fc2ブログ

不良オヤジがなにを言う

2022年6月12日、津和野体育館
津3
テーマは「ミラクル」・・・。
津4

お久しぶりに「JAM」に助っ人で入らせて頂きました。
過去に
第13回と→http://moritat.blog21.fc2.com/blog-entry-1431.html
第14回に入らせてもらってました。→http://http://moritat.blog21.fc2.com/blog-entry-1518.html

津5

以前より1ヵ月早い。初心者が多い状況では教員も指導者もキツイですねぇ。

「JAM」の主旨は変わってしまった。
生徒さんの可能性と創造力と自主性を育むにはほど遠く、
教育、教え育むことはなく「私は正しい、言う事をきけ」と言ってるように思える。
謙虚さもない。
教員の大変さは友人も多いので理解している。待つにも限度がある。
が、権威と信望を欲しがる「~~先生」とか「~~長」とかの人はけっこう見てきてる、自分は気付かないし、誰も諫めてはくれない。なんてもったいないことでしょ、その人が本物なら、そんなもの欲しなくてもあとから自然に付いてくるのに。

せっかく詞があるのだから、レベルはちょっと低くても、表情もあって感情が伝わる演が観たいし奏が聴きたい。


そりゃストレス溜まるわけで病む人も出るわ。あたしらなんかまだマシ。
みなさん、お疲れ様、ありがとうございました

あたしの場合、「調子に乗るんじゃねーぞ!!」という方が何人もいて、睨まれてるので・・・
今回は許してもらえただろうか
津2
津1
大丈夫、上手くなるからガンバレ

津11

津8

津9

津7

津6
スポンサーサイト



タイトルなし

6/12(日) 開場9:30 開演10:00
津和野町民体育館
入場無料(要整理券)

久方ぶりのお手伝いです。
鋭意練習中

初心者も多いけど、各パートにはセンスある子がいる
化けるの速いぞ

今はネットがあるから、楽器の正しい知識も持っておきましょ



しかしまぁ、挨拶もできない、片付けも手伝わない大人も・・・。
学生のとき、素晴らしい顧問から教わったたくさんの事もこうなるのかねぇ・・・。
その先生、これを知ったら自分の責任だと思うだろうに・・・。

こういうのを大人と言っていいの?


わが母校のこちらもよろしくお願いいたします。
タイトルなし2
続きを読む
先ず、
益田東高校と吹奏楽部の岸先生のお陰
本当にありがとうございました。

まっとうなレポートはこちら↓に、お任せしてと
https://100ninsuisougaku.grupo.jp/blog/3864996


パート別撮影会
fl.jpg
同じ様な写真しかないので1枚もっとあたし達庶民の世界に降りなさいよぉ~


cl.jpg
右側3人は親子。失礼、姉妹(あとで刺されそうなので
B♭クラたったの3人。良く頑張ったと褒めてあげて
cl1.jpg



sax.jpg
イケメン風君に女子たちは・・・。 なぁ~んか嫉妬するわ
打上げ終わりの彼に「次はイジリ倒すからね」と器の小さい言葉を掛けたのは初老のあたしです
sax2.jpg


hr.jpg
定番ポーズも、も~~~~~、おじさんはキュンですっよく吹いてくれました
hr2.jpg


マジメか
tp.jpg
ヤンキーか
tp2.jpg


tb.jpg
この子が、こんな大人になりませんように・・・  でもパパがなぁ~、出雲から参加の変態パパだからな~
tb2.jpg
お~~い、岸く~~ん。

お詫び
Eurpパートはデーター破損しました当人方には渡せるはずですm(_ _)m


tub.jpg

ぼくたちは力持ち
tub2.jpg

(右端の人)なんそれ
tub3.jpg


perc.jpg
なんか羨ましい・・・。   なぜ
あ、右端のオッサンは「100吹といえば流血おじさん」です
perc2.jpg


0A8A0179.jpg

よっトランペット
0A8A0193.jpg


よっトロンボーン
0A8A0194.jpg

よっピアノ
0A8A0196.jpg

お客様のお陰ですm(_ _)m
0A8A0138.jpg


「100人~」と言いつつ、今回は53人。この先も100人はキツイかも。
0A8A0131.jpg
でも人数が目的ではない。「少人数の子どもたちを大編成で演奏させてあげたい」から始まったこの会は、今や、
「クロス交流」縦(年齢)と横(学校や所属)の交流を、みんなが何かしら負担しながらコンサートを創り上げることで実現する。となった。
0A8A0126.jpg
お客様に聴いて頂く以上、演も奏も練習したり準備するのが礼儀というもの。

