FC2ブログ

不良オヤジがなにを言う

6/29、30の二日公演、今回2度目となる、ミュージカル「今、歩き出す。」

失礼ながら、バンド寄りになりますのであしからず
20190702121254609.jpg 20190702120924162.jpg


前回のバンド「NOISY WALK」は20160112022322665.jpg
指揮者1、ヴァイオリン1、フルート1、ピアノ&シンセ3、ベース1、ドラムス1、パーカッション2、バンドマネージャー兼ミキサー1
の11人。

今回の「Starting Over」は14人!!
20190703122416099.jpg
指揮者1、ヴァイオリン1、フルートたまにゴング1、サックスアルト&テナーたまにゴングとシンセ1、トランペットたまにウォータードロップ1、トロンボーン兼パーカッション1、ピアノ&シンセ3、ベース1、ドラムス1、パーカッション2、バンドマネージャー兼ミキサー1です。
廣兼先生は今回ホーンセクションを加えてのアレンジ、さらに新曲も数曲加わって前回より曲数も増え、全26曲
まぁ、ミュージカルですから
今回初参加はフルートのさきちゃん、サックスのおまみ、ラッパの安野ちゃんにシンセの宮川さん、パーカッションのMちゃんにOちゃん、そしてドラムスのマックさん

稽古ピアノでもある沖田のみっちゃんや師井ちゃんは、バンド始まる前から始まってもずーっと付いてるから、そりゃもうご苦労様ですわ
20190702121120077.jpg 20190703144636776.jpg
ま、廣兼先生はもちろんですけど。

20190702120921310.jpg 20190702120919159.jpg
あたしもやるからわかるけど、楽譜書くの(打ち込み)ホント大変ですよ!!
ありがとうございましたm(_ _)m

ホーンセクションが入ると、重厚感や迫力が違いますなぁ
20190702121123553.jpg 20190702121113832.jpg


さぁ、セリフや振り付け、衣装も当然変わるし、新曲やアレンジが変わってたり。
もう一つ大きな違いは、バンドのマイクの数!!

特にパーカッションは鬼の数!!
20190702121251625.jpg
20190702121116828.jpg 20190702121111071.jpg
ビブラフォンには2本付けて(確かにそれは普通ではあるけれども)PANに凝ったり、小物用だけでも6本くらい?
あたし(前回はパーカッションだったので)の時は1本

ドラムスはパーテーションで囲って!!
20190702121234416.jpg 20190702121410224.jpg
別に疫病にかかって隔離してるわけでも、ハブにしてイジメてるわけでもありませぬ
ま、ぱーパーテーションっていってもひな壇を使ってますが
スネアの裏のスナッピーにもマイク当てたり

なんせ舞台下手の小スペースでの演奏、突き詰めればレコーディングのようにするのは当然といえば当然なんですけど、そこはご愛敬

で、大変なのはミキサーのあそりんとグラントワの島田ちゃん
20190702121243538.jpg 20190702121237601.jpg

すご~~~く頑張ったし、前回よりはるかに良かったし、結果的に「出音は管楽器が小さくて今一つだった」というありがたいご指摘を頂けたお陰で、改善点やミスも見つかり、次への自信にも繋がったので、やっぱり「2回目」は必要不可欠であったのです
確かにラストは管楽器がアドリブソロぶちかましのバトルやりまくりがあったんだけど、動画では聞こえてないっていう
これを謙虚に真摯に受けとめます、勉強になりました、ありがとうございました

強みはヴァイオリンがあること!!20190702121231718.jpgコーラスやディレイを掛けたりして厚みを出す手もあるけど、更にヴァイオリン1本とチェロが入れば完璧??

前回同様、モニターテレビも設置、キャストの演技とセリフと演出や効果も知っておかないとね
20190702131510692.jpg

当初バンド参加予定だった英子ちゃんからの差し入れ
20190702131756287.jpgありがとう
そして白羽の矢がたったのが宮川ちゃん!!20190702121108307.jpg

生演奏にこだわる枢軸の方々の姿勢は、すっっっげーーー素敵!!

