不良オヤジがなにを言う

3/20 グラントワ スプリング ジャズ フェスタ
  しまねスイングキッズ&ブラス(&ブラスは要らない気がするが)は8:40に集合、リハと練習を本番前までやってた。あたしは途中、スイングフェニックスで出たりした。
  いろいろ理由はあっただろうけど、「子供たちのため、地域文化の振興のため」そして「楽しい」のためにやっているなら、せっかくのグラントワ スプリング ジャズ フェスタに出る子供達が、角健バンド以外はほぼ、聴けずに練習してる。ってのはいかがなものか。
益田は聴く側のマナーというか意識が高くない。出演する側も他のバンドやコンサート全体を考えない自己中だったりする。(フェニックスなんか終わってから舞台片付ける人何人いたか・・・スイパラは何人も手伝ってた)

長期的ビジョンがなく、企画したものをとにかくこなす、体裁ありきの印象が否めない。
そして現場の担当者の方々は、中間管理職的感じでトップと私達の間で四苦八苦。悲惨。

民間企業との大きな違いがそこにはあった。政治的でお役所的だった。

「音を楽しむのが音楽」だけど、「音を楽しむ音楽を演奏するんだ」という意識を育てられるようにできたら・・・。
練習と本番だけが音楽じゃない。

と思った。
スポンサーサイト
スプリング ジャズ フェスタの関係者の方々、出演者のみなさん。
お疲れ様でした。ありがとうございました。

しまねスイングキッズの関係者の方々、出演者のみなさん。
お疲れ様でした。ありがとうございました。

角田健一さんとビッグバンドのみなさん。岡崎耕二。ありがとうございました。

そしてお客様。ありがとうございました。

落ち着いたらちゃんと書きます。ごめんなさい。
eが足らん気がぁ。
3/20「グラントワ スプリング ジャズ フェスタ」
13:30開演です。
角田健一ビッグバンドも聴けて¥1,500はお安いです。

スイング フェニックスは

Pointo of impact
Only for you
In the mood

です。角健さん作曲のトロンボーンferturであるOnly for youをやることが
すでに角健さんの知ることとなってしまったので、ヤバいっす!

岡崎耕二センセにも赤ブレザー着させちゃいます!!
仕事の方も大変で、なかなか・・・。

今日はキッズブラスの練習。角田健一さんが来られての2回目の練習。
こんな田舎の子供たちのために、こんな田舎の企画のために、わざわざ編曲までしてくださって。ありがたい限り。
もちろん、角健さんもこれをきっかけにいろいろ考えて新たな事を進めているわけで。
が、ありがたい。

いかにもお役所的な体裁をつくろうやり方とお金の使い方。縦割りの体制。など不満は尽きないが、それは別にちゃんと意見することにして。岡崎耕二に対しては失礼だし・・・。

練習終わって、駅前通りに100人の吹奏楽のポスター貼り。久々に歩いた。
大人4人とおこちゃま2人で。
明日はコソ隊長ジキジキに出張ってあとをやってくれる。
彼は今、一番熱く動いてくれている内の一人。
あたしはな~んもしてない怠慢副委員長。(やれることはやってるつもりだから許してぇ)

来週は月曜フェニックス練習、水曜リハ。木曜キッズとフェニックス本番の「スプリングジャスフェスタ」
で、土曜夜は広島で本番。   やれやれ。

クレイジー ブルー ホーンズも新メンバーのこともF-nieさんのブログまかせ。



もし1週間以上、メールしようが電話しようが一切無視。されたらどう思う?
練習は週3日、(Bom?Toroが入ると4日)
練習中なのは、フェニックス、市吹、100人、Mune-G’s、島根スイングキッズ。Bom?Toroもやんねばなんねぇんだが。

自治会の事は、あんまりできてない。

1日に2つ練習やって、マルフクセッションへ。なんてこともめずらしくなくなった。あたしだけじゃないけどね。
仕事して練習直行とか、早番してお出かけライブして、帰るの2時3時とか、も珍しくないのでお陰で1日がナガ~イ。あたしだけじゃないけどね。