悩ましいのは資金。
今回は学校だったけど、次はグラントワ。「縁」から学ばせてもらわねば。
そして次世代、次々世代の人材確保。
今回、ジャンベの特訓を初めてやった。ユタラボさんのお陰もあったけど、そこからハマってくれたら、と。
Uターンサックスくん、のように地元に根付く人が必要。
数年後、「音大を目指す」という意識が芽生えるくらいに、センスも技術も育成できる人が必要。
初心者だからこそ、教えることにイイ加減なことをしてはならない。お金を取るなら尚更。
なので、あたしは、もうしばらく「むちゃぶり大王」を続ける
全体1
亡き豊田さんの意志をつなぐ。
益田出身のオーボエ奏者 山本直人と長崎出身の作編曲家 岩瀬貴浩のデュオ「GARDEN WINDS」(ガーデンウインズ)
クリック→お二人のプロフ

デビューアルバム『Remembrance』発売記念ツアー中で、ここ益田で演奏してくれました

開演前に陶山先生とちょっと雑談。
「陶山先生が益中じゃなかったら、山本、岡崎耕二の二人は世に出ていなかった。」
というと、先生は、
「確かにそうだろう。でも罪の意識もある、益田を出てしまったのだから。」
ご両親にも悪い事をした、とも仰ってた。
その気持ちは分からなくはないけど、当人はもちろん、家族も、
感謝以外には何も無い。とあたしは想像する。


先ずは、グラントワの美術館ロビーでの約40分のコンサート。
「追憶の日々」の頭に「ふるさと」をくっつけての1曲目。
「やってくれるじゃん」と、まんまと掴まれた
MC中だけ撮らせて頂いたm(_ _)m
20220506062803_16.jpg
こちらはCD販売&サイン会
20220506062803_13.jpg

ここでの演奏は、奏者も聴者も心地よくなる場所
特にハモる編成の時は、後ろで聴くと絶品  難点は響きすぎてMCが聴き取り辛いちっちゃいフロアモニターを1個置くだけでも違うのだけど

アルバムはもちろん、全て岩瀬くんの作曲や編曲。あたしの大好物のゆっくりとした曲でやられちゃいます
特に、「追憶の日々」や「ホワイトロマンス」は白玉多めで超好物
岩瀬くんの創るメロディーは本当にあたし好みで惚れちゃいそうで
それを山本の音色が奏でるわけだから、そりゃやられちゃうわよ
イージーリスニング的な曲調で、CMにも使えそうな曲もあったし、歌詞付けられそうな曲も収録されてる(「もう一度笑顔」は、そもそも歌だったそうです

「1曲1曲が短いなぁ」と思った。
ところが買ったCD聴きながら見ると、どれもほぼ4分ちょい。
参りました、としか言いようがない



そして、18:30はリニューアルした「マルフク」でもコンサート!!
20220506062638_10.jpg

本当は、こういうデッドな場所で、皆さんには聴いて欲しかった。
お風呂で歌うと残響あるし、カラオケでディレイ(エコー)を効かせると、気持ちイイでしょ?
逆に言うと、それによって「生」つまりその奏者の裸の音が分かり辛い。
特に管楽器はより分かり辛くなる。どこでも節操なくリバーブ(残響音)というエフェクトをかけて辟易する奏者がたまにいますけど、
あたしは好きじゃない。
こういう箱でPAやエフェクター使わずに管楽器の演奏を聴くと、その人の音色がそもそもいかに美しいかが分かる。
意地悪な言い方をすると“バレる”。
至近距離で「生(き)の音色」が聴けることはとっても贅沢な事だとあたしは思ってる。
20220506062638_9.jpg
美術館ロビーとマルフクと、2回聴いた人の中には「こんなにも綺麗な音なんだとわかった」っていう人が何人も居て、「この余韻を早く持って帰りたいので帰ります」と、打上げを断った人も。
お疲れ様な心身に、しっかりと心地よさが染み入ったようでなにより