片手にトロンボーン持って、1発叩いて4拍で戻って吹く
20190702131947124.jpg

16小節叩いて4拍で戻って吹く
20190702132005693.jpg

SE的な
20190702132000942.jpg 20190702132009415.jpg


そして、わが友20190702131943384.jpgパフ子
前回3年前は、とっても苦労した「フ」がぜんぜん上手く鳴らなくて、
出張先のホテルにまで持って行って研究練習したのに・・・。

でもそのお陰で、完全にコツを掴んだあたし!!100発100中になったけど、
「いや、本番は何が起こるかわからない、奢ってはダメ」と自分に言い聞かせて、今回は完璧でした!!
みなさんから褒められて嬉しかった---------っ!!
もし次回があれば、この一子相伝の極意を次の人に伝えやってもらおう。  ってか


そりゃもうミュージカルともなればキャスト募集から練習場所を押さえたり、やらなきゃならない事は超大盛!!
20190702131817303.jpg 20190702131812891.jpg
代表の澄川さんや音楽の廣兼先生ほか段取り準備はもーー大変!!
キャストさんたちも休日返上で稽古稽古!!
ごんどうさんにも叱咤され、涙が出ちゃうってこともあったはず
20190702131809003.jpg「やめちゃおうかなぁ」って思うのは簡単。衣装も悩んで悩んで「創れ――っ!!」感じだったのでは?とっても素敵で、お揃いTシャツだけがあたしたちバンドの誇り!!SB団(カラス)の衣装に嫉妬したのはあたしだけ?
20190704145632229.jpg 20190704145635320.jpg
初めてキャストとバンドが合わせたとき、あたしゃ感極まって泣いてしまった
グッとくる場面と曲なんだけど、「あれは3年前」じゃないけど、その時のキャストも何人も居て、
中には「幼かったあの子が、大きくなってぇ~~」ってなっちゃったら、もー(ToT)(ToT)(ToT)

お陰で本番前まで、ピアノみっちゃんに「泣くなよ!泣くなよ!!」釘を刺されまくり。
本番、特に二日目はめずらしく異常に緊張して泣くどころではなかったわい
そーなのよ。初日は廣兼先生から「クールにいこう!  ハメをはずさないように。」って言われてあたしも「クールいこう」って念じて、バッチリだったのに、
二日目千秋楽は「クールに」と思ってたのに「あれ?息ができない」みたいになっちゃって
となりのあんのちゃんのド緊張があたしに移り替わったみたい・・・。
なんか吹っ切れたように吹いてるんだもの!音色違っていい感じだし!!

そうですよ。自業自得ですけど、先生のクールにいこう、のあとの「ハメをはずさないように」の視線とみんなの視線がすべてあたしに向いててなだったですよ。
あたし、一生忘れないもん

20190702121246500.jpg 20190702131805506.jpg
20190702121249261.jpg無駄な抵抗はよせ 20190702120916377.jpg



そしていよいよ千秋楽をむかえたのでした
終わりが見えてくると、ちょっとさみしい気もして
20190702131752569.jpg

キャストのみなさんへでしょう、ありがたい贈り物の数々
20190702131538454.jpg 20190702131542352.jpg



3ヶ月間の短い期間、合わせで言えば十数回。

このバンドの一番素敵だった事は、f-nieさんが言ってたように、前回以上に自分へのダメ出し、メンバーへのダメ出しというか、
意見の出し合いというか、より良いものに向かって言い合えたこと!!
たとえば「ここが合わないんだけど」、「こういう感じでやった方がいいのでは。」
「こうしたらこんな風になるよ」、「なるほど」などなど。
もちろんイイ時はしっかり誉めてくれるし!!
f-nieさんは「良かったよ」しか聞きたくない人が多いなかで、このバンドは~」って。

私たちは、その先にいらっしゃる観て聴いて下さる方々が見えていて、
全てはそこへ繋がっていることがわかってて。
だから優先すべきは、気にかかる事は、わたしたちの演奏についてなわけで。
何が本質で、軸がブレないメンバーが集まった。ということ。
もちろん短期というのもあるでしょう。
そんなメンバーの中で、きっと一番ヤバくて緊張したのは、あんのちゃん。
初体験だし自分の音の事わかってるし・・・。
それでもあたしは「ちゃんと合わせようね」ってキツメに言った。
もちろんムッとなんかしない。申し訳なさそうに「はい」って。
より良い演奏のためには、つまり向上心とは謙虚であることだと思う。

アマチュアであっても長くやってると、行きつくところは「人」
仕事と同じ。
ダメ出ししてくれる人がいる。ってことは恵まれてるってことなのよ

20190702121102985.jpg 20190702121100048.jpg



みんなで打ち上げぇ~~!!

