不良オヤジがなにを言う

すでに、あたしの好みは決まってた。でっかいハンドルを操るバスの運転手がカッコよくて、太くてでっかいタイヤがタクサンついてるダンプやトレーラーが、ランボルギーニミウラやハレーのFLがカッコよくて(タイヤが太いから)、サンダーバード2号が一番好きで、そのプラモデルに付いている、エレベーターカーは太いタイヤが片側3つもついてるし。
でも、ただデカイや太いや丸いはダメ。全体のバランスがカッコよくなくちゃ。
ポルシェ930ターボはホントカッコイイけど、フォルクスワーゲンのビートルはイマイチ。10トントラックはカッコイイけど、モンスタートラックはタイヤだけデカ過ぎ。レスポールはとてもセクシーだけどレスポールjrはイマイチ。拳のとこがエクボになる手は好きだけど、男の手じゃあ論外。
わっかるかなぁ~~・・・。
スポンサーサイト
先に、去年の図書館での様子を・・・。
20060225211412.jpg

20060225211432.jpg

20060225211529.jpg



本当は大の仲良しだったヤツがトランペットだったので、トランペットを希望した。なのに、先生ったら・・・。
どうしても納得できなかったから、あとで先生に問い詰めに行ったけど、「あんたは音感がイイから」の一言で、ニコニコして帰ったあたしでした。
ラジオで聴いた「ヘイジュード」がカッコ良くて、風邪で休んだとき、親にねだって、レコード(ドーナツ版)を勝ってきてもらった。ワクワクしてプレーヤー(ステレオではなく、スピーカー付きレコードプレーヤー)にかけ、針を落とす・・・。
なんと、ポールモーリアグランドオーケストラだった・・・。
B面はレットイットビー。今思えばいいアレンジだった、よく覚えてる。
交響曲「新世界より」は衝撃だった。そこからチャイコフスキー、マーラー、ベートーベンにのめりこんだかなぁ。っても小学生レベル。でも、運命をチャント聴いたのは高校生の時、昔から有名すぎるものにはあまり興味を示さなかったヒネクレ者だった。
いわゆる「コンポ」が流行るなか、家具調のOTTOのステレオを買ってくれて、その前で「エアタクト」とでも言うのか、指揮者になりきって箸を振ってた。
カーペンターズの「プリーズミスターポストマン」を聴こえてくる英語をマンマ覚えたのがその頃。単語や発音がわかったのは数年あとのことだったなぁ。
夜まで毎日部活してた。厳しい先生だったけど楽しかった。夜までやって帰るのが、誇らしかったもん。

今日は娘2号の保育園ラストの発表会。
普段は気付かないけど、4月生まれの娘はデカイ。

午後は昼寝しまくったぁ。

あ、明日は「アッカコンパーニョ」について、毎日新聞がインタビューに来る。コンサート前が良かったなぁ・・・。
私は、益田で生まれ、3歳のとき親の転勤で広島へ。緑井ってとこに住んでました。当時は畑が多かったなあ。私の最古の音楽の記憶は3歳。
洗濯洗剤の缶(多分20リットルくらいの丸い缶)を3個並べて、スタンド付き灰皿(高さ1mくらい)をハイハットにベビーチェアに座って、菜箸をスティックにして、叩いて遊んでました。自分で作ったドラムセットです。(白黒の写真があるんだけど、どこいったやら)
んで、幼稚園の記憶は全く無く、友達と遊んだこと、ピアノを習っていて、先生にいつも手を指し棒で叩かれて泣きながらレッスンしてた事と、レッスンから逃げ出そうと、門に登って足を滑らせ、鉄格子の先が右太ももに刺さったこと。犬に追いかけられまくった事と、親のカンシャクにビビリまくってた記憶くらいしかない。(んなこともないか。)
5歳の時、益田に帰ってきて、幼稚園を1年行って、小学生。
ハーモニカはとても上手。リコーダーもおみごとだった。
早く4年生になって吹奏楽部に入りたかった。
デビューはシンバル。しかも、運動会の鼓笛パレードで校歌と手のひらに太陽をと、あと2曲あったんだけど、あたしゃ、その2曲やったらパレードの途中で抜ける(居なくなる)という始末。(だからあと2曲は何やったか覚えてない)なんなんだ。あたしゃ最後まで出ていたかった。楽譜がなけりゃ自分で上手くたたいてたし、そのアピールもしたのに!
そして5年生でトロンボーン。
昨夜はマルフクで「スイングセッションナイト」
スイングフェニックスがメインバンド。っつってもセッションしてないし。