そりゃあ、お父ちゃん家におらんわな。

今、大学生の息子が11か12歳くらい、益田で生まれた娘2号が1歳の頃から、こんなペースなんだよなぁ。
まぁお陰様で、あたしに似ず、そこそこの成績だし、無愛想だったり無礼だったりするものの、無事に育ってくれたから。良し。ってとこだろうか。

ふと思い出したんだけど、赤ん坊の頃から風呂は一緒に入ってた。だいたい毎日。
今は娘2号と入ってる。遅番で帰っても娘は入ってない事が多い。
あたしと入りたいんじゃなくて、生活のリズムで、あたしがいないと入るタイミングがルーズになってるだけなんだけど。
娘の髪を、乾かしてやる事も多いなぁ。もちろん娘1号にはもうしないけど。

明日は早番してキッズしてアッカ。あさってはキッズやってお出かけライブ。っと。
mune-G’sの練習ではイジメが起こっております。

あたしのような、か弱くてガラスのハートな男の子をイジメてはいけませぬ。
○り君て呼んではいけませぬ。
イジメられる方にも原因はある。  そうかも知れませんが、
あたしのような、繊細で純粋でシャイで勤勉で正直で育ちの良い男の子を
イジメではいけませぬ。
変な汗いっぱいかくし。

なにさっ!イーーーだっ!
不登校になってやる!
ぜってぇーグレてやるっ!!
楽器のよずぅかけまくっちゃる!!
先日、益田市民吹奏楽団の練習で指揮をさせて頂いたんだけど。数日前から
最初に話そうと考えてたことがあった。
あたしも奏者なのでよくわかる、指揮者によっては、ストレスがたまる事を。だから、
あたしの指揮や音楽創りが良くなければ、みんながそれを言ってくれたら、あたしは自分を首に
する。というもの。

もちろん、言いましたよ。
「~~言ってください。首にします。」って。
そりゃあ、みなさん「えっ!」って思うはず。あたしに言った者はクビにされる!って思うもの。

慌てて訂正するあたし。

「あなたは、いつも言葉が足りない。だから受け取る側は、とてもトゲがあって傷つけられる。」

ある仲間が言ってくれた言葉を思い出す。  あたしはちっとも相手や周りを考えない「勝手野郎」のままだ。
(パシャッ! パシャッ! パシャパシャ! パシャッ!)

「え~、わたくし、よつこであります、本日はお寒い中、お集り頂きまして、誠に恐縮です。」
「え~わたくし、2/27のブロク記事にてですね。mune-G’s&CBHと発言いたしまして、のちに、+Moria-Girlsでしたというお詫びをさせて頂いたわけですが。
先ほど、新たなる過失が発覚いたしました」(ザワザワザワ・・・)

「え~~、更に、futuring あきらさんが欠損していたとのことでしたっ。」(ゾワゾワゾワ・・・)
「ここに、日本海溝よりも深く、深くお詫びもうしあげますっ
(パシャパシャパシャパシャパシャパシャ!)

「これは、あくまでも過失でございます。賞味期限改ざんでも、虚偽記載でもありません。」
「はたまた、情報操作でも隠ぺい工作でもありません。まったくの過失でございます。」

「告発してくださった○-nie様、誠にありがとうございました、そして何より
「当のあきらさまに対しては、甚大なる不快感を与えてしまったことは、誠にぃ~遺憾であり、
 心より、お詫び申し上げる次第であります。」
「今後は、進退伺を出しますと共に、厳罰処分を受ける所存でおります。」

「本当に申し訳ございませんでした」 (パシャパシャパシャパシャパシャパシャ!)

「最後になりましたが、正式名称は
Mune-G and The All Your Love Blues Band with Crazy Blue Horns+Moria-Girls futuringあきらさん
とご報告させていただきます」

(以上で会見は終了しまぁす。質問は受け付けませ~ん。ハイ、通してくださぁい、通してくださ~い
(パシャパシャッパシャパシャ! パシャッ! パシャッ! パシャ・・・
明日の朝刊に、
チラシが入ります。
皆様、よろしくお願い申し上げます。