20190702131535291.jpg 20190702131531925.jpg
20190702131525954.jpg 20190702131529023.jpg
20190702131522685.jpg

20190702120906477.jpg

20190702120910445.jpg 20190702120913191.jpg
20190702120902900.jpg


大人な打ち上げぇ~~!!
本番前から「打ち上げルービー」って言い続けてたあたしに気を使ってくださって、
ごんどうさんが乾杯の音頭を任せてくださいました!!
ごんどうさんの「では早く呑みたがってたトロンボーンのおじさんに」って言ったとたん
「長々しゃべるんじゃねーぞコノヤロー」的な視線と罵声がバンドメンツから聞こえたので
あたしゃ腹ん中で「しゃべらないしぃ~」って思いながら「お疲れ様っ!かんぱーーーいっ!!」の二言だけ
20190702120859505.jpg 
そ、主人公の小学生みゆちゃん役は新婚さんなのでした(^o^)/
20190702131517574.jpg

マルフク~~~~
20190702131513778.jpg

ごんどうけん さんとツーショット
もう20年近く益田には来てくださってるとか。
20190704145642199.jpg 20190704145639649.jpg
以前にもブログで言いましたが、益田は恵まれてます。
それを、将来のビジョンを持ってそれに向かってブレることなくちゃんと繋いでいくのがちゃんと社会人としての務め。
たとえ中途でこの地を離れようとも「引継ぎ」は大切。

こういう地元のミュージカルや「100人の吹奏楽」もそう。たくさんの若いバンドや50年になるバンドなどの長年続いてるバンドをはじめ、ジャンルを問わず、益田にはたっくさんの文化芸術を頑張ってる人たちがいます。
その積み重ねが、「益田へ帰ろう」の一助になれば、こんな素敵な事はありません
Starting Overロスです。毎日いろんな曲が回ります。
きっと他のメンバーも・・・。
バンド合わせの水曜は益田市民吹奏楽団の練習がはいります。
7/22のSwing Phoenixの本番で月木は練習。
Bom?Toroも8月頭にあるので楽譜書かなきゃ。月火水木日が埋まってるけど。
なぜ今回はこんなにロス感があるのか・・・。
2回目だからです、多分。やはり3回目は必須?(^m^)

あたしは恵まれています。



さて、楽譜書こう・・・。

あ、画像パクリまくりました。
f-nieさんすんません。

SB団の首領のひなちゃんのおねえちゃんは後輩にもなる、なずなちゃん。トロンボーン吹きで、今回も裏方で。
バンドに入りたかったそうです。先ずはBom?Toroから(^m~)
そのお母さまから頂いた動画。






「あれは3年まえ」はコチラ→http://moritat.blog21.fc2.com/blog-date-201601.html


あるく
主   宰 : 石西ミュージカル実行委員会 (代表 澄川雄司)
 作・脚本 : 井川 きり
演出 ・ 振付 :ごんどう けん
作曲・音楽監督:廣兼 伸俊
キャストのみなさんも、裏方や保護者のみなさんも
ありがとうございました、お疲れ様でした。

20190702120926847.jpg
みんな大好き
スポンサーサイト
お呼ばれして7年目、「今回はダメか!?」と昼過ぎまで降ってた雨に諦めを感じてたけど、
止んだのでした!!
20190609083948768.jpg
そのため、会場のステージ装飾は安全面も考えてのことでしょう、控えめです。

こちらがいつもの感じ
20170612155542135.jpg


実行委員の方々には、本当に頭があがりません!!m(_ _)m
ありがとうございます。そしてお疲れ様です。

しかしまぁ、あたしの仕事の関係でちょいと遅くに到着したけど、例年より早くにお客様でごった返してて、
このお祭りの魅力は、(失礼ながら)この山間地に来る、たくさんのお客様が証明してますなっ!!

主催者側も、あたしたちBom?Toroも、もう勝手知ったる的な感じで、
気持ちよく演奏しちゃいます
20190609083946797.jpg

20190609083935129.jpg

20190609083932729.jpg


20190609083944344.jpg
20190609083942199.jpg


20190609145536033.jpg
お母さんの活躍を見守る、旦那様と子どもたち



20190609083937684.jpg
トロンボーンという楽器を存分に紹介しちゃいます
ってか「しゃべってばかりじゃないのよ、ホッホ~~
20190609145540803.jpg