個人的にはへこんだ。直前の練習でイイ感じだったから、「掴めたかな?」っと思ってた。でも本番は焦って、ムカついて、動揺してたのでダメ。なんと弱っちい精神なんでしょ。
バンドとしても、私がひいき目な客だったら「なんだガッカリ、ちょっとムカつく」と思った。特に前半は。

と、いくら並べても、言い訳であって、聴かされる方は関係ない。

武○は今度説教しよっ。

終わった後は、いろいろ話せて、良かった。ありがたかった。
あたしは恵まれてる。
みんな好きなんだね。それは良くわかった。

AM1:30頃まで居たのは、やっぱりトロンボーンの連中だった。
あしたはマルフクでスイングナイト。
スイングフェニックスがメインで演奏しまっす。PM7:30からで、もちろんチケットなんかありません。

そして、5月は恒例「100人の吹奏楽」があります。明日は初練習。PM1:00から人権センターであります。
トロンボーンをやってる方々、年齢、性別、人種、国籍は無関係!
地球外の方でも、初心者の方でも大歓迎です!!
参加、待ってま~す!!!

今日は忙しかったし、へこんだから、とっととねま~す。早番だし。
なんとか熱が下がった。だるかったけど、こんな場合は仕事に行った方がシャキッとするので出勤した。

今日もスタッフの一人とミーティング。
月に一度はスタッフ全員に個別ミーティングしているけど、このところそれ以外にも個別に呼んで話すことが多くなっている。
睡眠時間を除けば、家族より長くいっしょにいる仕事仲間。
個々が成長変化していけば、今まで感じなかったことを感じるようになったり、無視してきたことが無視できなくなったりしてくる。
意見、疑問、不安、不満など、こういう貴重な宝物を腐らせず、私との擦り合わせでけでなく、スタッフ間の擦り合わせのためにも、その宝物が現れていることを察知し、ミーティングすることは重要なことだと思っている。
顔と言葉を交わす事は必要不可欠だ。しかも、十分に交わす。
「多分、だろう、はず」では仕事はできないし、人に対しても同じ事。
スタート時点では意気投合しても、やがてお互い様の原因でズレが出てくる。ま、そこまでは当たり前のこと。
そこから、そのズレを擦り合わせることだできれば、もう一段上がれるんだけど、伝聞や噂などでの判断が増えてくると、「多分、だろう、はず」が「きっと、絶対、やっぱり」になってくる。どっちも不確かなくせに。
結局、当人としっかり言葉を交えないと、こちらの思いは通じないし、まして相手のことなんて、いかに自分が「「だろう、絶対」と相手を決め付けていたか」を思い知らされる。

もちろん、どんなに交わしても擦り合わないことだって多々あるし。それも交わしたから判ることだし。
「生理的に合わない」って時も、言葉を交わさなくて済めばイイけど、そうもいかない場合もあるし、職場なら尚更。

ま、目指すものを見失わなければ、弁証法的に、言葉によって、より成長変化できると思う。

彼氏、彼女とケンカして、より愛が深まった。な~んてことなぁい?
それとおんなじよ。 (・・・・・って、同じよね?)
おんなじ人もけっこう居ると思うけど、37度前後が一番シンドくない?指から背骨からなにから節々が痛くって、立ってるのも辛い。
38度越えれば、頭がぽ~っとするぐらいで、痛みもさほど無いし、テンション高くなったりして。
昨日は朝からダルくって、昼頃節々痛くって37.5度、夕方顔がポッポしてて38.1度。
「まさか!」と思って病院行ったけど、シロだった。インフルエンザなら仕事も練習も行けないから。
だからBom?Toroの練習には行ってきた。楽譜忘れたけどやっさんに助けてもらったから良かった~。
食欲はバッチリ!
今は痛み止めの薬ももらったから熱が37度ちょっとでも、そんなシンドくない。
今日が休みで良かったけど、気持ちがな~んかさびし。
ギューーッが要る。
せっかく昨日は洗車もあったりで忙しかったのに、暖かくても雨じゃあ、昨日ほど盛り上がらないもんな。
スタッフ一人一人と個別ミーティング。生き残ることで、どうなるかを具体的数字にして説いた。
絶対にそうなってしまう。生き残ったところはね・・・。
血のにじむような努力をしろというわけでもなく。特別な特殊な能力を身に付ける必要もなく。仕事として商売として、基本的な大切なことに対して、向上のために日々頑張っていれば、必ずそうなる。
逃れられない「約束」がこの業種にはあるから。