マルフクでのMCで言ってた、この二人の馴れ初めは、簡単に言うと
「1年前くらいに山本がSNSで岩瀬くんをナンパした」
とのこと  
岩瀬君の音楽が琴線に触れたみたいな感じで、その後、ネットで愛を深め、初めて対面して2日後にコンサート。っていうスピード婚だったらしい(十詩子さん失礼
まぁ、詳しくは彼らのどこかのコンサートで聞いてください

親子くらい離れてはいるけれども、これもご縁
20220506062638_7.jpg

贅沢な約70分はアッという間。
その後の打ち上げは、話に夢中で撮るのを全く忘れてました
「本当に上手い奏者はpがとても美しい」とか
「本物の一流はとっても謙虚」とか(この謙虚発言で、あたしは総攻撃を受けました・・・
「3rdアルバムは・・・」とか
ちょっとしたアイデアとか。

あたしのせいで、食べ物なかなか出なくて、本当にごめんなさい

20220506130843.jpeg


お二人とマルフクのお陰で、とってもイイ感じの5月5日でした。
ありがとうございました。

二人とも、ツアー千秋楽まで、身体壊さんようにがんばれ
GARDEN WINDSデビューアルバム

『Remembrance』


元名古屋フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者の山本直人と、作・編曲家でもあるピアニストの岩瀬貴浩が2021年に結成したオーボエ&ピアノのユニット。
庭・風・Woodwind(木管楽器)を名前の由来とし、癒し・寛ぎ・そして「新たな感動との出会い」をコンセプトに、岩瀬貴浩作曲の優しく感情豊かなオリジナル曲で活動している。2022年4月1stアルバム『Remembrance』をリリース。長崎・福岡・名古屋・東京とツアー中。
92767390_1.png

「GARDEN WINDS(山本直人(益田出身)&

岩瀬貴浩)」CD発売記念 故郷でミニライブ

in マルフク」


18:30スタート
無料
(要オーダー)
グラントワ美術館前の素敵な響きとはまた別の、直な音色が聴けます!!
アルバムにサインをおねだりしよぉー
是非、お越しください




山本直人:
益田市出身。
1985年武蔵野音楽大学を首席で卒業。同大学卒業演奏会、第55回読売新人演奏会等に出演、他、数々の賞を受賞。
陶山勝(元益田市教育長)、吉成行蔵、北島章、インゴ・ゴリツキの各氏に師事。
1986年名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団、前首席オーボエ奏者。
名古屋ダブルリードアンサンブル(益田公演も)、トリオdeブランチ(益田公演も)、ヤマナオトリオ、そしてこのWinds Garedenなどなど多数。
ピアノデュオでも数回、地元益田で演奏。クラッシックはもちろんジャズまで、誰も真似できないような幅広さ。
名古屋音楽大学、大垣女子短期大学音楽総合科及び明和高等学校音楽科非常勤講師として後進の指導にもあたっている。


岩瀬貴浩:
長崎市出身。
大阪芸術大学芸術学部音楽学科在学中よりミュージカルスタジオでの作曲やLigar Music社制作の「Ligar Music Library」への楽曲提供でキャリアをスタートさせる。
2008年より(株)クラフトーンのアレンジャーとしてシンコーミュージック、デプロMP、マガジンランドなど出版楽譜の編曲、音源製作を手がけている。
主な作曲作品にハウス食品ファミリーミュージカル「小公女セーラ」(イマジン)、ミュージカル「クリスマスドリーム~マリーとクララの物語~」(アエラス)などがある。
ソロ活動ではオリジナル曲によるアルバムを4作リリース(2022年現在)し、東京と長崎を中心に自主コンサートを開催。特にピアノソロによる「PIANO Monologue」シリーズは癒やしのコンサートとして好評を博している。
2021年にオーボエ奏者山本直人氏(元名古屋フィルハーモニー交響楽団首席奏者)と「GARDEN WINDS」、2020年にチェリスト宮崎真平氏と「EASTRINGS」を結成しそれぞれのユニットにて自身のオリジナル曲で活動中。
島根県益田市の吉田小学校、益田中学校、益田高校、そして武蔵野音大卒の
(言いたくないけど)超一流のトランペット奏者のひとり、岡崎耕二。
吉賀さんとこの「死神」も出てる