恒例の「ハッピーバースデータイム」
毎回6月生まれの方しかお祝いできませぬ
20190609083939742.jpg
今回はうまい棒をプレゼント


20190609145538636.jpg

20190609145542953.jpg

今回も楽しく演奏できました!!
毎年準備は大変だと思いますが、これからもお元気で、またよろしくお願いいたします。
ありがとうございました


地元関係の「ニイノバンド」
今回は素敵な女性ヴォーカル、トロンボーンもあったり、男性デュオありの盛り沢山のライブでした!
チキン飛び入りしたかったーーっ!!
20190609083957452.jpg



20190609083952868.jpg


打ち上げ~~~
20190609084024279.jpg
スナック「つむぎ」
お嬢さんはボーンJC 美味しかったでぇ~す
20190609084028095.jpg
Bom?Toroローディーのいづちゃん、ありがとう

みなさん、お疲れ様。
イイ感じで依頼も入ってますな!!
結成15年バンザ~~~イ!!
20190520094416601.jpg
令和元年5月19日、
「名古屋ダブルリードアンサンブル 3rd CDアルバム発売記念コンサート 益田公演」
は盛況のうちに終了しました!!
ってあたしが言うのも変?

昨年9月初頭に、山本からこのコンサートの話があって、
今年2月中旬に決定の話を聞いて、もっとやれる事があった。と反省。
中学、高校の各吹奏楽部は諸事情があったのでしょうけれど、学校によっての差が明確になり、
また、出雲と益田でも差が出たように感じてます。

出雲公演のために快く協力してくれた、出雲交響吹奏楽団「縁」の奥村さんや団員の方々、そして関係者の皆様、
本当にありがとうございました!!
20190520094428709.jpg
4年前の「100人の吹奏楽」で、ゲスト出演してくださった時もシビレましたけど、
「9人は、6人よりすごい!!」
のでございました

「アルメニアンダンス パート1」のど頭では鳥肌が!!
思わずスタンディングしました
20190520094432194.jpg
結成17年!!


「まぁたこいつ出しゃばりやがって」って声が聞こえる。
それでいいのよ
20190520111042481.jpg
20190520111040932.jpg
20190520111039526.jpg
20190520111037872.jpg
20190520111034271.jpg


20190520094425028.jpg
今回はいろんな方といろんなお話ができて、すっごくよかった!!
結成17年!!
Bom?Toroは15年。
「プロとアマは違う」とおっしゃる方もいるでしょうけど、
続けて行く過程での喜びや問題や想い入れ。アレンジして行くなかでの考えや発想や想い入れ。
などは同じでした。
もっと言えば「大切な軸」は何でもおなじ。ってこと。
20190520094421338.jpg
「その先のお客様を想ってるのか、自己中なのか」
「ええかっこしいの幼稚な大人になってないか」
「次を育てることが仕事の本質、自分がチヤホヤされるだけじゃダメ」
「メンバーを想って書く。事細かく書かなくなる」
「チューニングは必要なくなる」
「気心が通じてるのを実感できる場面がある」
など、など、など・・・。

お手伝いはBom?Toroが賜りました
20190520094419062.jpg

ジャンルに限らず、故郷を大切にしてくれる、一流の人たちがいる益田。
そんな恵まれてる、この益田。
愛想尽かされるまえに、できることはやらなきゃ。
風土を創るのも、また大人の仕事。

プロアルテムジケの今西さん、そして田之口さん!!
大したことできませんでごめんなさい。
ありがとうございました!!
これからもお互い頑張りましょうね

医療法人葵鐘会の・・・
あーーっ!お名前失念してごめんなさい
お嬢様に少年!!(少年じゃないけど、ごめんね勝手にそー呼んで
お疲れ様でした!!ありがとうございました!!

石田 正さん(オーボエ ダモーレ・イングリッシュホルン)
小木曽栄里子さん(オーボエ)
小室真美さん(イングリッシュホルン)
桑原真知子さん(バスーン)
須田聡子さん(オーボエ)
野村和代さん(バスーン)
羽佐田優子さん(オーボエ)
冨士川健さん(コントラバスーン)
そして
山本直人(オーボエ)

ドン十詩子夫人もお疲れ様でした。ありがとうね
みなさん、本当にありがとうございました!!
またねぇ



おり
さかい bomtoro.jpg




0A8A1809.jpg 0A8A1801.jpg 

裏方担当の実行委員がグラントワ開錠前に、最終打合せ。
ホントありがたい事ですご苦労様です、よろしくお願いしますm(_ _)m
20190509075606958.jpg