「SSの数は減る」という事がそれ。

他業種で、これが近々に約束されている業種はないもん。
だからとってもチャンスのある業種なのよ。

日々がんばれるか、「そうは言ってもナカナカねぇ」と過ごすか。
ただそれだけが分かれ道。
ま、私ら現場の人間は、より多くのお客様に喜んで頂くことができる力さえ、成長させていくことができたならば、上や看板がどう変わろうが生き残れるンだけど。
そして、それは、業種業態に関係なく、力を発揮できることになるんだけど。原則原理はどんな仕事でもおんなじだもん。

でも、どうせだったら、さっき言った理由でこの業種がイイよね。

今は。
昨日はグラントワ小ホールでサウンドパレット主催の「アンサンブルコンサート」に出演。われらBom?Toroはもののけ姫から「アシタカせっき」(タイトルバックで流れる曲)を好演(自分で言うな?)
出演順を間違ってて、アタフタしたけど、まあ良かったと思う。
やっぱり練習量(質もだけど)は相応の結果を招くのね。
終わって、マルフクセッションへ。
恭○さんに「ジャズメンに見えてきた」って言われて、調子に乗ってしまったアタシでした。シシシ。
トリノオリンピックの開会式では、期待通り!フェラーリのF1マシンが現れた!!ドライバーは誰なんだろう。
里谷多英選手ざーんねーん!

今夜はアンサンブルコンサートに出る。

雪が降る。

察しなかった相手をチクっとするのはホントはルール違反なのよ。察しない場合も「アリ」で発信するんだから。「残念」と自分の胸の内に秘める。そこまで含んだものが、日本古来の文化。相手は察しても言動にしなかったかも知れないし。


昨日は23時過ぎまで自分のSSの会議。
「あの人と合わない」なんて悩んで元気のなかった子も、そう思われてる方も良くがんばった。
これは各自が成長してる最中である証拠。嬉しい。成長してなければ、思ってても口にしないか、はたまた何も感じないように自分をコントロールしてしまうだろう。つまり「ことなかれ主義」
目的や目標、ビジョンが同じなら、合う合わないはあって当然。美点凝視で相手を人を見ることができれば、大した事ではないと思う。
あたしも昔、「あなたとは仕事できません」と言ったことあるし、「あなたとは仕事できません」とスタッフから言われたことがある。

もう寝ます。おやすみなさい。
あさっての本番もがんばる。
これほど将来が約束された業種は他に無い(もちろん石油があるうちの話だけど)。
過渡期が過ぎて、SS(ガソリンスタンドなんて呼び名は古い。でも業界内での話し)が減って、安定期に入ると、価格競争もなくなり更に高収益になる。

だから、キッツイ今、しっかりやっておくことが大事。

この薄給だって、今に見てろっ!! かっかっかっかっ!!
え~。
2/12Bom?Toro「アンサンブルコンサート」、2/19スイングフェニックス「マルフク スイングナイト」、3/5Bom?Toro「仙道文化祭」、3/26アッカコンパーニョ「周南市文化祭(?)」,
4/29スイングフェニックス「万葉公園祭り」と。
PIC_0047.jpg

これは昨年の元旦に人麻呂神社から撮ったもの。

全然話は違うけど、
Bom?Toroは2/12のアンサンブルコンサート(グラントワ小ホール)、3/5仙道の文化祭。と予定が入ってます。
宮崎アニメ中心にスタートして、結婚披露宴を数回こなし、ジャズスタンダードナンバーもやっとレパートリーが増え、あとはクラッシック数曲とマーチを加える予定、ポップスは昨年「瞳を閉じて」をやったけど譜面的に難ありでもうやらないかも。さとうきび畑や涙そうそうを追加予定。やりたい曲はジャンルに関係なくいっぱいある。ほとんどは自分達でアレンジする。
個人的にはバラード系が好きだけど、スモーク オン ザ ウォーターとかもやったら面白そうだし、我々のテーマ曲も作れたら・・・。なんて思ってる。機材増やしていろんなところでやってみたい、と夢もふくらむ。
みんな身体はだいじにね。