トランペット奏者、白水大介さんのYouTube、
「白水大介アワー ~BUZZっていいとも!~」の101回目のゲストでザキオカジーコこと岡崎耕二が
白水さんにインタビューを受けてます。(上ヶ迫くんありがとう、お陰でコレを知ることができました
過去もそうそうたる一流プレイヤーが出演しています。

彼が教員にならなくてよかった
(でも、教員だったら益田に居たかも)

益田からトッププレイヤーになった、この二人。
トランペット奏者 岡崎耕二、オーボエ奏者 山本直人(彼も益田中学校、益田高校、武蔵野音大首席卒)

覚えておいて欲しいです。
島根県の、益田から出たこの二人は。
この二人の音色の美しさは最高です。pppの音色も。
フレージングも
(贔屓目に言ってるのではなく本当にそうだから!!もちろんテクニックも卓越!!だから賞されるわけで)

岡崎耕二主宰のトランペットアンサンブル「ザ・トランペットコンサート」のCDの「アルメニアンダンス」2017年発売
ザトラ アルメニアンダンス

山本直人主宰の「名古屋ダブルリードアンサンブル」のCDの「アルメニアンダンス」2018年発売
ダブり―
発売が近いこれは、図らずもなのか??
是非とも両方聴いて頂きたい

岡崎耕二については、
こんなこともありました
2012年「グラントワ スプリングジャズフェスタ」のSwing Phoenix
5thトランペットととして入団?した岡崎耕二
あたしが編曲したコレ。(リードトランペットのピッチは勘弁
冒頭のソロ。
あたしはon mic
しかし彼は・・・


20060130201203.jpg

ありがたいかぎり   

なんとかこの益田にまた・・・。
そしてしっかり動員を。


5/5はグラントワのコレを宜しくお願い致します。
600x600_0505_itsudoko.jpg
この日の夜はオープンしたてのマルフクでもやるよぉ~!!
GARDEN WINDSデビューアルバム『Remembrance』
92767390_1.png
「GARDEN WINDS(山本直人&岩瀬貴浩)CD発売記念 故郷でミニライブ in マルフク」
18:30スタート
無料(要オーダー)
グラントワ美術館前の素敵な響きとはまた別の、直な音色が聴けます!!
アルバムにサインをおねだりしよぉー
是非、お越しください



元々は、
20220411203106_2.jpg 20220411203106_1.jpg

東京都交響楽団 2008~
もう驚きと爆笑しかない
CA3A0058.jpg CA3A0059.jpg CA3A0061.jpg 

CA3A0357.jpg CA3A0358.jpg


角健バンドのスーパースターの方々 2010~
CA3A0572.jpg CA3A0571.jpg CA3A0585.jpg CA3A0582.jpg
CA3A1234.jpg CA3A1238.jpg CA3A1250.jpg CA3A1249.jpg 
あたしはビール瓶笛で参戦
CA3A1257.jpg CA3A1264.jpg

CA3A1262_20101206185429.jpg CA3A1263.jpg
贅沢すぎる
CA3A0075_20120315233918.jpg CA3A0076_20120315234033.jpg

可愛いすぎるぅ
CA3A0056.jpg CA3A0055_20120313115011.jpg


山本直人&草野由花子デュオ(オーボエ&ピアノ) 2012
前座
BT1 
 スナップショット 4 (2012-11-09 0-14) スナップショット 2 (2012-11-09 1-15) スナップショット 6 (2012-11-09 0-18)