ひな壇組んで、リハスタートです
20190509075601584.jpg 20190509075513210.jpg

20190509075503782.jpg

20190509075507986.jpg

あたしの同級生がやってるお弁当。
こうやって心遣いしてくれるのも憎いねぇ~
20190509075448632.jpg

20190509075444734.jpg

司会は山本香奈絵さん!!落ち着いた感じがチョーGood
0A8A1879.jpg

あたし作曲のファンファーレ「天と地と清流と」で開演して、
20190514101637119.jpg
先ずは例年通り、今年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲のマーチを!!
「エイプリル リーフ」
0A8A1812.jpg 0A8A1816.jpg

「ちびまる子ちゃんメドレー」では、パート紹介風に各パートがスタンド&アクション
トランペットとのTuttiは、あえて吹かないトロンボーンパートなのでした

続いては、メンバーがダンサーとして、ご存じ「USA」を
キレキレだっだよぉーー
センター、イイぞっ
0A8A1820.jpg

第1部の締めは、「SPACE&BEYOND」
ツァラツストラから、いや「2001年宇宙の旅」から「スタートレック」、「火星」、「スターウォーズ」のメドレーです


ゲストステージは「グルーポ ビエントス」
フォルクローレ(南米アンデス地方の音楽)を演奏して24年、柳井勇を中心に地元はもちろん、いっぱいお出かけしてるグループ
「コンドルは飛んで行く」と言えばわかりやすいでしょうか?
0A8A1828.jpg 0A8A1831.jpg
柳井君はオリジナルCDも出していて、今回のCD売り上げ全額を寄付してくれました!!
ありがとーーー
今回は、柳井勇、沖田大樹、藤井昭典、田中 茂、大賀雅夫のみなさんでした!!
会場といったとなっての演奏、ありがとうございました


そして第3部は、なつかしの「ディスコキッド」
奏者各自、好きなところへ座っての演奏!!
すみませんね汗、聴いてらっしゃる方は???でしょうけれで、ひな壇からの景色を見たい人や、あたしなんかは後ろから音が飛んでくる景色などめったにないものでご勘弁を
0A8A1838.jpg 0A8A1839.jpg 0A8A1840.jpg
クラリネットソロの部分は、もう2回繰り返して、Swing Phoenixのメンバーでもある藤井さんとあたしがアドリブソロをば。
失礼いたしましたっ


お次は合唱と吹奏楽で、嵐の「ふるさと」を。各パート一人ずつにして、他は歌を。
メインボーカルは津和野高校のお二人
0A8A1852.jpg 0A8A1862.jpg

0A8A1874.jpg

0A8A1865.jpg
会場のみなさまも歌ってくださって感激です

「ローマの松」からアッピア街道の松を存分に吹きましたよ
大曲なクラシックアレンジは中高生はなかなか演奏する機会もないでしょう。
部員の少ないところは尚更です。
確かに木管楽器は難しくてできない事もあるでしょうけど、できる人を傍で聴けたり、
大曲のサウンドの中に浸るだけでも、十分よい経験になると思います!!
学校では古い大曲、なかなか経験できないんですから


そしてフィナーレはご存じ「アフリカンシンフォニー」
0A8A1884.jpg
楽器持参のお客様もステージへ乗っかって演奏です
0A8A1883.jpg
0A8A1881.jpg
0A8A1885.jpg
0A8A1894.jpg
ありがたいのはお客様
スタンディングでコール&レスポンスをやってくださって
最高っス
0A8A1899.jpg

さぁ、みんなでお片付けぇ
20190509074742824.jpg
20190509074738350.jpg


今回のトロンボーンパートは10人!!
20190509075440754.jpg
中学生3人、高校生3人、オッサン4人小学生の時から参加してる子など、みんな知った顔
0A8A1789.jpg
第3部ではバンダナ付けてちょっとおしゃれに
0A8A1787.jpg

毎回準備は大変!!みんながみんな、しっかり分担を全うしてくれるわけではないからドタバタしたり
それでも音楽仲間としてとってもありがたかったのは、出演しないのに広告を取りに行ってくれた人たち
それを頼むあたしの方がどうかと思うけど、快く引き受けてくれたそのお二人には頭が上がらない。

実行委員のみなさんは、本当に頑張りました!!

