ることができて、すごく印象に残ってる。
「夢」(本人いわく野望)を話すその瞳には確信も宿ってた。

夢というより「やる。と自分で決めてる事」と言った方が正解だと思う。

彼女は間違いなくやり遂げるだろうし、また益田に帰って同じステージに立つことになるだろう。

あたしにもある。夢や希望とは別に仕事と音楽に「やる。って決めてる事」


お出かけライブの車の中でMune-Gらとそんな話もしたっけ。
大半は「品性お下劣超低俗会話大爆発」なんだけど、真剣な話も必ずした。


「やる。って決めてる事」が5年後、10年後の種になるように頑張らなきゃね。
今はまだまだ途中。いろいろあるだろう。 

きっとわかってもらえる日がくる。自分の器を、自分のケツの穴を小さくしないように心掛けねば。

あの子はきっとやる。



Mune-Gとはお別れするつもり無いし、気持の整理っていうのが、何が整理なのかわからないし、整理する必要もないし。死んだことを受け入れないとかじゃなくて。
悲しくて残念なのは当たり前だし。だからといって手を抜くことはないし。

気持ちをどうこうしようとしなくてもイイかな。と。

時の流れをズル賢くりようして。


Mune-Gはみんなを愛してくれてたもんね。
GRP_0012.jpg昨夜のシークレットセッション どうくさんから頂いちゃった画像です(^o^)



世の中的にみたら、別に特に稀な事じゃない   突然なんだからそりゃそうだよ。

自分よりはるかに辛く悲しい人がいる

2度、3度、同じ辛い目にあってきた人だっているさ

これから先も経験するだろうし

もっと若くしてもっと幼くして逝った人もたくさんいる

身近か、そうでないかだけなんだよ

でも申し訳ない、   受け入れるには私は幼稚すぎる



映画なら  いくつでも回想シーンを創れる

ドラマなら いくらでも鮮やかにとっておける


別に特に稀な事じゃない         そりゃそうじゃん

肉親の人からしたら  そりゃあもうねぇ    

み~んな悲しいんだよ  辛いんだよ  残念なんだよ

きっと当人が一番



時の長さに関係なく、身近か、そうでないか。ただそれだけなんだよ。



だけど、


何も言わずに逝きやがった


何も言わずに   逝きやがった

今日は  「第9回100人の吹奏楽」の練習  本番5月10日

明日は  スイングフェニックス練習  本番今度の日曜夜と3月22日「スプリングジャズフェスタ」(角田健一ビッグバンドが来るのだ、詳しくはコチラ

あさっては フルートとピアノのトリオ練習 本番は今度の日曜夜、3/24

水曜は  Mune-G & The ALL Your Love Blues Band with Crazy Blue Horns+ Moria-Girlsの練習  本番は今度の日曜夜と4/11と4/25

木曜は  スイングフェニックス練習

金曜は Mune-G & The ALL Your Love Blues Band with Crazy Blue Horns+ Moria-Girls でマルフク

土曜は ナシ

日曜は 午前中「キッズブラス」の練習 本番は3/22の「スプリングジャズフェスタ」(角田健一さんが指揮)  午後はマルフクで夜まで

一所懸命やるだけだべさ。 なぁ!
  
弱い犬ほどよく吠える      今の自分がそうなのだろう。    相変わらずお子ちゃま。

わかってる、  わかってるよ

わかっちゃいるけど  死んじゃあイケん。

死にたくない  ずっと生きていたい。



元気だよ  辛いくないし、苦しいとか悲しいとかじゃない。



「あっ、そうだ」、「それとこれも」みたいに毎晩考えて、その都度いろんな顔が浮かんで、

でも、最後はいっつも棺の中の顔が出てきて、現実に戻される。「そうだった」と思う。

悲しいとか辛いとかじゃなくて、ね。



聴いて欲しかった曲をやるよ

「Amazing Grace」
ここ1年半くらい。職場体験の子供等に問いかける事で、一つ増えた事柄。

「この地球で、命を授かった全てのものに、平等に与えられている事が二つあると思う。そのうちの一つは約束された将来の事。何だと思う?」  って。

一つは「時の流れ」     もう一つは「死」

だと私は思ってる。

「平等」って言葉はあまり好きじゃない。    「公平」であるべきだと思ってる。

でもこの二つは平等かな。と思う。



あれ?前にも言ったっけなぁ。アカンわぁ~。脳ミソうんこタレじゃぁ。  やれやれじゃあ。



繰り返しになるけど、「人」ってやっかいじゃぁ。

「自分」ってホントやっかいじゃぁ。  (爆 カッカッカッカ)
3月15日(日)PM2:00~夜中 マルフク

賑やかにお別れを ということでF-nieさんが企画しました。
県内外からいろんな方々が来てくださるそうです。
会費とか入場料とかはありません。
普通に来てください。(もちろん飲み食いはマスターのおごりではありません^^;)

スイングナイトの日でもありますので、ちゃっかりスイングフェニックスはPM8:30スタート予定で
1ステージ演っちゃいます(^^)

Mune-G’sも演っちゃいます。

Mune-Gさんに聴いて欲しいのがあるので、フルート&ピアノ&あたしでサクっとやったりもします。(賑やかじゃないけど)

県外の方々はどんな方々が来るんだろ。たのしみぃ。

市内や近場のみんなも山ほどくるんだろうな。良いやねぇ~。

パンチラ兄弟かぁ~。  KISSのTシャツ着てこうかなぁ~。    でもこれMune-Gがいっつもボロクソに言うんだよなぁ~。