2014
fc2_2014-11-27_16-47-30-454.jpg fc2_2014-11-27_16-47-19-214.jpg 
fc2_2014-11-27_16-48-03-688.jpg fc2_2014-11-27_16-48-14-386.jpg

ggg.jpg


梟座 中路英明&伊藤志宏 2013
fc2_2013-07-18_19-53-33-209.jpg fc2_2013-07-18_19-54-47-644.jpg
fc2_2013-07-18_19-56-10-673.jpg fc2_2013-07-18_19-56-34-817.jpg
fc2_2013-07-18_19-56-49-880.jpg fc2_2013-07-18_19-57-03-149.jpg
fc2_2013-07-18_19-57-16-545.jpg fc2_2013-07-18_19-58-48-475.jpg
fc2_2013-07-18_19-59-57-134.jpg

2018
20181220011016500.jpg 20181220011203133.jpg 
20181220011210216.jpg 20181220011219786.jpg

20181220011004717.jpg 20181220011008734.jpg


OBATALA SEGUNDO
2020
おば1 おば31

おば30 20201214171416.png
20201214171416_20201214171444.png


2021
50年13
50年16




セッション 2005~
いっぱいダメ出しもしてくれた先輩方とのセッションは、突っ込んだり仕掛けたり、絡んだりバトルしたり、揺さぶったり引いたりなど
「音で会話」できる至福の時間となりました
050911_2307~01.jpg 20051026212718.jpg 20051216090707.jpg

20060703101905.jpg

20060410232257.jpg 20060410232656.jpg

CA3A0025.jpg


陽子ちゃん
CA3A0746.jpg2008 IMAG0317 (800x450) 2013

やっさん結婚 2007
20070625210323.jpg 20070625210636.jpg 

2013
IMAG0302 (800x450) IMAG0298 (800x450) IMAG0332 (800x450) IMAG1007 (1024x576)

Mune-G & All Love Your Blues Band with Crazy Blue Horns 2006~
20060703101844.jpg 20060703101726.jpg
110123_2242~01 110123_2227~01

Mune-Gさん、没。2009
GRP_0012.jpg 
Mune-G & All Love Your Blues Band
with Crazy Blue Horns & Moria Girls
100322_1905~0001

森永さん
100322_2104~0001


真理蔵こと真理ちゃん 2009
CA3A0455.jpg CA3A0460.jpg


NOW HERE 2019
20190809142554254.jpg 20190809142558507.jpg
20190809142601823.jpg 20190812140123760.jpg


沖野ゆみ&井上ゆかり
2020
yumi5 (1) yumi7 (1)
yumi9.jpg
marufuku10.jpg

marufuku4 (1)
marufuku40 (1)

2021
oki6.jpg oki3.jpg oki10.jpg


Swing Phoenix 2005~
drumsolo.jpg CA3A0726.jpg
fc2_2014-03-24_08-44-37-730.jpg fc2_2014-03-24_08-46-45-526.jpg

鍵盤奏者二人居たときは、本当に望むサウンドが作れた。
シンセだから、ストリングスやホルン、オルガンやサックスセクションに混ぜたり。ビブラフォンにしてマックザナイフをやったり
fc2_2014-12-28_09-26-51-224.jpg 11269562_392991860908127_387211286_n.jpg
パティシエになったラッパちゃん バリサクちゃん復帰まってますぅ
rappa.jpg 20170228132328601.jpg

20171219063409423.jpg 20180424140851874.jpg生バンドでデュエットコーナー
fc2blog_201912210901469b0.jpg phoe7.jpg
173752179_1405298809808736_7057309434080714054_n.jpg

Bom?Toro 2006~
20060410232340.jpg

サイン色紙
20220411222615_9.jpg 20220411222615_8.jpg
20220411222615_7.jpg 20220411222615_6.jpg

20220411222703_5.jpg 

20220411222703_3.jpg

20220411222703_4.jpg


あたしのブログは2005年からなので、それ以前はなくて
携帯のカメラの性能も分かるなぁ

同級生や、友達、先輩やメンバーなど、
みなさんのお陰で、かなり贅沢だと思う。
生がいいに決まってる。
だけど、田舎にしては上出来

マルフク以外も含めたら、都響も名古屋ダブルリードアンサンブルも、
他にもまだまだいらっしゃる

マルフク第3章もたのしみですね