まぁ、至らなかったことは、やっぱり多くて反省しきりだし、でも言いたい愚痴もあるし。
それでも、本番に向けてコミュニケーションが取れていく時間は、かけがいのないもので、
子どもたちの記憶に少しでも残って歳を取ってもらえたら嬉しい。
「続けて欲しい」という声は、たっくさん頂く。
やはりそのためには「協力者」が不可欠。

「地元のために。音楽で創るつながりのために。」とチャリティーとして、なんの公的援助もないまま18回頑張ってきた。
公的機関の方々に問いたい。
これは他人事か?
「寄付してくれてありがとう」
それだけでいいの?

益田市はね、公私ともに、地元発展、人口拡大を胸に、素晴らしいことをたっくさんやってる。
でも、そこには横のつながりは非常に弱く、援助協力の格差は激しい。
そしてそれぞれが「やった感」で孤立してる。
やってる人たちは、私も含め「やった感」だけど、認知度や5年10年後の成果はどうだったか?という検証など非常に弱い。
つまり、もったいないことをたっくさんやってる。ってこと。
「こんなにがんばってるのに」って感が多いのよ。


廣兼先生、MCや裏方スタッフのみなさん、お疲れさまでした、ありがとうございました。
グラントワのみなさん、毎回ありがとうございます。
出演者のみなさん、おつかれさま、またやろうね
実行委員のみなさん、本当にありがとう、お疲れさまでした
そして広告協賛くださったみなさまと、来場してくださったお客様、助かりました、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

あたし、演奏終了直後、必ずパートのみんなと握手するの。
毎回。
記憶に残らないけど、たくさんの想いを込めた握手を。



20190509074734564.jpg

20190509074729725.jpg

20190509074722354.jpg

20190509074717143.jpg


20190509074712451.jpg


20190513163032160.jpg

20190514101632466.jpg

こちらは100人の吹奏楽のホームページのブログです。
どうぞご覧ください
http://100ninsuisougaku.grupo.jp/blog/2546745
20190422085008050.jpg
毎夜毎夜、忙しい日々で・・・
ま、自分がそうしてるわけで

さて、
ライブ(コンサート)はお客様創る!!
を実感したのが、昨夜のSwing Phoenix Spring Live in Marufukuでした。
まぁ、当り前と言えばそうなのですけど


かねて、「お客様にとってはそのコンサートに行くと決めた時からもうコンサートは始まっていて、そのコンサートのあとに、いろいろ想いを巡らせ終わるまでがコンサート」と言ってましたが、昨夜も数日前から導かれていたようです。

20190422085019099.jpg


昨夜のLIVEは、とってもアットホームというか、楽しい中に人の温かみのあったものになりました。


恒例のハッピーバースデータイム、
20190422085005883.jpg
今回は第1部でやろうと決めたのは、聴く側のバランスを考え、第2部があまりヘヴィーにならないようにしようと思ってそうしました。

2日前、マルフクにお客様から電話があったそうです。
「そちらはバリアフリーなのか?車いすの人も連れて行きたい」と。
当然マスターは「喜んで!!」の対応。その電話された方も半身が不自由で。

そしてハッピーバースデータイム。

4月生まれの方は3人。
車いすの旦那さんを介護する奥様。
あたしのカミさん そしてマルフクのマスター


その奥様、なんとお誕生日当日で70歳に!!
その電話をかけた方はSwing Phoenixの事はご存知のようでしたが、
ハッピーバースデータイムを狙ってのサプライズなのか、
はたまた車いすの旦那様が思い付いたのか、それともすべて偶然なのか・・・はわかりません。
そしてインタビュー。
奥様「老々介護ですよ」って笑ってらっしゃいましたが、そこからがあったか空気のはじまりだったかも・・・。
第1部の中頃でした。
マスターは「マルフクは始まって60数年(すみません、私が忘れました)これからもがんばって、そしてスーーッて死にたい」と。
この流れで、Swing Phoenixメンバーであるカミさんにもマイクを向けない訳にもいかず・・・。
「下手くそなのにメンバーとしていられてありがたいです」
「地域のためにがんばっている主人をよろしくお願いいたします。」などと・・・。

あは・・・、あはは・・・


思い出せないのですけど、このハッピーバースデータイムの前だったか後だったか、
いや、第2部だった?
わたし、Swing Phoenixのメンバーの自慢を話したんです。「お客様の楽しい!が私たちの楽しいでありたい。」が共通の価値観。
そして、みんなが真摯に取り組むし、裏方負担もする。たとえ本番で失敗しても、陰でなんとか練習してくる。
つまり、「お客様が知る由もないかもしれないけど、失礼はできない」そういう想いが共通しているので、みんな陰で頑張ってるんです。みたいな話を。

ついでに話すと、「たとえ失敗しても、やるからにはそれなりの努力はしないと」と思ってるのというか、それがバンド風紀みたいな。
練習でわかるんですよ、「あ!やってきたな!!」って。
ムチャブリしても、ちゃんとやって来るし!!
あたしのMCに反応して、ピアノやドラムが音を出すのも、音楽のLIVEとしては予想も予感もできない楽しさの一つ。
メンバー紹介で、それまでは美しい音で反応してたのに、あたしが自分の紹介をしたらピアノが「ドォーーーン!!」って、ちょーダークな音を出して・・・。今日一の爆笑って、なによ!それっ!?
ピアノさんの大勝利!!
「創る音楽は「我に従え」では


第2部、バンマスの挨拶をいつも通り打合せなしで振ったんですけど、そしたら、
バンマスがあたしのこと褒めてくれたんです
20190422085012155.jpg
あたし、褒めるのは大得意なんですけど(ダメ出しも得意)褒められると、どんな顔していいのやら。
あわわ、あわわわ

おそらくこれにはキッカケがあったかと。
第1部が終わって休憩の時、あたしの知らない頃かずっとSwing Phoenixを知ってる常連様が、
「ここ数年、ホント上手くなったよ!!」って言われてたので、それが伏線になったのかと。

いつの間にか、LIVE全体が「苦労したけど、頑張ってきて良かった。ありがとう」
みたいな、あたたかいアットホームな空気になってました

こんなあったかくて、しかも楽しい雰囲気のLIVEになるなんて思ってもみませんでした。
お客様ってホントあいがたい!!お客様が創ってくださったLIVE!!
だからこそ、できるだけちゃんと裏打ちされたものを積み重ねる努力をしておかないと。
と思います。「できるから」といって、たいして準備練習もせず、役割負担から逃げるようにして、
ドヤ顔で人前で演奏して、「よかったよーっ」って言われるのって。
あたしはイヤ。

人の楽しいはいろんな考えや形があるから、それぞれの楽しいでいい。

たとえばSwing Phoenixの楽しいは、先輩方から受け継いでる「ちゃんと練習出よう」
様々な事情、状況で、なかなか出れないメンバーももちろんいます。
そんなメンバーに「久しぶり」って言えて、「すみません」って返せる。
それでも辞めない。そんなバンドカラーが好きです。



テナーサックスの新人おじさんのデビューライブでもあり、
20190422085014193.jpg

新人トロンボーンの娘も「生バンドで歌おう!!」コーナーでデュエットでデビュー。
20190422085003195.jpg

自称「アマチュア最強のトロンボーンセクション」!!
20190422085000906.jpg
まぁ、ほぼBom?Toroですから

68歳のトランぺッターもバッチリ、ソロをとります!!ナイスアンサンブルのトランペットセクション
20190422085010202.jpg

難しいパッセージもたくさんあって、それでもがんばって練習するサキソフォンセクション!!
20190422085003195.jpg
そして肝入りのリズムセクション!!
腕もセンスもピカイチ!!(ま、ピアノ&ドラムはみなさんが認めてますが)


来年にせまった結成50周年に向けて、前進するSwing Phoenixなのです。

演れる場所がある。
聴いて下さるお客様が居る。

本当にありがたいことで、
そのご恩に応えるためにも、努力と協力は大事。
チームだから。

ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


そして・・・(次の記事へつづく)




20181220010841484.jpg

2018/12/19
CD「夕暮れに羽ばたく」発売記念行脚
「梟座-NOCTUA」(中路英明トロンボーン&伊藤志宏ピアノDUO)


大盛況の満員のお客様でした!!
20181220011219786.jpg 20181220011210216.jpg

1曲目伊藤さん作曲「NOCTUA NOCTURN」で、あたしゃとっととノックアウトされまして

5年前、まだ「梟座」という名がなっかた初めての益田LIVEから、一段と濃く深くなってる
お二人のアンサンブル!!
くぅ~~~~~~~っ
20181220011203133.jpg 20181220011013020.jpg
「駅の待合い室」は乗りやすい心地イイし
「浮雲」→「TIME DIFFERENCE」→「雨」は圧巻でした
20181220011016500.jpg 20181220011021217.jpg
バラード好きのあたしゃ「雨」が・・・「雨」が・・・   ・・・たまらん

jazzはアドリブソロで個々が際立ち、耳に入りがちだけど、アンサンブルやユニゾンなんかも素晴らしい!!
中路さんがアドリブソロしてるときの志宏さんの顔、志宏さんがソロしてる時の中路さんの顔
これがお二人の音楽を表してる。こちらはとっても楽しいんです!!


大田市から駆け付けてくれたり、お子様が5人くらい居たかなあ、よくぞ連れてきてくださいました!!
大人になったとき、何かで思い出せたら素晴らしいことになるでしょう
ピアノ弾きも何人も来てくれて。


20181220011004717.jpg 20181220011008734.jpg
「(5年前と)変わってないですねぇ~」ってあたしを見ての第1声。
あたしゃ嬉しかったですよ

これですよ、これ!!
この日、誕生日だったやっさん(Bom?Toro)に志宏さんからちょー贅沢プレゼント「ハッピーバースデー」生演奏!!
20181220010955184.jpg 20181220010958581.jpg

20181220011002147.jpg

20181220010948805.jpg

中路さん、伊藤さん、姫路からくらい5・6時間くらい5・もかけて、ホント恐縮なんですけど
最高の夜を、しっかりちゃっかり楽しませて頂きました!!
本当に、ありがとうございました!! 大好きです
まだまだ行脚は続きますので、お身体壊さないように

またお会いしましょう
ありがとうございましたm(_ _)m
2018.12.13は今年最後のSwing Phoenix Liveでした!!

あたしは廿日会(市内64社の月一の会合)終わりで急まるふくへ急行しセッティング。
今回はピアノソロがあるのでピアノにあてるMICを1本多くします

藤井さんの親衛隊を含みハッピーバースデー隊、廿日会から、益田市民吹奏楽団から、知人から聞いて、たまたま、
などなど、12月の平日にもかかわらず立ち見が出るほどのお客様で、なんてありがたいことでしょうか
20181216201038587.jpg 20181216201036252.jpg
第1部はソロ曲をメインにお届け、トランペット、バストロンボーン、アルトサックス、ピアノ、それぞれのソロ曲を演奏して楽しんで頂きました
20181216201032765.jpg 20181216201039941.jpg

第2部はクリスマスソングと「生バンドで歌おう!!」
Swing Phoenixからお客様へささやかなクリスマスプレゼントをお配りしました
20181216201034551.jpg 20181216201042118.jpg

そして今回「銀恋」を歌ってくださったのは、こちらのお二人!!
毎回突然のムチャブリですけど、みなさん本当にお好きなようで、身振り手振りはもちろん、
20181216201215490.jpg 20181216201210378.jpg
デュエットならではのアイコンタクトもしっかりやってくださって、私たち聴衆をたのしませてくれます。
さすがでっす!!
お母さ・・・失礼、お嬢様はしっかりクリスマスなお洋服で

On Drums!!  村上公男!!
20181216201205762.jpg
このSwing Phoenixの公男ちゃんとピアノの沖田みっちゃんは最強なんです
トリはあたしのsoloで、2019年もみなさまの前には素敵な未来への道が現れることを確信して、「MY WAY」を

締めは当楽団年末恒例のSaints!!
20181216201050807.jpg 
金髪のかつらがキモい!!
20181216201046893.jpg 20181216201048863.jpg
お陰様で大盛況のうちに2018年のSwing Phoenixを締めくくることができました!!
20181216201039941.jpg 20181216201044624.jpg
老若男女な素敵なメンバーのお陰、
このマルフクをやってくれてるマスターやアルバイトさんのお陰!!
そして、繰り返しになりますが、師走の平日に足を運んでくださったお客様のお陰!!
本当にありがとうございました!!
50周年まであと1年となります。長生きバンドSwing Phoenixはこれからも頑張っていきますので、どうか皆様、よろしくお願いいたします。

盛り上げてくれた「ハッピーバースデー隊」のお嬢様方!!
20181216201159728.jpg
助かります、ありがたいです。

お客様に少しでも良い演奏ができて、楽しんでお帰り頂くために、
メンバーは時間をやりくりして練習に出てくれてます。時には1ヵ月やそれ以上出れないことだってあります。
それでも
「ロクに練習もしないで、役割も負わないでの本番は聴く人に失礼」
そんな姿勢が暗黙の共通意識として大先輩方から受け継がれているのかもしれませんね

そして19日(水)はコレ!!
12月19日チラシ
CD買っての生サインは、これが唯一のちゃんすです!!